2012年12月02日

ブルガリア2日目 歴史博物館@リラの僧院

2012年9月30日(日) 歴史博物館 @ リラの僧院

ガイドブックによると、歴史博物館16:30で閉まってしまうので、
せっかくなのでそちらに行くことにしました。

イコン博物館もあるのですが、前日にソフィアでさんざん見たのでここではパス。


1.JPG

出来て新しいようで、随分と入口から立派。中も見やすくキレイな展示でした。


2.JPG

小さな貼紙の方を見ると、営業は6月1日~10月1日となっていました。
げ!明日で終わり!!ものすごくすべり込みセーフだったのでした。

博物館の入館料は1人8レヴァ。結構お高めです。

博物館の中は撮影禁止なので中の写真はありません。

博物館の目玉はラファエロの十字架と呼ばれるむちゃくちゃ精緻な木彫りの十字架(の置物)。
12年もかかって完成させたその木彫りは細かくて、ウィキペディアによると、
104の宗教的場面と650の人物を細密に再現した」のだとか。

確かに表も裏もビッシリと細かく彫られていて、「最後ラファエロは視力を失った
という伝説もさもありなん、というほど立派です。(でも視力失ったのは偶然だと思うな。)

ただ、中国で、お米に字を書くとか細かい芸術品をいっぱい見まくっているサラミとしては、
スゴイけど、中国にもこれ位細かくてスゴイのが一杯あるぞ、という感じでした。

そんなことを言ってしまっては身も蓋もないのですが。(^^;

他には、地球儀やらタペストリーやら司教の衣装など。
あと、ものすごくバカでかい銅板印刷機が興味深かったです。

印刷できるようになると聖書も普及していったでしょうから、
昔この修道院がいかに大きな力を持っていたのかと想像が膨らみました。

それから、解説の英文にあったEuropean Turkeyという言葉。

いくらイスタンブールが少しヨーロッパに引っ掛かっているとはいえ、
現在のトルコは土地のほとんどがアジアに位置しています。

それが、オスマントルコ時代は今「ヨーロッパ」とされている部分にも土地があったので、
ここブルガリアヨーロッパでありながら当時はトルコだったわけですね。

ヨーロッパのトルコ?なんじゃそれ?

と思ってしまいましたが、よく考えると、昔バルカン半島は確かにヨーロッパのトルコだわな。

やっぱり島国の人間には国境がコロコロ変わるのが何だか面白いのです。
そこに住んでいる当のご本人達はエラい迷惑でしょうが。

とまあこんな感じで、思っていたよりも興味深い博物館でした。


posted by サラミ at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

ブルガリア2日目 昼間のリラの僧院

2012年9月30日(日) 昼間のリラの僧院

ついに僧院の見学です。

宿坊のある3階からは、上からのアングルで景色を眺めることができます。


1_3rdfloor.JPG

この通り、聖母誕生教会も少し上から見下ろす形になります。
左は、14世紀創建の面影を残すフレリョの搭
その他の建物は、19世紀に火事に遭って、ほぼ再建なのだとか。

リラの僧院は10世紀に創建されたのが最初で、その後は第二次ブルガリア帝国の時に
大きく繁栄したそうですが、その後ブルガリアはオスマントルコに支配されてしまいます。

この何となくオリエンタルな縞模様も、ひょっとしたらその辺の影響なのかな~と思ったり。


2_3rdfloor.JPG

斜めからのアングル。3階からは周囲の山並みもよく見えました。


3_3rdfloor.JPG

上のこの丸い屋根を見ると、やっぱり正教会ですね。不思議な色合いです。


4_3rdfloor.JPG

リラの僧院の敷地内には、それはそれは立派なモミの木(ですよね?)がありました。
クリスマスの頃は雪が積もって、ものすごくいい感じなのではないかと思います。


5_3rdfloor.JPG

教会を取り囲む住居の部分。これが全部宿坊というわけではなさそうです。

リラの僧院で上の階に上がれるのは宿泊者だけなので、下から私達を見ていた警備員の人が
降りろ」とジェスチャーで言ってきたのですが、部屋の鍵を出してかざして見せると、
大きく頭をに振っていました。

実は、ブルガリアでは、YESの時に頭を横に振るのです。なんだかインドみたい。
頭では分かっていても、実際に目にすると一瞬混乱しますね。(笑)

それでは階段を下ります。


6.JPG

日曜日のせいか人がいっぱい。観光客は地元の人が圧倒的多数のようです。


7.JPG

これが教会の入口です。回廊のフレスコ画がすごい。
服装の注意書きに、ミニスカートや短パンは不可と書いてありましたが・・・。


8.JPG

見上げるとフレスコ画がびっしり。19世紀の再建なので絵も新しいです。


9.JPG

床の方には地獄絵図が。どの宗教でも考えることは同じかも知れません。


10.JPG

教会入口の周囲も色鮮やか。一方、教会内部は昼間でもかなり薄暗いです。中は撮影禁止。
教会の中の画像はウィキペディアの「リラ修道院」に載っています。イコノスタシスが豪華絢爛!


11.JPG

こちらにはアダムとイブのお話が。ヘビもいますね~。


12.JPG

教会を横から見たところ。色とりどりの縞模様とフレスコ画という組み合わせが斬新です。


13.JPG

その縞模様は、近くで見るとかなりちゃっちいのですが、これはまあデザインということで。


14.JPG

たまに修道士の方が出現。ほとんどの型が黒髪に長い髭でした。そして見事にクセ毛。
で、携帯電話もお持ちのようでした。


15tatoo.JPG

余談ですが、地元の方々らしき一団。男性のタトゥーに見入ってしまいました。


16tatoo_up.jpg

この人なんて、どう見ても中国語のタトゥーが入っています。
生活更好」(Better Life)か「生活美好」(Beautiful Life)かどっちかな?

日中にリラの僧院に来ると荘厳な感じが全くしないという口コミでしたが、
来てみて全くその通りだな~、と思いました。

今の世の中、鎖国でもしない限りどこに行ってもこんなモノかも知れませんね。
ただし、人がいなくなってからは雰囲気が変わりました。

では、まだまだリラの僧院の散策を続けます。
posted by サラミ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

ブルガリア2日目 リラの僧院の宿坊

2012年9月30日(日) リラの僧院の僧坊

リラの僧院に泊まる手続きを終え、部屋に荷物を置きに行きました。


1.JPG

じゃじゃ~ん!リラの僧院のメインはこの聖母誕生教会です。


2.JPG

この聖母誕生教会の右側に、私達の部屋へ続く階段があります。
階段にはロープが張ってありますが、自分でそれをどけて上ります。私達の部屋は3階でした。


3.JPG

3階の私達の部屋の前の廊下です。
廊下の壁を見る限り、白黒の縞模様はペンキで描いてるんですね。
共同トイレは、この廊下の反対側の突き当たりにありました。


4.JPG

私達の部屋は54号室。鍵を開けて中に入ると・・・


5.JPG

左に小さな部屋と、正面に大きな部屋。


6.JPG

すでに物を置いた後ですが、正面の部屋にはベッドが3つとテーブルが一つ。
窓は最初に着いた駐車場の方を向いています。

外は30℃近い気温のはずが、漆喰の壁が厚くて部屋の中はひんやり。夜は寒そうです。


7.JPG

私はこちらのベッドで寝ることに。枕もマットもペッタンコ。そして布団が薄い。


8.JPG

正面の部屋の反対側です。
冬場は暖房が入るようですが、今日は9月30日なので、夜寒くなってもまだでしょうなぁ・・・。


9.JPG

壁一面に大きなクローゼットが。
しかし中には新聞紙がびっしり敷き詰められているだけ。あまりキレイではありません。

携帯をチェックするサラミ夫。(また仕事に追いかけられているのか?)
海外ローミングができる限り、Wi-Fiがなくてもショートメッセージは入ってくるのです。

そういや、日本の携帯のショートメッセージって今はどうなってるのかな?(←浦島サラミ太郎)


10.JPG

部屋はとても広く、天井は美しく装飾されていました。そして裸電球がぶら下がっています。


11.JPG

夜はこの通り。


12.JPG

実は、部屋の入口付近にはフックと共にかなり明るい照明が。
これをメインの部屋に付けてくれませんかね。(^^;


13.JPG

一方、こちらは左側の部屋。簡易ベッドのような小さなベッドと洗面台が。
洗面台があるせいか、ヨーロッパの100年前の病室という感じ。


14.JPG

小さい洗面台には、一応お湯の蛇口もありますがしか出ません。しかも水が冷たい。

写真で見ると随分とキレイな部屋に見えるのですが、ボロかったです。
まあ、巡礼者の宿坊ですから、シーツがキレイなだけでも有難いと思わなければ。

他の方のブログでお見かけした宿坊の写真はシャワー・トイレ付でもっとキレイな気が。
あれも実物よりキレイに見えているだけなのか、私達がボロい部屋にアサインされたのか。

他の部屋も見てみたかったなぁ、と思うサラミなのでした。


posted by サラミ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

ブルガリア2日目 リラの僧院の泊まり方

2012年9月30日(日) リラの僧院の泊まり方

世界遺産のリラの僧院は宿泊することができます。
それは、巡礼者のために簡易宿泊施設を持っているからです。

宿泊施設のことは、リラの僧院の公式サイトにも載っています。

 リラの僧院の公式サイト → http://www.rilamonastery.pmg-blg.com/
 
 *最初にお勤めの歌声が流れるので注意。(荘厳でいい感じですが。)

私達は予約ができるのかどうかメールで問い合わせてみました。
一応「Mr.」とつけてサラミ夫の名前で。が、やっぱり返事はきませんでした。(^^;

ソフィアの観光案内所でも、「直接行けば泊まれる」という説明だけでした。

というわけで、必要最低限の荷物だけ持って、一か八かで現地にやって来ました。


1.jpg

僧院の前は駐車場になっています。青いミニバスが私達がソフィアから乗ってきたバス。
日曜日なので結構観光客が多かったです。


2.JPG

なんと、駐車場にある土産物店らしき場所にATM
手元の現金が少なくてもここでキャッシングOKです。


3.JPG

僧院へはこのデュプニッツァ門から入ります。

中に入ると目の前に僧院のメインである聖母誕生教会がありますが、
その右後方には歴史博物館があります。

4.jpg

こちらが目印。

そして、この歴史博物館の右側に、宿泊受付のレセプションがあります。


5.jpg

こちらの右側のドアが受付です。


6.jpg

上に英語も書いてありますので、見たらすぐに分かります。
ちなみに、左のドアには「NO ENTRY」(入るな)と書いてあります。


7.jpg

受付のドアの右に貼紙がありました。


8.jpg

この受付が開くのは早くて午後2時だそうです。私達は30分位ここで待ちました。
10時より前に鍵を博物館に返して下さい。」という表記が。
ということは、チェックアウトは10時より前ということですね。


9.jpg

さらに、「ウェルカム!リラの僧院にはホテルがあります!」と書いてあるこの文章。
でも、「Samokovska 門 の100メートル向こうに」とも書いてあります。

あれ?宿坊って僧院の中じゃないの?新しく宿泊施設作ったのかな?

貼紙を読んで混乱していると、修道士さんが午後2時より早くどこかからやって来て、
右側のドアの鍵を開けて中に入りました。

さっそく私達も修道士さんの後をついて入っていきました。

今夜1泊したいというと、ものすごくイヤそうに、
シャワーなし、トイレ共同の部屋しかない。」と言われました。さらに、

僧院の外に一つホテルがある。バス・トイレ付きでホットシャワーも出る。

というではないですか。ものすごく僧院には泊まって欲しくなさそうな態度。
そうか、あの貼紙のホテルってのはこのことだったのか・・・。

だけど、夜の荘厳な僧院を体験してみたくてここまで来たのですから、
こんな所でわざわざ外に泊まるなんて、私達にとっては意味がないのです。

外のホテルを勧める修道士さんを無視して「僧院の中に泊まる」と告げると、
1人20レヴァ。」とつっけんどんに言われました・・・。

外のバス・トイレ付のホテルのダブルが45レヴァなので、
僧院の40レヴァの部屋はある意味むちゃくちゃ高いのですが、仕方ありません。

修道院さんに部屋の鍵を渡され、そこに貼ってあった注意事項の貼紙を読んでから
その部屋を出ました。ほとんど口頭では説明がなかったような。

今日は日曜日なので、この受付が休みではないかと心配していたのですが、
開いてくれたので良かったです。とにかく宿泊することができます。

だけど、なんであんなに嫌そうなのか。

  1.宗教施設なので単なる観光客には本当は泊まって欲しくない。
   2.僧院だという手前、金儲けに繋がる事は積極的な態度では臨めない。
  3.受付してくれた修道士さんが個人的に愛想が悪いだけ。

という3つの可能性を考えてみましたが、1.は、本当に嫌なら最初から断ったらいいだけだと
思うので、あくまでも「愛想よくしない」というスタンスなのかも知れません。

でもまあ、信者でもない(しかもクリスチャンでさえない)人はあんまり嬉しくないのかな。

他の方々の旅行記では、みなさんシャワー・トイレ付きの宿坊に泊まったようなので、
「シャワー・トイレ付きの部屋がない」というのが、本当になかったのか、
私達に躊躇させるためにそう言ったのか、ちょっと判断できませんでした。

だって、私達以外に宿泊している人の気配がなかったのですもの・・・。

受付の部屋の外にはバスの時刻表の貼紙も。

10.jpg

このバス時刻表が旅行の前に手に入ったらどんなに楽だったことか!

ビニールカバーが光ってしまって少し見にくいのですが、

リラ村からリラの僧院行きのバスは、7:40、12:50、15:50 の3本のみで、
リラの僧院からリラ村行きのバスは、8:20、9:00、15:00、17:00、17:10 の5本。

時刻表を見て、次の朝は便数の多いブラゴエフグラッド経由でソフィアに戻ることに決めました。

ただし注意。時々バスは5~10分早く出発します。」とのことです。
早いのはアカンやろ、早いのは。(笑)

こうして、何とかリラの僧院に泊まる手続きができました。
posted by サラミ at 10:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

ブルガリア2日目 バスでリラの僧院へ

2012年9月30日(日) バスでリラの僧院へ

到着したオフチャ・クペル・バスターミナルはボロボロでした。

1.JPG

道路のアスファルトがガタガタ。ガラーンとした空間です。

到着したのは10時前だったのですが、バス自体の数が少なくてびっくり。ガラーン。

バスターミナルの建物内部は工事中で窓口もすべて無人でした。
しかも、工事の影響なのか、バスの時刻表がどこにもない!

私達は事前に10時20分と調べてきたからまだ良いものの、
取りあえずここに来た行き当たりばったりの旅行者はどうしたらいいのか。(怒)

外に小さなチケットボックスがあり、おばちゃんが中にいたので、
サラミ夫がリラの僧院行きのバスのチケットを買いに行きました。

本当は、事前の下調べでバスの運転手から買うということを知っていたのですが、
もし前もって買えるなら・・・という淡い期待があったのでした。

しかーし。

おばちゃんの態度は旧共産圏らしくすこぶる劣悪だったらしく、
サラミ夫がえらく怒って帰ってきました。英語もぜんぜん通じなかったようで。

どうも窓口のおばちゃんは同じ質問をされるのがウンザリの様子だったとか。

「リラの僧院行き 1日1便 10時20分発 チケットはバスの中で」

くらい看板1つ立てればそれで済む話なのに。

共産主義というのは効率を奪う思想だったのでしょうか。
(中国に住んでいるとよく思うことなのですが・・・)

ちなみに、リラの僧院は現地語で「リルスキ・マナスティル」なので覚えておくと良いかも。

それにしても、出発30分前には満席になるというのは本当なのでしょうか。
バスもいないし客もまばら。10月はすっかり観光シーズンから外れているのですね。


2.JPG

やっと見つけたバスはあの青いヤツ。あそこまで行って一台一台聞いて回りました。
運転手さんには「向こうで待ってて」と言われました。かろうじて英語。

なんだ、観光客なんていないではないか・・・。拍子抜けしてしばらく座って待ちました。

私の周囲にはスパスパ煙草を吸うブルガリア女性がわんさか。
そう。ブルガリアの女性は煙草を吸う人が多かった~。外で立って煙草を吸う姿ばかり。


3.JPG

やっとバスが移動してきました。どうも市民の足って感じのバスですね。


4.JPG

ミニバスの前方に行き先が書かれています。

СОФИЯ」はソフィア、「РИЛА」はリラです。地名は読めないと困ります。
中間にもう一つ名前があるので、どこか経由していくのですね。

「リラの僧院」とは書いてありませんでしたが、私達はリラ村で乗り換えることなく、
このバスで最後まで行きました。


5.JPG

慌てて私達も乗り込みました。自由席です。バス代は1人11レヴァ

バスは予定通り出発しました。観光客らしき欧米人もチラホラ。


7.JPG

のどかで牧歌的な風景が広がります。
ソフィアは街がゴミゴミしているので、こういう風景を見るとホッとしますね。

しかし、予想通りこのバスは地元民の貴重な足らしく、リラ村に到着するまであちこちで停車。

中には、どこかの家の人が荷物だけ運転手に渡し、またどこかでその荷物を別の人に渡すなど、
ただの個人的な運び屋みたいなこともしていました。


8.JPG

リラの僧院まであと31キロ」の看板と共に現れた修道士のような像。
修道士さんか、あるいは僧院を建てたリルスキさんか。


9.JPG

リラ村に着く前に、1つ小さな町を通過しました。もちろん停車。
お土産屋さんもあるように、わずかですが観光客が歩いているのも見ました。
でも本当に小さい所です。車で回っている観光客とか長期旅行者でしょうか。

こうしてあちこちで停車するので、「直通バス」の実質は経由便です。(^^;


10.JPG

こういう寂れたバス停からたまーに一人乗ったり降りたり。


11.JPG

だんだん人が住んでいる町の気配が。ぶどうの東屋(あずまや)が結構あって、美味しそうでした。
バスの中からなので写真が撮れなかったのですが、庭で育てているのはやっぱりバラの花!

周囲の様子が変わってきて、どうやらリラ村に入ったようです。
でも、「」というカントリーな感じは全くなし。ただの郊外の現代的な街並みでした。


12.JPG

リラ村の中心を過ぎてすぐバスターミナルに到着。ここもガラーンとしたバスターミナルでした。
ブルガリアではこれが普通なのかな。

リラの僧院へ行く前に、バスはここで休憩に入ります。私達もバスを降りてトイレ休憩。
トイレは洗面台が壊れていてお水がジャージャー。お陰で和式トイレも水浸しで大変でした。

何にもないバスターミナルですが、時刻表はありました。参考までに。

13.JPG

一番左の列の「заминаващи」は「出発」で、
真ん中の列の「пристигащи」は「到着」。

一番右の「връзки」が、英語翻訳では「ties」と出てよく分からないのですが、
経由便でしょうかね?

私達が帰りにリラの僧院から乗ったバスの到着時刻が載っていないので、
あまりアテにならないかも。やる気のないレトロなブルガリアのバスターミナルです。

結局、リラの僧院へは13時過ぎに到着しました。
posted by サラミ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。