2012年12月07日

ブルガリア3日目 朝のリラの僧院

2012年10月1日(月) 朝のリラの僧院

リラの僧院で朝を迎えました。

僧院では、朝のお勤めを見学するため朝の6時前に起きました。

6時35分、1人の修道士が木をカンカンと叩いて僧院内を周回し始めました。
どうやら今からお勤めが始まるようです。

まだ外が暗い中、急いで私達も教会へ向かいました。

行ってみると、朝のお勤めに参加している一般人は私達2人だけでした。
後は、修道士の方々と、雑務係のおばあさん。

修道士の方々は、この朝も5人か6人といったところ。

実のところ、今修道士はこれだけしかいないのでは?

かつて最盛期には300人位いたそうですから、てっきり今も栄えているのかと思っていましたが、
現代はもうそんな時代ではないのかもしれません。


2.JPG

これは、朝のお勤めが終わった後、さらにズームで撮った写真です。

イコノスタシスの中央の観音開きの扉がよく見えます。黄金の木彫りでそれはそれは豪華でした。
この中央の扉は王門と言うのだそうで、王門の赤い部分は布のカーテンです。
門は、この他に左右にも片開きの扉がありました。(多分南門北門と呼ばれる門)

朝のお勤めは、修道士の方々の歌や聖書の朗読(かな?)などの他にも色々ありました。

イコノスタシスの赤いカーテンと王門がいきなり開き、
ただ1人金色の祭服を着た司祭らしき人が向こうから出たり入ったり。

時に司祭は手にお香入れを持ち、イコンにシャンシャンと振りかけて回ります。
司祭は後ろの方で立っていた私達に近づき、私達にも振り掛けて下さいました。

イコノスタシスの扉の向こう側には、もう一つ部屋があるのが見えました。
後で調べると、そこは至聖所と呼ばれる場所でした。

至聖所の真ん中には屋根付きの祭壇のようなもの宝座)があり、赤いクロスがかけられて
いました。上には大きな十字架や豪華な装飾を施した聖書(福音経)などが。

一瞬、宝座を見て棺桶かと思ったのですが、そうではありませんでした。

お勤めは6時40分頃から始まり、延々と続きました。

正教会にはカトリックやプロテスタントの教会のような正面を向いた椅子がないので、
ずーっと立っていたのですが、さすがに1時間も過ぎた頃にはそぉーっと座ってしまいました。

しかし、たまに司祭が中から出てくるので、その時には慌てて立ち上がったり。

司祭はひたすら色んなことをしています。
宝座の上にあったキンキラの福音経を持ち出して私達の前で掲げたりとか色々。
正教会の世界では、イコンの描き方にしろお勤めにしろ、形式を重要視するようでした。

あそこまで行くともう「形式」じゃなくて「様式美」やな。・・・とはサラミ夫の弁。

今日はソフィアに戻るので、朝8時20分発のリラ村行きのバスに乗る予定でしたが、
あまりにお勤めが長いので、だんだん私もサラミ夫も不安になってきました。

もう1時間以上やっているから、お勤めも間もなく終わるに違いない・・・

という思いで王門を出たり入ったりする司祭を見つめていましたが、
結局8時20分のバスには乗り遅れてしまいました。(^^;

次のリラ村行きのバスは9時発ので、これに乗ればいいか~と予定を変更。
(お勤めの間は会話なんてムリなので、夫とはお互い目配せ。)

8時半を過ぎた頃、聖イヴァン・リルスキの聖遺物を入れた木箱の赤いカバーが
取られ、蓋が開けられました!

私達以外の全員が木箱のそばに寄り、みんな順番にキスを捧げていました。

私はその時、聖遺物はミイラか何かだと思い込んでいたので、
「げげ!ミイラにキス!!」と内心1人衝撃を受けました。

骨にキスというだけでも十分インパクトがあるのですが。

仏教ではお寺の仏像に触るなんてとんでもないという思いが私の中にあるためか、
この正教会の習慣にはどうしても違和感を覚えてしまいました。

そして、司祭が何かをみんなに食べさせて終了。
「キリストの血と肉」の肉であるパン(に見立てた薄い煎餅みたいなもの)だと思います。

その時、司祭は私達の方をチラ見されたのですが(一瞬迷われたのでしょう)、
私達は信者ではないので、邪魔をしないように後ろの方で立って黙って見ていました。

月曜日の朝のお勤めだけが長いのか、それとも毎朝こんなに長いのか。
お勤めは結局8時40分頃までかかりました。全部で約2時間

まさかこんなに時間がかかると思っていなかったので、私達は顔も洗っていないし、
朝食用の食料も部屋のテーブルに散らかしたまま!(さすがに顔は洗ったっけな?)


1.JPG

それでも朝の教会を何とか一枚。
そして最後にリラの僧院の湧水(むちゃくちゃ美味しい!)を飲んで僧院とお別れすることに。

ここからが時間との戦いです。

何しろ、9時のバスを逃したら次は15時発になってしまうのです。
私達は今日の夜マケドニアのスコピエに移動するので、乗り遅れるわけにはいきません。

私は部屋の鍵を博物館の受付の人に返しにいき、夫は大急ぎで3階の部屋に戻り、
私の分の荷物も全部適当にバックパックに突っ込んで食料も合わせて持ち出し。

そして先にバスの運転手の元に行き、2人乗ることをアピール。
5~10分早く出発するかも知れないブルガリアのバスなので、それはそれは必死でした。

こんな中でも、夫は私が残りを食べることを楽しみにしていた昨日のヨーグルト
手に持ってバス停まで行ってくれました。(*^^*)

バスに乗り込んだのは私達のみ。何とか間に合いました。
こうして、1泊したリラの僧院をせわしなく後にすることになったのです。

でも、正教会の儀式の細部まで見ることができ、大変興味深い経験になりました。




posted by サラミ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

ブルガリア2日目 夜のリラの僧院

2012年9月30日(日) 夜のリラの僧院

リラの僧院裏の散策から慌てて帰ってきた時、時刻は午後5時半くらいでした。

かすかに歌声が聞こえてきます。

聖母誕生教会の中に入ると、ちょうどお勤めの最中でした。
(正教会ではミサとは言わないらしい。)

よかった、間に合った!
・・・と思ったのも束の間、荘厳な雰囲気に圧倒されました。

ただただ、薄暗い教会の中でおびただしい数の蝋燭が揺らめき、
そこに、修道士の歌声が響き渡ります。

教会内には、この時間になってもチラホラ見に来る人がいました。
自家用車で来ている人なのか、宿泊する人なのか・・・。

参拝者はみなさん額装されたイコンにキスするのですが、
不信心な私は「間接キスになるのでは?」と思って見ていました。

しかし、教会の外に落ちていた、観光客向けの僧院での注意書きの紙には、

聖イヴァン・リルスキ(僧院を建てた僧)のイコンや聖遺物に手を置くのは禁止。
キスによってのみ尊敬を表わさなければならない。


と書いてありました。へー、そういうものなのですね。

お勤めの時にいた修道士の姿は5~6人といったところ。思ったより少ない。
修道士の人全員が参加しているわけではないのかな?

その後、15分ほどでお勤めは終わりました。
ということは、夕方は通常30分ほどやるようです。

その後、教会の雑務をしているらしい腰の曲がったお婆さんが、
修道士の方の食事を運んだり、蝋燭を消したり、色々と働いていました。

見終わったところで、一旦部屋に戻り休憩することに。


1.JPG

前日にソフィアの中央市場で買った生絞りオレンジジュースで一休み。めちゃウマ!

しばらくして、再び外に出てみました。


2.JPG

たまたま外を歩いていた修道士の方。この方、身長2メートルくらいあると思います。


3.JPG

教会の入口から中の明かりが漏れています。


4.JPG

ほんのちょっとですが、教会内部が見えています。
黄金色と赤いカーテンはイコノスタシスで、右に少しだけ見えている赤くて四角いものは、
聖イヴァン・リルスキの聖遺物が入っている箱です。中には手だか肘の骨が入っているのだとか。


5.JPG

すっかり日が落ちると、中の明かりがよく見えました。

教会の中は昼間も薄暗いので、中はいつもこんな色合いでした。
ほんのちょっとでも、リラの僧院の厳かな感じが伝わるでしょうか。

ウロウロしていたら夜も8時くらいになったので、部屋に戻って夕食タイム。
さすが、この時間になると部屋が寒い~。


6.JPG

中央市場で買ったパンにハムとチーズを挟んでサンドイッチにします。
このパンが乾燥しててボロボロになるので大変でした。(涙)


7.JPG

しかし、苦労して何とか作ったサンドイッチ。結構おいしかった!

僧院の外のレストランは何時までやっているか(あるいは夜営業しているのか)分からないので、
やっぱり食料は持参した方が無難です。


8.JPG

僧院は夜9時で門が閉まるので、その前に再度お外を散歩。
リラの僧院の夜は冷え込みます。完全防備のサラミ夫。

僧院の裏門から外に出ようとしましたが真っ暗で何も見えないので、
僧院内だけをウロウロすることに。


9.JPG

とはいえ、所々工事中ということもあり、それほど荘厳な感じというわけではありませんでした。
そして、思っていたより明かりがあって眩しい。夜空の星もそれほど見えませんでした。

どう見回しても宿泊しているのは私達だけの様子。あるいはもう寝ちゃってるのか。

意外だったのは、この僧院には消防士さんが常駐しているらしく、
その人達がこの時間にお喋りしていたのです。

シーンとしていると思っていた僧院は、そうでもなかった・・・。(^^;


10.JPG

敷地内では、揚げパンを食べている時に遭遇したワンちゃんがウロウロ。
私達、その階段を上がって部屋に戻るんだけど・・・。


11.JPG

人懐っこいワンちゃんは、私達の後を追って3階までついてきました。


12.JPG

部屋のドアの前に座り込むワンちゃん。なんだか健気~。
ごめんよ、キミを部屋の中に入れるわけにはいかないんだよ・・・。(涙)

心を鬼にしてドアを閉め、することもないので寝る支度。
とはいえ、部屋はすごーく冷える上に、水道の水がむちゃくちゃ冷たいっ!

・・・根性で顔を洗って歯を磨きました。

トイレも外なので、寝る前にそろ~っと外に出たら、暗闇にまだあのワンちゃんがいて、
それはもう飛び上がるほどビックリしました。

カワイイけど、やっぱり夜の野犬は怖いんだよぉ~。

寝る時は、掛け布団が毛布2枚くらいしかないので、私はユニクロのウルトラライトダウンを、
夫は真冬に来ているダウンを着て寝ました。(←リラの僧院のためだけに持ってきた。)

この時期はまだ暖房が入りません。
泊まろうと思っている人は心して準備して下さい。(^^)
posted by サラミ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

ブルガリア2日目 リラの僧院の外を散策

2012年9月30日(日) リラの僧院の外を散策

それでは、周囲を少し散策。


1.JPG

これが揚げパン屋と同じ建物の中にあるミニ・マーケット
ディスプレイを見る限り、ブルガリア名物のローズオイルなどのバラ製品も置いているようです。

僧院に宿泊する人は、ここで食料を買ってもいけるワケですね。


2.JPG

さらに進むとオープンエアのレストランがありました。
僧院の周囲では、ここが一番まともに食事できる場所みたいでした。
ツアーの人達もここで食べるのかな?


3.JPG

今は10月で時間も夕方なのでこんなにひっそりとしていますが、夏なら気持ち良いはず。


4.JPG

周囲は見渡す限り緑いっぱいの山。


5.JPG

レストランを過ぎると、右手にホテルが見えました。
Hotel Tzarev Vrah書いてますね

*後で調べたらホテルのサイトがありました。
  画像見たら僧院の宿坊よりかなりキレイで少しショック。
  http://www.tzarevvrah.com/index.php?lang=en

しかし、リラの僧院に泊まれなかったらココに泊まるという手もありますね。
某ガイドブックになぜこのホテルが載っていないのか謎です。


6.JPG

と同時に「レストラン」とも書かれています。ローシーズンはやってるんでしょうか。


7.JPG

これがホテルの真正面です。


8.JPG

ホテルを通り過ぎると、さっきの一番まともなレストランと同じ名前の看板が。
さっきのオープンエアのレストランは、このホテルが経営してるような気がします。

土手を下りた下の方にでもレストランがあるのだろうか?


9.JPG

ポツンと看板がありましたが、BBQしか読めません。


10.JPG

ホテルを過ぎ、レストランの看板も過ぎ、ひたすら歩いていきます。ちょっと日が暮れてきました。


11.JPG

最後に橋を渡るとアスファルトの道路に出ます。そこは車が通っているようでした。


12.JPG

橋の上から見渡すと、山と小川が。すごい山の中にリラの僧院はあるのです。

しかし、時間はすでに夕方5時を回っていました。
人様のブログによると、夕方5時頃から夜のお勤めがあるのだとか。

わー!それを見るためにわざわざ宿泊するのに、それを見逃したらアホやん!
慌ててリラの僧院へと戻ることにしました。

夜のお勤めには間に合うか?


posted by サラミ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

ブルガリア2日目 リラの僧院の外

2012年9月30日(日) リラの僧院の外へ

リラの僧院内は一通り見終わったので、裏門から外に出てみることにしました。


1cat.JPG

門では野良猫がお出迎え。子猫のくせに一丁前の警戒心。


2.JPG

外に出て裏門を振り返るとこんな感じ。正面のデュプニッツァ門とよく似ています。


3.JPG

門を出てすぐ左の方には、カフェかレストランのような所が。日曜日のせいか自家用車多し。


4.JPG

そのすぐ右側に建物が建設中でした。もしかして宿泊施設でもできるのでは。


5.JPG

そしてこれが裏門を出て真正面の景色。このまま建物の横をまっすぐが続いています。
この古いレンガの建物は、手前が食べ物屋さんで、奥はミニスーパーでした。


6.JPG

1866という文字が見えるので、その頃の建物なのでしょうか。


7.JPG

コカ・コーラのパラソルの下では、みなさん揚げパンを食べているようでした。さらに長蛇の列!

今日は車内やリラ村のバスターミナルでちょこちょこ間食しただけだったので、
私達もここで並んで揚げパンを買うことにしました。

買い方は至って簡単で、揚げパン以外にもヨーグルトジャムなどの実物が並んで置いてあり、
それぞれに値札がついているので、それを指さして数を言えばOKです。

 *自家製ヨーグルトは全く甘くないので、ジャムも合わせて買うのがオススメ。


8.JPG

そうして買った揚げパン2個自家製ヨーグルトベリージャム

粉砂糖の容器はテーブルに置いてありますが、が多いのでみんなで取り合い奪い合いの世界。
しかも、容器が黒ずんでいて汚い。ま、この辺はご愛嬌で。(^^;

揚げパンは1個0.5レヴァという安さ。(この時のレートで約26円)
みなさん1人で10個くらい買い込んでいるので、並んでいてもなかなか前に進みませんでした。

ジャムは0.3レヴァ、自家製ヨーグルトは容器が大きくて2レヴァ

ヨーグルトは、もったりとした素朴な味わいで、酸っぱくてとても美味しい!
ジャム1つじゃ足りない量でした。多かったので、半分は次の日の朝食のために残しました。


9.JPG

ちなみに、周囲の方々のマネをして粉砂糖をどっさり振りかけたらこうなりました。

パンは外側の所々がカリッと揚がっていて、その食感が美味しいです。
当然ながら、カリカリ感はパンの形に左右されるので、当たり外れがあります。

サラミ夫はこのパンが気に入って、さらに1個お買い上げ。


10dog.JPG

ここに一匹の野良犬がいました。ここでおこぼれなどをもらって生活しているようです。
ウロウロするので写真がブレましたが、とても賢そうなわんちゃんでした。


11.JPG

しかし、この距離でこんなにワクワク耳を立ててガン見されたら、私なら食事が喉を通りません。
このバックパッカーのお二人は、ものすごい精神力の持ち主だと思いました。


12.JPG

道の向こうにはハッピー・ドーナツというドーナツ屋さんも。
でも夕方なので営業は終了していました。

揚げパンを食べて元気になったところで、まだまだ散策を続けます。
posted by サラミ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

ブルガリア2日目 フレリョの搭@リラの僧院

2012年9月30日(日) フレリョの搭 @ リラの僧院

歴史博物館を見終わった後は、フレリョの搭を見に行きました。


3tower.JPG

14世紀創建当時の面影を残すというこの塔は、1階が土産店になっています。


4.JPG

「外壁の壁画はほとんど退色しておらず・・・」とガイドブックには書かれていましたが、
14世紀に描かれたものが本当にそのまま残っているのか、ちょっと疑問でした。

フレリョの搭は上れるようで、景色を見てみたかったので、1人5レヴァ払って入場しました。


5.JPG

最初は木の階段を上っていきます。
私は高い所が苦手なので、このスカスカ階段もちょっと怖かったです。


6.JPG

中は整備されていて、いきなり中世の鎧がお出迎え。おおおー。


7.JPG

その後も石のらせん階段をグルグル上り、広い所に出るとこんな感じの繰り返し。


8.JPG

途中の窓から見えた聖母誕生教会の丸い屋根。でも窓が小さい。

しかも、窓はみんな閉まってて、ハエが大量に死んでいる・・・。


9.JPG

一番最後に、古い壁画が残っている場所に来ました。でもこれだけ。

なんと、搭には上れるけど、外には出られないのでした。

5レヴァ返せーーー!!と思ったのは言うまでもありません。ガッカリ。


10.JPG

搭から地上に戻ってきて、この1階のお土産屋さんを覗いて終わりました。
でも、お土産も違う場所でポストカードを3枚買うだけでした。(3枚で2.2レヴァ)

フレリョの搭は、今後の発展に期待。(発展するのかな?)


posted by サラミ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。