2016年01月06日

ニューヨークに行く前に読んだ本

最後に、ニューヨークに行く前に読んで参考になった本を紹介します。


岩波新書「ニューヨーク」 by 亀井俊介


私はアメリカにはあまり関心がなかったので、ニューヨークについても
マンハッタンって島?」と質問する位なーんにも知りませんでした。

そこで、単純な旅行ガイドブックではなく、ニューヨークの歴史が分かる本を探しました。
新書ですが読みやすく、各エリアの成り立ちや歴史が分かり易く書かれています。

マンハッタンは南から北に発展していったらしく、南から順番に紹介されています。
ウォール・ストリートがなぜそう呼ばれるのか、とか、移民にまつわる話とか、
大変興味深く読みました。

ただ、この本にも挿絵で地図が載っているのですが、小さくてあまり詳細ではありません。

そこで・・・


ご存じ「地球の歩き方 ニューヨーク」です。

この本には、別冊でかなり詳しい地図(の冊子)が付いてきます。

私は、上に挙げた新書の「ニューヨーク」で紹介されているストリートやエリアを、
この付属の地図で確認しながら読み進めていきました。スムーズに理解するのに
この地図はとても役に立ちます。

あと、地図には自分で調べたお店などをいっぱい書き込んで現地に持っていきました。

地球の歩き方本体については、何やかんや言ってもやはりガイドブックとして
役に立ちました。とはいえ、私の一押しはこの別冊の地図です。(笑)

そして私のオススメは、岩波新書「ニューヨーク」とこの別冊の地図のセット読みですが、
ニューヨークの詳しい地図を持っているという人はその地図でも良いと思います。


そしてこちらはおまけですが、旅行から戻ってきて読んだ本です。


「錯乱のニューヨーク」 by レム・コールハース

どなたかの評価で、岩波新書「ニューヨーク」と併せて読むことを薦められていたので、
こちらも読んでみました。

レム・コールハースは建築家で、ニューヨークの建築を通して都市の変容について書いています。

これを読むと、なぜあんなに摩天楼がそびえ立つようになったのか、
なぜニューヨークの高層ビルがあんな先の尖った形になっているのかが分かります。

しかし、抽象的でものすごく難しい本で、私はおそらく3割ほどしか理解できていません。

ですが、分からないのにものすごく食いつき、アマゾンのカスタマーレビューの文章や解説を
参考書代わりにして本書を読んでいきました。(笑)

ニューヨークは刺激的で好きな街ですが、同時に、新自由主義が極端なまでに肥大した部分は
嫌悪感を感じるところもあり、それは、やはり現地でも感じたことでした。

ニューヨークでは、超富裕層向けの高級アパートメントの入口にいる100年前みたいなベルボーイと
貧しい出稼ぎ労働者の両方を見て、やはり何とも言えない嫌悪感を感じました。

この本を読んで、なぜ私が嫌悪感を感じたのか分かるような気がしました。
かなり批判的な本ですが、私は同時にニューヨークのモダニズム建築にも関心を持ちました。

私は上海に住んでいるので、上海にも残っている戦前のモダニズム建築にも目を留めるように
なりました。今まではその歴史的重要性などはよく分かっていませんでした。

本書の内容の説明文は、

理論のユートピア=摩天楼、理想主義の断片=ロックフェラー・センター、
予想外の突然変異=ラジオシティ・ミュージックホール

といった感じで、凡人の私には哲学書みたいな本でしたが、それでも興味がある方はぜひ。

ただし、私は文庫本を買いましたが、興味深い挿絵がかなり小さくて見づらかったです。
その点では単行本の方が良いと思いますが、値段が高いです。




posted by サラミ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

NY最終日+1:上海へ帰還

2015年10月9日(金) 上海へ帰還

いよいよ上海に帰ります。

ニューアーク空港に着いたのは8日の深夜で正式には9日、フライトは早朝5時
すでに日付も変わっているので「最終日+1」としました。

帰りのフライトは、

2015年10月9日(金) AA1458 05:00 ニューアーク発 → 07:52 ダラス着      
                AA127 10:15 ダラス発 → 翌日14:55 上海着

ということで、帰りはダラス経由で帰りました。


フライトについては、すでに、 


に載せたので割愛しますが、ニューアーク空港夜中に着いて大変だったのでその記録を。

まず、私達は夜中の1時22分NJトランジットニューアーク空港駅に到着しました。
そこからは、エアトレインと呼ばれるモノレールみたいな乗り物でターミナルを移動します。(無料)

エアトレインについてはこちらに英文の説明と路線図があります。

エアトレインは、空港駅 → P4 → ターミナルC → ターミナルB → ターミナルA

という順番でターミナルを移動します。(ちなみにP4はホテルがシャトルバスを停車させる所)

エアトレインのホームで荷物のカートを探していた時、係員なのかよく分からない男性が寄ってきて、
不愛想に何も言わず私達のスーツケースを勝手にカートに載せて乗り場まで移動してくれました。

要らん要らん!と言っても勝手にやってくれたので焦りました。

そして、私がターミナルAに行くといったら、ターミナルAは3:30にオープンする
とだけ言ってスーッといなくなってしまいました。

チップ稼ぎのアヤシイ人かと思っていたので、本当に係員だったと分かってちょっと拍子抜け。
制服らしきものは着ていたけど、もう少し態度をどうにか出来ないものでしょうか。

そこにやってきたエアトレインに乗ったのですが、なぜか次の駅のP4ではドアが開かず
(どうも壊れていたらしい)、そしてその次のターミナルCでみんな降りて行きました。

それをボーッと見つめていたのですが、気が付いた時にはなぜかエアトレイン逆戻り

えー!ひょっとして3:30までターミナルAはオープンしないから行かないってこと?
じゃ、さっきの係員は何で教えてくれなかったのか?と車内で大騒ぎ。

結局、乗ってきたニューアーク空港駅まで戻ってしまいました。
すると今度はしばらくエアトレインが来ません。(夜中は15分おきらしい。)

ずーっと待ってると、別の係員らしき人が来て、
ターミナルAに行くのか?じゃあターミナルCで乗り換えだと教えてくれました。

私達はたまたまエアトレインの端っこに乗ったので、ターミナルCで待機していた係員が
私達に気づかず、教え損なってしまったらしい。

そんなヘンな人件費をかけるより、看板を一枚立てたら終わりではないか。
ま、雇用創出とか色々あるのかも知れませんが。

というわけで、空港駅からターミナルAに行くのにおそらく30分以上かかってしまいました。
時間があったので良かったですが。

やっとエアトレインが来てターミナルCまで行き(この時はP4でもドアが開きました)、
一旦降りて向かいのホームから別のエアトレインに乗ってターミナルAまで行きました。あーしんど。

ものすごく夜中ニューアーク空港を利用する方は注意して下さい。
エアトレインは24時間運行していますが、落とし穴があります。

余談ですが、ターミナルAでトイレに行って歯を磨いていた時、若い黒人女性が入って来て
一番入口から近い個室に入ったのが鏡越しに見えました。

しかしドアを開けたまま。座っているらしいことは鏡越しに見えていたのですが、
ちょうど死角で中で何をしてるのかは見えません。

他に人もいないので、私のことを待ち伏せしているのかと思って鏡を見つめていましたが、
その女性は突然ジャーと水を流し、そのまま外に出て行ってしまったという・・・。

ラリッてたのか何なのか分かりませんが、トイレのドアを開けたまま用を足す人なんて
中国人以外で初めて見てビックリ。(笑)アメリカも本当に色んな人がいるなぁ。

しかし、人の少ない場所では用心した方が良さそうです。

その後、ダラス行きの飛行機は予定通りに飛び、3時間半のフライトを経て
無事ダラス・フォートワース空港に到着。

ダラスでは国際線のターミナルに着いてからも時間があり、ここで食事をすることに。
ダラスまでの早朝便では機内食が出なかったしお腹が空いたのでした。


1.jpg

ここはテキサスなのでテキサスっぽいお店を探して朝食セットを食べました。
サイコロステーキ入りのブリートを1つと紅茶を1杯。

絶対に量が多いと思ったので一つだけ注文したのですが、やはり正解でした。多い!


2.jpg

ブリートは、中に玉葱と赤パプリカと味を付けて炒めたステーキと卵焼きが巻かれていて、
割とさっぱりしていました。付け合わせの味の濃いフライドポテトとカリカリトーストがアメリカっぽい。

他の人の様子を見ると、女性一人でペロリと全部食べていました。
(だからあんなに太るんちゃうかと思うけど。)

ここでしっかり食べ、最後の上海行きのフライトは地獄の15時間40分
狭いエコノミーの座席にも耐え、ほぼ予定通り上海に到着した時は次の日の午後3時。

長いフライトはちょっとキツかったけど、ニューヨークの旅は楽しかったです。

また機会があればオペラを見に行きたいし、それにまた買物したいです。

posted by サラミ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

NY最終日:タクシーとNJトランジットで空港へ

2015年10月8日(木) タクシーとNJトランジットでニューアーク空港へ

オペラ終演は23時半くらいになり、急いでアパートに荷物を取りに戻りました。

私はロングフライトに備え、靴をスニーカーに履き替え、ズボンを楽なものに履き替え、
鍵を所定の場所に返し、アパートの部屋を全部確認して出ました。

アパートからは、夜中ということもあり、当初タクシーで空港まで行くつもりでしたが、
毎晩オペラに出かけていて、思ったより夜も明るくて人通りも多く安全だったので、
NYペン・ステーションまでタクシーに乗り、そこからNJトランジットに乗って空港まで行くことに。

列車は、平日ダイヤで最終便の1本前が夜中の1:00、最終便が1:22だったので、
安全策を取って1:00を目指しました。(ダメなら最終で。)

旅行前に一番心配していたのは、夜中12時に住宅街でタクシーがいるかどうか
でしたが、アパートは(道の名前の)ブロードウェイにもコロンバス・アベニューにも近く、
夜中でもタクシーがブンブン走っていました。さすが眠らない街ニューヨーク。

ホテルと違って、アパートだとタクシーを呼んだりしてもらえませんからね。

いそいそとタクシーが走っている方向にスーツケースをゴロゴロと押し始めると、
なんとすぐ近くで誰かがタクシーから降りたではないか!ラッキー!

こんなワケで、ほとんど歩かずそのタクシーに乗り、NYペンステーションまで行ってもらいました。

ドライバーさんに駅のどっち側?みたいなことを聞かれ、よく分からないので
NJトランジットでニューアーク空港に行く。」と言ったらOK!と理解してくれました。

途中、タクシーで今日必死で歩いたタイムズスクエア辺りを通りました。
びっくりするくらいネオンギラギラで人もまだまだいっぱい。ススキノのネオン負けたな~。

夜遅いので道が空いていて、NYペン・ステーションにはすんなり到着。
本当にNJトランジットの入口に停めてくれたので助かりました。

買物し過ぎて荷物も多かったし、すんなり乗れてこのタクシーにはとても感謝していたので、
多めに払いました。20ドル渡すと、ドライバーさんが「え、こんなにくれるの?」と笑顔。
いや、ホンマに助かったんです。何しろ、2人なのに大型スーツケース3つとレスポのバッグですから。

駅に入るとすぐ地下に降りるのですが、下りのエスカレーターが止まっていました。
しかし、時刻が1:00に迫ってきて急いでいて、私もサラミ夫もその事に気付いていませんでした。

サラミ夫はスーツケース2つ、私は1つと他の荷物を持ってエスカレーターで降りようとしたら、
前を歩いていた顔がちょっと白くて口がちょっと赤い若い男性が振り返って、サラミ夫に、
「手伝おうか?エスカレーター止まってるよ。」と言ってくれました。

その人の顔はいわばバットマンのジョーカーみたいな感じで、多分大道芸人で仕事を終えて、
適当にメイクを落とした中途半端な状態だったのだと思います。

ありがたくお願いして1個サラミ夫がスーツケースを渡したら、その彼は持って歩き出してすぐ
振り向いて、わざと大げさな表情で「重~い!」と言うので大爆笑してしまいました。

確かに、20キロ以上あったと思うので重かったはず。
でもそのまま下まで持って降りてくれました。本当にアメリカの人は親切です。

それから近くの有人窓口でサラミ夫がチケットを購入。片道料金で一人13ドル
空港まで全部タクシーで行くより安く済みました。時間は1:00前です。急がねば。

急いでホームの番号を探し、また上に上がる時に、前にいた人に空港に行くか必死で聞いたら、
その人も急いでいたのに足を止めて電光掲示板をチェックして、「行くよー。」と教えてくれました。

この人もまた親切だこと。なんでみんなこんなに親切なんでしょう。

こうして、1:00の列車に何とか乗れました。空港までは22分です。

乗ってみると、席は空いていましたが乗客はむちゃくちゃ多かったです。
しかも車両も死ぬほど明るいし、これなら夜でも治安は大丈夫だな。


8.jpg

これは、前に載せたのと同じ画像ですが、車内の様子です。夜中でも明るいです。

こうして、列車は1:22にニューアーク空港に到着しました。

以上、空港まで行っただけのお話なのですが、人の親切さがとても印象に残りました。


posted by サラミ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

NY最終日:オペラ)タンホイザー

2015年10月8日(木) オペラ タンホイザー

今回の旅行で最後のオペラはワーグナーの「タンホイザー」。

この日が一番ギリギリで歌劇場に到着しました。(笑)
というのも、この日は19時の開演で、それまでより30分早かったのでした。

ワーグナーのオペラはやたら長いので、大体どこでも開演が早いですね。
この日の予定は、開演が19時ちょうどで終演が23:20。うげー。

オペラそのものは3時間10分ですが、35分の休憩が2回も入るので、
全部で4時間20分。休憩を少し削ってもっと早く帰らせて欲しい・・・。

というのは小市民の意見で、実際は幕間にお食事される人々もいるので、
まあこんなもんなんでしょうね。とはいえ、メトは休憩が少し長い気がします。

ところで、我が家はサラミ夫がNHKなどのオペラを録画しまくっているわけですが、
タンホイザー」に限っては、2014年バイロイト音楽祭の録画しかありませんでした。



しかし、日本語字幕で見たいしこの録画を見たわけですが、とんだヘンテコな演出で、
何が何なのか全然ワケ分からん舞台でした。

というわけで、予習はテキトーに流し、ひたすらCDを聞くことに。


こちらはドミンゴが歌うタンホイザーです。指揮はシノーポリ。


22.jpg

さて、この日の座席は最上階のファミリー・サークルのサイドのボックス席です。
27ドルという今回一番安い席でした。


25.jpg

この通り、天井スレスレで舞台からも近いので、かなり上から見下ろす形です。


24.jpg

しかし、高すぎてコワイ。高所恐怖症の人はダメですよ~。
とはいえ、楽しみにしていたジェームズ・レヴァインの指揮は良く見えました。

ちなみに、座席については、「メトロポリタン歌劇場の座席いろいろ」にも載せています。

タンホイザー」は、今回唯一長~い序曲が聞けるオペラだし、
サラミ夫婦どちらもワーグナーは得意でないので、美しい管弦楽を楽しんで聞きました。

安い席だし、たまに寝てもいいや、くらい気楽な気持ちで。(実際に時々寝てました。)

ちなみに、ここは空調の風が来て寒かったです。この日が一番寒かったかも。
あまりの寒さに思わず太腿をスリスリとさすってしまったので服の布の音がしたかも。
(前の席の人すいません。)


今回のキャストその他は・・・

指揮 : ジェームズ・レヴァイン
演出 : オットー・シェンク                             
タンホイザー : ヨハン・ボータ
ヴォルフラム : ペーター・マッテイ
エリーザベト : エヴァ=マリア・ヴェストブルック
ヴェーヌス : ミシェル・デ・ヤング
ヘルマン : ギュンター・グロイスベック


1.jpg

指揮者のレヴァインは足が悪いのでずっと車椅子みたいで、見下ろすと開演前にはすでに
指揮者席にいたので、上から様子を見ていました。

レヴァインといえば相当な巨体のイメージだったのですが、上から見えた両太腿は、
体の割には細かったです。かなりの期間歩いていないのではないかと思われます。

舞台が始まると、普通は指揮者が歩いて出てきますが、彼の場合は最初からそこにいて、
補助の人が車椅子を回転させて観客の方に向け、そのまま挨拶。

よく病気から復活したなあ、とその姿を見てしみじみ。

しかしビックリ。座った中でここが一番音響が良く、オーケストラの音が上まで伸びてきました。

メトのオーケストラが別物かと思うくらい、レヴァインが指揮したこの時はものすごく音が美しかった!
そして合唱も凄い。オケも合唱も盛り上がる所では凄い迫力で、荘厳な響きに圧倒されました。

レヴァインがすごいのかワーグナーがすごいのか。
他の指揮者で聴いたことがないから分からないのですが。

ヒトラーが感銘を受けてワーグナーを利用しようと思ったのも少し分かる気が。
(まずは、きっとワーグナーが凄いのでしょう。人間的には嫌いだけど。)

長い序曲では、バレエダンサーが妖艶な踊りを披露していてとても美しかったです。

おそらくここのバレエ団だからニューヨーク・シティ・バレエ団の人達だと思うのですが、
それはそれは優雅で感動~。バレエのミニチュア版を見せてもらった感じでした。

舞台の見え方はこの日はどうでもいいと思っていたけど、
やはりこのバレエは正面からじっくり見たかったと思いました。

このオットー・シェンクの演出はとてもオーソドックスで豪華で、そしてとても素敵でした。
あんなバイロイト音楽祭のヘンテコな演出でなく、これを予習で見たかった。(爆)

歌手はみんな良かったです。途中あちこち寝ていたので偉そうなこと言えませんが。

主役のヨハン・ボータはさすがのワーグナー歌いで、声も通るし美声だし、さすが!の一言。

ただ、竪琴を弾きながら歌うシーンでのボータさんの弾く演技がヘッタクソで思わず笑いそうに。
演技がヘタという噂は本当だったんだな。でもそれを吹き飛ばす位に歌が素晴らしい。


2.jpg

こちらはカーテンコールのボータさん。
ちょっと痩せたら美男だと思うのですが、きっとこれ位の体格でないとあの声が出ないのかも。

女性歌手2人もさすがのワーグナーソプラノとメゾ。見た目も結構美しくて優雅。
この凄まじい(←褒めてます)歌唱を聞きながらウトウト眠るとは何と贅沢なんでしょう。


3.jpg

こちらは華があってエリーザベトにぴったりのエヴァ=マリア・ヴェストブルック


4.jpg

そしてボータさんの横で微笑むミシェル・デ・ヤング。こちらも美しい方でした。

ヴォルフラム役のペーター・マッテイというバリトンの人もすごく良くて、
夕星の歌」は惚れ惚れ。ミュージカルでもいけそうな聴きやすい伸びやかな歌唱でした。

また、この日はヘルマン役で我らが「ルサルカのお父さん(ウィーンでこの役を聴いたので)」こと
ギュンター・グロイスベックが再び出ていて、今回は一部分長く歌うところがあり、
「お父さん上手いな~。」とサラミ夫と2人して満足。

しかし、やっぱり一番の感動は、演奏と合唱
有名な行進曲はもちろん、最後なんてもう感動で涙が出そうになりました。

ウトウト寝ていたところ、オーケストラの音の凄さでだんだん目が覚めていって、
最後の方は、昨日までの演奏は音のボリューム押さえてたんか?と思うくらいの迫力。

座席の関係もあったのでしょうか。
しかし、こんなに指揮者に感動したのは初めてでした。

上半身だけでよくもあんな凄い指揮ができるもんだわ。

この日は最後の曲の迫力が凄かったので、フライングで拍手する人は少な目。よしよし。


26.jpg

カーテンコールも盛り上がりました。
予習もテキトーで今回は気楽に聴きに来たつもりが、予想外に感動しまくって大満足でした。

しかし、この日は最後のメトでのオペラ。


5.jpg


6.jpg

最後の最後にシャガールの絵を眺めて、惜しみつつ歌劇場を後にしました。


*追記:ヨハン・ボータさんは、2016年9月8日、癌のため51歳の若さで逝去されました。
    ここに謹んでお悔やみ申し上げます。
posted by サラミ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

NY最終日:タイムズスクエア

2015年10月8日(木) タイムズスクエアを通り抜け

ステーキを食べ終えたらもうすっかり夕方です。
今夜もオペラを見に行くのでもう時間がありません。

ギャラガーズ・ステーキハウスの最寄りの地下鉄駅は50丁目駅でしたが、
私はどうしてもタイムズスクエアに行ってみたかったので、帰りはさらに南下して42丁目の
タイムズスクエア駅まで行って地下鉄に乗ることに。

お店を出てすぐ近くの所にお土産屋さんがあり、サラミ夫が、
「お土産をちょこっと見るから、その間ラジオシティ・ミュージックホールの写真でも撮ってきたら?」
と提案してくれました。

「じゃ、すぐ写真を撮って18時にまたお店に戻って来る~!」と言って歩いていったら、
意外と距離があり(2ブロック)、元々時間ギリギリだったので結局10分くらい遅れてしまいました。

しかも、方向音痴の私は1ブロック間違うという痛恨のミス!

サラミ夫が入っていったお土産屋さんはブロードウェイと西48丁目の近くでしたが、
私は7番街と西48丁目の近くのお土産屋さんに行ってしまいました。(アホ)

お土産屋さんの人に聞いても知らないと言われ、サラミ夫に電話しても繋がらず、
ヘタに動いたら会えなくなると思ってじっとしていたのでえらく時間をロス。

最後にサラミ夫から電話が来て、そこで初めて私が場所を間違えていることに気付き、
慌ててブロードウェイまで行くというアホな有様で・・・。

これで、ものすごく時間がギリギリになってしまいました。

でもどうしてもタイムズスクエアが諦めきれず、早歩きでブロードウェイを歩き、
写真を撮りながら根性でタイムズスクエア駅まで行きました。

せっかくニューヨークまで来たのに、テレビでよく見るあのネオンぎらぎらの街の様子を見ずに
帰ってしまうなんて、なんだか勿体ない~。

というわけで、早歩きでササッと撮った写真を、思い出にここに載せます。


1.jpg

まずは、ラジオシティ・ミュージックホール。ピンボケですが。
サタデー・ナイト・ライブが好きだった私にとってニューヨークといえばここ!


2.jpg

歩いているうちに日が暮れてきました。だんだんネオンが明るくなってきました。


3.jpg

そしてタイムズスクエア歩行者天国。観光客だらけで人がいっぱい。
ここでゆっくりできなくて残念です。(ま、私の希望でゆっくりステーキ食べてたんですが。)


4.jpg

そしてお馴染みの東芝の電光掲示板。正式には東芝ビジョンと言うらしい。
しかし、よく見ると下の方にはSONYの文字も。

この辺りの人混みは凄まじかったです。さすが世界のニューヨーク。
これからミュージカルを見に行くという人達もたくさんいたことでしょう。

ちゃんと立ち止まって撮れた写真はラジオシティ・ミュージックホールだけ。
立ち止まっても歩いていても、撮影の良し悪しに変化がないところがド素人です。(涙)

そして、大急ぎでタイムズスクエア駅から地下鉄1線に乗り、
メトロポリタン歌劇場のある66丁目-リンカーンセンター駅へ直行。

今日はオペラを見た後、宿泊はせず空港に直行するので普段着なのです。
着替えないのでまっすぐ歌劇場に行けました。(でなければ遅刻していました。トホホ)

こうしてニューヨーク最後の夜も、時間に余裕なくバタバタ過ごして終わりました。(^^;

posted by サラミ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。