2013年09月24日

イスタンブール2日目 アヤソフィアその1

2012年10月7日(日) アヤソフィア (バルカン旅行9日目)

スルタンアフメット1世廟を見学し終えた後は、噴水のある広場を越えて、
すぐ目の前に見えるアヤソフィアを目指します。


1.JPG

アヤソフィアの外観は壁に装飾もなく、色褪せた感じで地味だったのが意外でした。
元はキリスト教会ですが後にモスクに改築されたとあって、外から見た感じは完全にモスクです。


2.JPG

しかしこの行列!何度も言いますが、私達は昨日アルバニアから移動してきたので、
とにかくこの観光客の多さに驚きまくりです。イスタンブールの人気の高さが伺えます。


3.JPG

アヤソフィアは世界的に有名な建築物なので詳しい説明は他に譲りますが、
ここにサクっと書かれている説明を訳すと、

アヤソフィアは ユスティニアヌス1世によって537年に建てられ、 
メフメト2世によって1453年にモスクに改築された。
そして改修工事を経て1934年に公共の博物館としてオープンした。


ということです。今は宗教施設ではないのですね。

実際は、360年に最初の聖堂が建てられており、2回の焼失を経ての再建です。
今の規模の教会になったのが537年ということです。それにしても古い。

ユスティニアヌス1世といえば、イタリアはラヴェンナのサン・ヴィターレ教会で
彼のモザイクにお目見えしたことがありました。


justinian.jpg

これがその時の写真ですが、イタリアでこのモザイクを見ている時は、
この人がそんなに偉大な皇帝だとはあんまりピンときていませんでした。

この方が、アヤソフィアを再建したのです。
しかし、トルコからイタリアまで、領土がだだっ広い東ローマ帝国です。


4.JPG

さて、切符売り場に近づくと、この案内看板が目に入ります。左はトルコ語、右は英語です。

アヤソフィア」はトルコ語、一方の英語は古代ギリシャ語の「ハギア・ソフィア」を採用。
ということは、トルコ人以外と話をする時は「ハギア・ソフィア」と言わなければ通じないのかも。

入場券は1人25リラ
私達はトルコリラが不足しつつあったので、クレジットカードで購入しました。

それでは中へ。


5.JPG

広場を抜けて中に入ると、まず最初にナルテックスと呼ばれる空間があります。


6.JPG

ナルテックスの中央入口の天井にはモザイクがありました。
この中央入口は皇帝の典礼用にのみ使われたそうな。


7.JPG

中央入口上部のモザイク、「キリストと皇帝」。

2つのメダイヨン(円)のうち左は聖母マリアで右は大天使だそうですが、
礼拝を行っている皇帝が誰なのかは不明なのだとか。


8.JPG

内陣に入りました。大きさは巨大な体育館くらいあります。
観光客も相当多いのですが、これだけ広くて天井が高いと人の多さも緩和されます。


9.JPG

これは後で2階から撮った写真です。2階からの方がスカッと全部見渡せます。

それにしても重厚感がすごい。そして不思議な空間です。

サラミ夫婦は今回の旅行で、あちこち東方正教会ばかりを見て回ってきたので、
ここもモスクというよりは、やはり教会に見えます。でもそこにイスラム文字。不思議~!

ちょうど真ん中あたりに金色のどこでもドアみたいなのがありますが(例えが貧弱ですいません)、
あれは後から取って付けたミフラーブ(本来はメッカの方向を示す壁の窪み)だそうで、
元々モスクでない所に付けたので方角がズレていて、少し正面より左を向いています。


10.JPG

後陣の上の巨大半円ドームのさらに上両側に天使の絵がありますが、モスク改築後は
偶像崇拝禁止のため、天使の顔が塗りつぶされていました。

それが改修により、つい数年前に日の目を見るようになったのだとか。


11.JPG

修復作業で顔の部分が表れた天使セラフィム。・・・あんまり可愛くないけど。


12.JPG

さらに見上げると、アラビア文字の装飾が見事な中央ドームが見えます。


13.JPG

ここは完全にイスラム世界。真ん中のアラビア文字の細かさに目を奪われます。


14.jpg

後陣のフレスコ画アラビア書道の円形の額が妙に調和しています。
額には、左は「ムハンマド」、右には「アッラー」と書かれているのだそうな。


15.jpg

後陣のフレスコ画は聖母子。モスクに改築された時は漆喰で塗り固めて隠されただけだったとか。

削り取ることもできたのに、異教の偶像を塗り固めるという手法を取ったのは情けでしょうか。
それとも、畏敬の念を持っていたからなのでしょうか。


16.JPG

周囲のモザイクは一部剥がれてしまっていますが、聖母子はこの通りキレイに残っています。


17.JPG

ビデオカメラによる聖母子のズーム。聖母の顔が若いなぁ。
それにしても9世紀のモザイクがこんなに残っているなんて奇跡です。


18.JPG

聖母子のモザイクの斜め右上に、大天使ガブリエルのモザイクがありました。
残念ながら、対になっていた左上の大天使ミカエルのモザイクは残っていません。


19.JPG

真正面を見ると、先ほどの取って付けたミフラーブです。
普通のモスクだとミフラーブは壁に埋め込んでありますが、追加したのでこの形です。


20.JPG

これも息を飲むほどの美しさ。

両脇にある巨大な2基の燭台は、スレイマン1世が征服したハンガリーから持ち帰ったもの
だということですが、色合い的にピッタリで違和感ありませんね。


21.JPG

ミフラーブの右側にはモスクではお馴染みのミンバルと呼ばれる説教壇も。
これも後から取って付けた感じがありありです。

ここには、方形の額のアラビア書道がたくさん掛かっていました。
どうも、歴代オスマン皇帝の作品だったらしいのですが、素通りしてしまいました。

1階の身廊を見るだけでも壮大すぎて圧倒されるアヤソフィアですが、
2階にも上がれるので、次は2階へ。


posted by サラミ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 12トルコ)イスタンブール | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

イスタンブール2日目 スルタンアフメット1世廟

2012年10月7日(日) スルタンアフメット1世廟 (バルカン旅行9日目)

ヒッポドロームのすぐ近くにあるスルタンアフメット1世廟に来ました。

ここは、先ほど見たスルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)を建てた
スルタンアフメット1世(在位1603-1607)の墓所だそうです。


1.JPG

サラミ夫がどんどん先に行ってしまい、慌てて外観を取り忘れ。ここは入口です。


2.JPG

中にはスルタンアフメット1世の一番大きな棺を中心に、家族の棺がズラリ。
これ、棺の中はどうなっているのでしょう・・・。


3.JPG

ここは墓所という割りにとても明るいです。ステンドグラスもパステルカラーで何だか可愛い。



4.JPG

棺の正面にはそれぞれの名前が。それにしても天井が素晴らしくキレイです。


5.JPG

タイルの絵を一つ一つ合わせるのも細かい作業だったでしょうねぇ。


6.JPG

展示品の中にとても美しいコーランがありました。


7.JPG

19世紀というので、そんなに古いものではないようです。

後で調べたら、「Sultan Mahmud Ⅱ」というのはマフムト2世(在位:1808-1839)でした。
オスマン帝国も衰退期で大変な時期のスルタンですね。 

しかし、「Tomb(墓)」って書いてあるところを見ると、お墓はやっぱり別にあるのでしょうか。

あんまりその辺分からないまま、この場所を後にしたのでした。


posted by サラミ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 12トルコ)イスタンブール | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

イスタンブール2日目 ヒッポドロームと石榴ジュース

2012年10月7日(日) ヒッポドロームと石榴ジュース (バルカン旅行9日目)

スルタンアフメット・ジャーミィを出てすぐ、ヒッポドロームという所に出ました。

ヒッポドロームとはローマの大競技場跡のことで、
ウィキペディアには「コンスタンティノープル競馬場」で掲載されていました。

東ローマ帝国が栄えた時代には、ここで賑やかに戦車競技が行われていたらしく、
ウィキペディアを読む限り、歴史上とても興味深い場所です。
(もっとちゃんとした文献読めよ>自分 )

ここには有名なオベリスク3本立っていますが、何しろ時間のない私達、
ベンチで休憩しつつ、1本だけボーっと眺めることにしました。


1.JPG

見た目一番キレイだったテオドシウス1世のオベリスク


2.JPG

ウィキペディアには
「紀元前1490年、トトメス3世の時代にルクソールのカルナック神殿に建てられたもの」
とあります。だからヒエログリフ(象形文字)が彫り込まれているのですね。

で、それを「テオドシウス1世が取り寄せた」とガイドブックに書かれていますが、
さすが古代の皇帝はお取り寄せのレベルが違います。


3.JPG

下にはテオドシウス1世が作らせたという台座の部分が。
材質の問題でしょうが、こちらの方が古く感じます。


4.JPG

390年にここコンスタンティノープルに建立。

ちなみに、ここにエジプトやギリシャから持ち込まれた物があるのと同様に、
ここから持ち去られてしまった物もあります。


5.JPG

私達は前に、ヴェネツィアのサンマルコ寺院でこの青銅製の4頭の馬を見ました。

元々はヒッポドロームにあったもので、第4回十字軍(1202年-1204年)の時に、
十字軍によって戦利品としてヴェネツィアに運ばれたものだそうな。

サンマルコ寺院でこの馬の像を見ていた時にはあまりピンと来なかったけど、
こちら(コンスタンチノープル)に来ると、あれはここにあったのかぁ、と実感が湧きました。


6.JPG

座っている私達の目の前には生絞りざくろジュースを売るお兄さんが。

ちなみに、向こうに写っているのはコンスタンティノス7世のオベリスク ですが、
ざくろジュースに見入ってしまい、全然興味なし。


7.JPG

お兄さん、ざくろを絞る時の低い体勢が素晴らしい。


8.JPG

ものすごい人気です。思わずサラミ夫も買いに走りました。
お値段は250リラと、その辺のスタンドよりお高め。


9.JPG

ここのジュースはものすごく濃いです!

後味に少しアクがある感じで、私はそれほどザクロが好きではないのですが、
サラミ夫は大好きで、美味しい美味しいとゴクゴク飲み干していました。

英気を養ったところで次へ出発。
posted by サラミ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 12トルコ)イスタンブール | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

イスタンブール2日目 スルタンアフメット・ジャーミィ


2012年10月7日(日)
 スルタンアフメット・ジャーミィ (バルカン旅行9日目)

ホテルの朝食でまったりした後、やっとイスタンブール観光に繰り出しました。

ホテルのフロントでお兄さんとちょこっとお話した時に、
ざっと周囲のことを教えてもらいました。

さらに!地球の歩き方の最新版をお借りしました。ありがとうございます。^^


1.JPG

こんな新品をありがたくお借りし、いざ出発。
最初に目指すのはスルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)です。


2.JPG

石畳の上り坂で歩くのは少し大変ですが、ホテルの周囲にはショップやレストランなど
たくさんあるので、ランチにも困ることはなさそうです。


3.JPG

歩いてほどなく、スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)に到着。
巨大なモスクなので、ここまで近寄ると全体像が撮れません。しかも正面はどこだ?


4.JPG

中に入ると、ものすごーく長い列ができていました。
昨日までバルカンの辺境の国々にいたせいで、観光客の多さに圧倒されます。

ということは、真夏なんてどれだけ多いんでしょう?

入場まで結構待ちましたが、30分くらいだったでしょうか。
その程度の待ち時間で済んで良かったです。(^^;

さて、靴を脱いで中に入ります。髪は隠さなくても大丈夫でした。
しかも入場料はなし。心付けのみとは素晴らしい。


5.jpg

中に入ると、ただただ規模の大きさに度肝を抜かれます。広い!でかい!
ガイドブックによると、1616年に建てられたのだとか。


6.jpg

イズニックタイルが圧巻!なんて細かい。


7.JPG

しかし、「ブルーモスク」と言うからには、もっと青いのだと想像していました。意外。
青いのは青いけど、も結構たくさん使われているのですね。


8.JPG

しかしこの細かさ。一つ一つは色も模様も結構バラバラなのに、全体を見ると妙な統一感が。
所々イスラム文字も見えます。太い柱もなんてキレイ。

ちなみに、なぜ天井ばかり写真を撮っているのかと言うと・・・

9.jpg

視線を下げるとこうなるからです。観光客の波・波・波!
これだけの人数が靴を脱ぐと、足の匂いも結構きますよ~。(笑)


10.JPG

どこを見ても草花と金色のイスラム文字ばかり。
でもイランで見たモスクとはまた柄が違って面白い。


11.JPG

サラミ夫のビデオカメラによるズーム。精巧に絵付けされているのがよく分かります。
手抜きされている部分が全くないのがすごい。


12.JPG

ここには小窓が260もあるのだとか。ステンドグラスの柄もオリエンタルです。


13.JPG

こちら足元の絨毯です。絨毯の柄ももちろん草花。


14.jpg

観光客はモスクの中央部分には入れませんが、時々お祈りする人が。
ものすごく広い空間です。


15.JPG

向こうのミフラーブ(メッカの方向を示す壁の窪み)の脇でも熱心に祈る人が。
同じ空間の中にいるのに、あちらは空気も張りつめて全くの別世界のようです。

・・・と思ったら、写真右端の人達は記念写真撮ってますね。


16.jpg

と、後ろの方で邪魔にならないように絨毯の上に直に座って天井を見ていたら、
目の前に日本人団体観光客の方々が現れました。

しばし、日本語ガイドさんの説明に耳を傾けます。ありがとうございます。^^

団体のみなさんは、私達が日本人だと気づくと、
あらあら、前を邪魔しちゃってごめんなさいね~。」と気さくに声をかけてくれて、
一通りガイドさんの話を聞くと、ぞろぞろと別の場所に移動していきました。


17.jpg

旅行に行っても自分達の2ショット写真がほとんどない私達。
今回ばかりは旅の記念に、他の観光客の方にお願いして撮ってもらいました。

その後も、しばらく座って天井の美しい装飾をじーっと眺めていました。


18.JPG

ようやくモスクの外に出て、かなり歩いて離れた時にサラミ夫が撮った写真。
大きいからここまで離れないと撮れません。

ミナレット(尖塔)が6本あるのは珍しい」とガイドブックに書いてありましたが、
ここからは残念ながら4本しか見えません。

今まで見たモスクと比べて、その規模の大きさは圧巻でした。
さすがオスマン帝国。さすがイスタンブール
posted by サラミ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 12トルコ)イスタンブール | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

イスタンブール2日目 ホテルの朝食

2012年10月7日(日) ホテルの朝食@イスタンブール (バルカン旅行9日目)

バルカン半島を巡ってきた今回の旅も、ついに最終日を迎えました。
今日はまた夜の便で、モスクワを経由して上海に帰ります。

ホテルの朝食は8時からでしたが、前の晩の到着が遅かったせいで、
やはり起きるのもノソノソとなり、8時を大幅に過ぎてからの朝食となりました。


1.JPG

朝のオズマンハン・ホテルの外観。
このホテルの朝食場所は上のテラスなので眺めがいいです。


2.JPG

エレベーターがないのでこの急勾配の階段で上まで行きます。


3.JPG

ビュッフェ形式の朝食。そんなに種類は多くありませんでした。
ホットミールは、卵料理を注文して作ってもらえます。

ちなみに、ホテル自体とても小さいので朝食スペースもこじんまり。


4.JPG

こちらサラミ夫のお皿。シワシワしてるのはイチジクかな?
イスタンブールではパンの種類が今まで巡った国よりも増えて欧米風になりました。


5.JPG

こちらは私のお皿。胃腸がお疲れなので少なめに。久々のモッツァレラチーズです。
イスタンブールでは、とにかくパンの味が格段に美味しくなりました。(←何度も強調)

そして、葡萄の葉でくるんだお米の料理がとても美味しかったです。
確かバルカンにもあるはず。


6.JPG

お願いしていたプレーンオムレツ。

それにしても、イスタンブールは日差しが強い!
テラスには屋根はあるけれど、横から来る日差しで日焼けすること必至。


7.JPG

でも、マルマラ海を見ながら外で食べる朝食はとても気持ちいいのです。
(日差しが強すぎて、せっかくの海の景色が全部飛んじゃってますが。)

驚いたのは、私達の周囲で朝食を食べている宿泊客が全員上海人
げげ。こんな所まで来て上海語を聞くとは。

しかし、彼らは早くから朝食に来ていたようで、みんな食べ終わって去っていきました。
よかった。お陰で私達2人だけになりました。

後でフロントのお兄さんに聞くと、普段の宿泊客は日本人が多いそうですが、
1年に2回だけ中国人がドドッと来る時があるそうな。

なるほど。あともう1回はおそらく春節だな。

実は、この朝食場所のテラスには、さらに最上階があります。
屋根がないので、朝食を食べ終わってから紅茶を入れて、いそいそとそれを持って移動。


8.JPG

誰もいません。マルマラ海を独り占め。


9.JPG

向こうの方に灯台も見えました。海が見えるって気持ちいいですね。


10.JPG

そして逆方向を振り返ると、あんな近くにスルタンアフメット・ジャーミィブルーモスク)が。
なんと贅沢なロケーションなのでしょう。

でも、よく見ると、屋上で朝食を食べている人達があっちにもこっちにもいっぱい!
どうやら、この辺りのホテルはどこも屋上が朝食の場所になっているようです。

ということは、「屋上で海を見ながら朝食を食べられるから」という理由だけで、
このホテルを選ぶ必要はないというわけですね。

ホテルの設備的には、どこも大差ないのかも知れません。
ということは、やっぱりサービスと値段だな。


11.JPG

今日の予定を立てながら、これまたむちゃくちゃ美味しい紅茶を飲んでいたら、
どこからともなく一匹の猫が。イスタンブールも猫の街ですね。


12.JPG

猫ちゃんは猫ちゃんらしく、やはりこの距離感でカワイイ。(笑)

でも、この猫ちゃん、実は片目がないのです。壮絶な猫の世界で生きてきたに違いない。
目ざとく誰かが落したパン屑を見つけては、せっせと食べていました。

今日の夕方までしか時間のないイスタンブールですが、あまりセカセカせず、
この屋上でゆったりと、気持ちの良い贅沢な朝を過ごせました。

posted by サラミ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 12トルコ)イスタンブール | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。