2013年11月21日

香港・マカオ4日目 陸羽茶室へ

2013年6月11日(火) 陸羽茶室へ

香港島に初上陸しました。

しかし、到着と同時に香港はバケツをひっくり返したような大雨


1.JPG

が、そこはさすが香港。ビルとビルの間はひたすら通路で繋がっておりました。
私達も雨を避け、地図とにらめっこしながら通路ばかり歩いていきました。


2.JPG

が、外に出ると、この激しい雨。傘なんぞでは太刀打ちできません。
こりゃイカン、と屋内に戻って雨が弱まるまで時間を潰すことにしました。


3.JPG

こちらはザ・ランドマーク(というファッションビル)のカフェ。いいなあ、あんな所でゆっくりしたい・・・。

この後も全然雨が止まないので、アレクサンドラ・ハウス(歴山大廈チャターハウス遮打大廈
などなど、この辺に集まっている高級ファッションビルはほぼ全て見て回ってしまいました。

とはいえ、まだオープン前の時間だったのでショーウィンドー見てただけですが。(笑)
しかし、香港はファッション好きにとってはお金があれば天国だと思います。


さて、私達の目的地は「陸羽茶室(Luk Yu Tea House)」という1933年創業の老舗。
イギリス植民地時代から続くレトロなお店です。数年前の女性雑誌で紹介されていました。
・・・と思ったら、よく見たらガイドブックにも載ってました。

ここの飲茶は、朝の10時か11時頃まではワゴンではなく肩掛けのついたトレイに点心を乗せて
店員さんが運んで売ってくれるスタイルだそうで、その時間に来てみたいと思っていました。

従って、いくら大雨だからといって、いつまでも雨宿りしていると、その駅弁スタイルの点心が
終わってしまうのです。(その後は一般的なオーダーシート記入式)

雨が少しマシになった時に、意を決して店先まで歩いていきました。
さすがに店先の写真を撮る余裕はなし。


4.JPG

ああ、やっと到着。でも雨のせいか、名物らしきインド系のドアマンはいませんでした。
というか、ドアマン自体いませんでした。(朝だからなのか、やめたのか?)

しかし、横の入り口から2階に上がれと言われてしまいました。えー、1階に座れないの?(涙)
(後で知ったことですが、2階は常連さんが多いとか。そうなのか?)


5.JPG

こちらが上階への階段に続く正面左側のドア。


6.JPG

なんか昔の香港映画に出てきそう。


7gf.JPG

ちなみに、1階の様子はこんな感じです。(これは食べ終わって後で撮らせてもらいました。)

さて、2階はどうでしょうか。

コーフンして写真が多かったので、次に続きます。




posted by サラミ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 13香港・マカオ | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

香港・マカオ4日目 スターフェリーで香港島へ

2013年6月11日(火) スターフェリーで香港島へ

香港4日目の朝を迎えました。


1.JPG

すんごい天気悪い・・・。(涙)



2.JPG

本当は香港島のビクトリア・ピークに行って香港の景色を見てみたかったのだけど、
雲がかかっているのでダメだなあ。今回は諦めよう・・・。

天気は最悪ですが、今日の予定は香港島をブラブラすることです。

地下鉄よりスターフェリーで渡った方が景色も見えるので、
ホテルから歩いてスターフェリー乗り場へ行くことにしました。


3.JPG

この時計台が目印です。雨が降ってなくてよかった!

なんでも、これは昔の九龍駅の時計台らしいのですが、
見た感じは新しいです。随分と修復されているような気がします。


4.JPG

ほどなくしてスターフェリーピアに到着。
スターフェリーは1888年からあるというのですから、香港の歴史を感じますね。

私達はオクトパス・カード(乗り放題カード)とか持っていなかったので、
普通に自動販売機でトークン(というコイン)を買って乗りました。


5.JPG

思った以上に観光客が少ないような気が。観光客は一等席に座るのかな。


6.JPG

スターフェリーは香港島の景色が良く見えます。これで天気さえ良ければなぁ。


7.JPG

随分とカラフルなフェリーも運航されているようです。あっちに乗りたかったな。


8.JPG

サラミ夫が激写した操縦席。おのぼりさんは私達だけだったような気が・・・。(^^;


9.JPG

おそらく乗っていた時間は5分ちょっと。中環(セントラル)のフェリーピアが見えてきました。

やっと香港島へ上陸です。



posted by サラミ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 13香港・マカオ | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

香港・マカオ3日目 予想外の夕食@池記

2013年6月10日(月) 香港で予想外の夕食@池記雲呑麺家

やっと香港でディナーです!

本当は、友達が勧めてくれた「新同樂」という広東料理店に行くつもりでした。

が、夕方に食べた改良担担麺が思ったよりお腹にしっかり残ってしまい、全然お腹が空きません。
仕方がないのでご馳走は明日に繰り越すことにして、今日はもっと後に軽食で済ますことに。

しかし、遅くまでやっている店ってどこがあるかな・・・?
この時、これまた友達に聞いた「池記雲呑麺家」というお店が近くにあるのを地図で発見。

というわけで、近くのK11ビルをブラブラして時間を潰し、適度にお腹が空いたところで出発!


1.JPG

香港は本当に人が多いです。上海に住んでいる私でも多いと感じるのですから相当です。

さて、池記(←チケイと読むらしい)は何店舗かあるようで、
私達が歩いて目指すのは尖沙咀(チムサーチョイ)の池記です。

住所は、尖沙咀樂道52號地下


2.JPG

この道が樂道(Lock Load)。この道沿いに池記があるはず。


3.JPG

レモン色の看板を発見。


4.JPG

入口上にもデカデカと店名が。分かりやすいです。


5.JPG

しかし、想像していたより店舗が新しくてキレイです。ではお邪魔しまーす。


6.JPG

夜の9時を過ぎても人気ですが、さすがにこの時間はすんなり座れました。
店内も非常にキレイです。


7.JPG

テーブルの上の紙マットにはたくさんのセットメニューが載っていましたが、
私達は食べたいものが決まっていたので単品で注文。

頼んだのは、美味しいと評判のえびワンタン麺鮮蝦雲呑麺)

もう一つ、数年
前の女性雑誌の香港特集で見た蒸し鶏の青菜飯丼壷桶貴妃雞菜飯)
食べたかったのですが、メニューには載っていませんでした。

店員さんにその雑誌の写真と名前を見せて尋ねると、「似たようなヤツならあるよ」とのことで、
何だか分からないけどそれを注文することにしました。


8.JPG

そしてやってきた、蒸し鶏の青菜飯丼もどき

似たようなのって言っといて全然違うやんっ!待っていたのはだったのに。
味はフツーでした。知ってたらわざわざ注文しようとは思いません。


9.JPG

私らが望んでいた
壷桶貴妃雞菜飯の鶏肉は海南鷄飯みたいな蒸し鶏であって、
しかも手羽じゃありませんでした。


10.JPG

多分この
菜飯(青菜ごはん)と鶏肉という部分が一致したので店員さんが勧めたんだな。
この盛り方は、単にズレてるのか、それとも横に鶏肉を並べろってことなのか・・・。


11.JPG

そしてこちらはエビワンタン。ワンタンは下に沈んでいるようです。30HKD


12.JPG

このズレた置き方はこのお店のデフォルトなのでしょうか。(笑)

味の方は、美味しいけどまあまあでした。ここのは胡椒が効きすぎていました。
香港では合計3か所えびワンタン麺を食べましたが、ここが3位(つまり最下位)です。

この香港によくあるコシのある極細麺は美味しいけど、他で食べてもこれくらいです。

こうして3日目の夜は、こじんまりと軽食で終わってしまったのでした。

posted by サラミ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 13香港・マカオ | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

香港・マカオ3日目 部屋からシンフォニー・オブ・ライツ

2013年6月10日(月) ホテルの部屋でシンフォニー・オブ・ライツ

両替も済ませたので、ホテルの部屋に戻ってシンフォニー・オブ・ライツを見ることにしました。

シンフォニー・オブ・ライツはヴィクトリア・ハーバーで毎晩20時から行われる音と光のショーで、
ガイドブックにはデカデカと「香港夜景のハイライト」なんて見開きで紹介されていました。

せっかく夜景の見える部屋に泊まるのだから、部屋からゆっくり見てみるのも良いのでは。

なんて思い、今日はそのために夕食も遅い時間にずらすなど、ぬかりなく行動。

「無料のショーだし、20時から15分程度だし、そんな大したことはないだろう。」と
それほど過大な期待はせずに20時を迎えました。


1.JPG

おおっ!さすが百万ドルの夜景!香港島はギラギラです。


2.JPG

各々のビルが音楽に合わせてライトを点けたり消したり。中国銀行ビルがライトアップの途中です。

しかし、部屋から見ていて何か違和感が。

音が聞こえない・・・。~>゜)~~~

ま、室内にいるのですから、当たり前と言えば当たり前なのですが。
窓を開けたかったけど、安全上の問題か、ほとんど開かない作りでした。(涙)


3.JPG

ほらほら、ビルの上からビームがびゅんびゅん飛び交っているんですよ。

でも音が聞こえないから、部屋から見てるとシーン・・・って感じ。


4.JPG

最後のクライマックスのようです。ビーム飛びまくり。でも音楽が聞こえない・・・。

ショーが終わり、サラミ夫が「これだけ?!」と唖然としていました。
いやいや、音が聞こえればもうちょっと迫力あったかもよ。(^^;

というわけで、音と光のショーは外で見ないと音が聞こえないということを思い知ったのでした。


 2015年3月追記 : シンフォニー・オブ・ライツの音はFMラジオで聴けるそうです。
              「YMCAならベッドサイドにスイッチがあったはず
                ってkei 様に教えて頂きました。知らんかった・・・。


posted by サラミ at 15:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 13香港・マカオ | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

香港・マカオ3日目 重慶大厦で両替

2013年6月10日(月) 香港 重慶大厦で両替

手持ちの香港ドルが少なくなったので両替することにしました。

普段サラミ家は、海外旅行の時はATMでキャッシングを利用しているのですが、
今回は上海から香港に来たということで、人民元を両替することに。

そこで向かったのが重慶大厦(チョンキン・マンション)です。

香港に住んでいた友達に「両替のレートのいい所は?」と聞くと、
重慶大厦(チョンキン・マンション)が一番お得だとの返事だったのです。

チョンキン・マンションと言えば、バックパッカーの聖地というか、悪の巣窟というか、
とにかく昔は犯罪が多くて胡散臭くて近づくのも危ないみたいに言われていました。

今はフツー」なんてこと言われますが、私達がチョンキン・マンションに行った数日前には
北京から来て安宿に泊まっていた女の子が従業員のインド人にレイプされる事件が起きています。

北京の女子大生、ホテルでインド人に強姦される 犯行時間わずか6分―香港(毎日中国経済)

女性はやっぱり注意が必要でしょう。

ただし、この事件の場合、女子大生が共用シャワーからバスタオル一枚で部屋に戻ったという
アホかと言いたくなるような無防備さもありますが。

さて、チョンキン・マンションと言えば、私のイメージは金城武が出ていた香港映画「恋する惑星
ですが、多くの日本人個人旅行者のイメージは、沢木耕太郎氏の「深夜特急」でしょう。

場所は、尖沙咀(チムサーチョイ)のネイザン・ロード(彌敦道)×ペキン・ロード(北京道)です。


1.JPG

夜のネイザン・ロードは本当にギンギラです。チョンキン・マンションも表はネオンギラギラ。


2.JPG

表玄関も改装されたとかで、ケバいながらも結構キレイだった表札(と言うのかこれ?)

ここは雑居ビルで、下の階には両替商やら雑貨屋やらインド料理屋やら携帯ショップやら色々。

ビルの入口にも左右に両替屋がありますが、レートは悪いです。
しかも平然と騙してくるのでムカつきます。ちなみに普通話でやり取りしました。
(平然と騙してくるのは、そういう商売なので当然の話なのですが。)

各店舗のレートをチェックしに中に入りました。


3.JPG

入ってすぐ、エレベーターがありますが、噂通り長蛇の列ができています。
各エリアに行くのにエレベーターが1基しかないので混雑するという話ですが、本当みたい。

このビル、実は中は4つに分割されているらしく、同じ階でも横の平行移動はできないそうな。
このビルの宿に泊まるのは緊急事態の時が恐ろしいので、私は絶対泊まりたくありません。

前に上海で58人死亡のビル火災が発生した時、私はすぐ近所に住んでいて怖かったので、
自分が泊まってる時に限ってそんなこと起きるわけがない」とは絶対言えないと思っています。

こういうボロいビルって、初動が遅れたら1分足らずで火が全体に回りますよ。


4.JPG

私達は、1階を少し奥の方に入って行って、ここで両替しました。


5.JPG

その時のレートです。

他にも探せばもっとレートが良い場所もあると思いますが、確かに雰囲気の良い場所ではないし、
奥まで行く気もなかったので、ここで済ませました。入口の店より大分お得でした。

雰囲気があまり良くない理由の一つに、インド系やアフリカ系の人にガン見されることがあるかと。
他でも経験ありますが、あの人達って視線を外さずにジーッとこちらを見つめるんですよね。(^^;

そんなわけで、あまり写真を撮れる感じでもありませんでした。
何オレのこと撮ってんねん!」とか言われても困るし。

ま、ここはインドかパキスタンだと思えばいいのではないでしょうか。
posted by サラミ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 13香港・マカオ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。