2013年10月17日

旧ユーゴに行く前に読んだ本

アップしようと思って忘れておりました。

バルカン半島旅行の前に読んで勉強になった本を紹介します。

ちなみに、私は普段本はあまり読まないのですが、
読書家のサラミ夫から色々オススメ書を教えてもらったり、
サラミ夫が購入した本が家に死ぬほどあるので、それを読みます。

そして、サラミ夫は旅行に行く前にはその土地の本を買いこみます。

・・・という環境でのお話です。

まず、基本中の基本。

旧ユーゴに行くからには、歴史を知らないとワケが分かりません。

1. ユーゴスラヴィア現代史 (岩波新書)




この本は、本当は最初に読むべきだと思うのですが、私は最後に読みました。

普段本を読まない者、そして世界史の基礎知識がない者にとっては、
スラスラ読める感じではありません。

例えば、スラヴォニアという地名が出てきたりすると、「スラヴォニアってどこだ?」となり、
しかも何回も出てくるのに、その度に忘れていたりします。(地図も載ってるのですが。)

というわけで、私はネット検索で調べたりしながら読むような形となりました。

しかし、新書というボリュームとお値段。地図や年表も豊富だし、
これ以上取っつき易い本となると、ちょっと金額もそこそこになってしまいます。

同じ著者の、図説 バルカンの歴史という本もあるのですが、
定価1,890円には手が出にくく・・・。(でもいまだに興味シンシン。)


見た目も美しい単行本ですが。

岩波新書のユーゴスラヴィア現代史に話を戻しますが、
サラミ夫はとても読みやすい本だと感想を述べていました。(夫は歴史好き)

しかし、これ以上簡単な本など存在しないと思うので、
ユーゴスラビアの近現代の歴史を理解する上では良い本だと思います。


2.旅行人161号旧ユーゴを歩く〜クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、セルビア、
モンテネグロ、コソヴォ




あまり馴染みのない土地を多く紹介している雑誌「旅行人」のバックナンバーです。

旧ユーゴの基本的な問題をサルでも分かるように図解で教えてくれます!
私はこっちを先に読んでから「ユーゴスラヴィア現代史」を読みました。
しかも、とても読みやすいのでユーゴスラビア問題に取っつき易いです。

特に、コソボに行く方はぜひ!
この本がなかったらコソボ解放軍の旗なんか現地で見つけられませんでした。
もちろん、セルビアやクロアチア、ボスニアの話も網羅しています。
あと、バルカンの正教会建築についても詳しく紹介されています。

本は薄めなので現地に持って行ってもいいかも。

旅行人」はもう刊行されていないし、バックナンバーも品薄で人気なので、
在庫のある今のうちに手に入れておかないとなくなりそうな気がします。
実際、今すでに中古の方が高いです。


3.ドキュメント 戦争広告代理店 (講談社文庫)




有名な本です。

広告代理店というタイトルですが本当はPR会社のこと。
PR会社というのがあまり馴染みがないので広告代理店にしたとか。

これは今回の旅行とは関係なく、PR会社に勤めていた友人と夫から
すごい本!」と強く勧められて随分前に読んだものです。

NHKスペシャルのディレクターが著者で、クロアチアに雇われたアメリカのPR会社が
セルビアによる「民族浄化」を演出した、という事実を追うノンフィクションです。

この本で、民族浄化(Ethnic Cleansing)という言葉をこのPR会社が流行らせた
というのを知り、大変衝撃を受けました。(元々あった言葉だそうですが。)
特に、浄化を「クレンジング」としたのには背筋が凍るような戦慄を覚えます。

こうしたメディア誘導があってセルビアは完全に悪者になりましたが、
テレビで報道されていることが本当の事とは限らないんだな、と再確認しました。
(私の場合、上海に来て外から日本の報道を見ていて、余計にそう思うように。)

ユーゴスラビアの歴史うんぬん抜きですごい本だと思います。


4.終わらぬ「民族浄化」 セルビア・モンテネグロ (集英社新書)




著者の木村さんの本は次に挙げる「オシムの言葉」を読んだことがありましたが、
この本ではいかにセルビアだけが悪者に祭り上げられているかが
綿密な取材と共に、延々と述べられています。

この本は最初の「ユーゴスラヴィア現代史」とは違い、わりと著者の感情が入って
セルビアに対して同情的だとは思いますが、一気に読んでしまいました。

これを読んでからコソボに行くと、コソボの人々に対する見る目が変わります。


5.オシムの言葉 フィールドの向こうに人生が見える (集英社文庫)




これも夫のオススメで旅行とは関係なく随分前に読みました。
サッカーの事をまるっきり知らなくても読めます!

私はこの本を読むまで、オシム氏がボスニアのサラエヴォ出身で、
旧ユーゴの最後の代表監督だったということを知りませんでした。

というより、サッカーの世界でこんなすごい人だったとは全然知らなかったのです。
(フツー女性はそんなもんでしょう。^^;)

もちろんこの本は「オシム語録」なので素晴らしい言葉がたくさん出てきます。

しかし私はやはり、ユーゴスラビアが崩壊していくのをオシム氏が代表監督として
目の前で見るどころかモロに自分に降りかかって運命の波に呑まれていくという、
そのドラマティックな人生に驚き、その辺りはもう一気に読んでしまいました。

最後のサッカー・ユーゴスラビア代表の運命も悲劇的です。

そしてもちろん、オシム氏がいかに素晴らしい監督であったかということを知り、
あのままオシム氏が監督を続けていたら日本代表はどうなっていただろう?
と妄想せずにはいられません。今でも残念です。

旧ユーゴスラビアに興味を持つのに良い本だと思います。
そしてオシム氏が絶対に好きになる!(^^)


・・・以上、あんまり本は読まないサラミのオススメでした。


posted by サラミ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 12バルカン5ヵ国(全体) | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

2012年のシェレメチェボ空港

今回の旅行はまたもやアエロフロート・ロシア航空です。

私達が初めてアエロフロートを利用したのは2009年。
以後、モスクワを経由する度にシェレメチェボ空港にお世話になっています。

そして、空港を利用する度にその劇的な変化に毎度驚くわけですが、今回もまたまた(良い方に)変化が!

その様子をさっそくリポートしたいと思います。(←というか単なる自己満足。)

まず、我が家のシェレメチェボ空港の利用ですが、全部上海からの往復です。
その時の様子については、旅行記そっちのけで全てブログに残しています。

1.2009年 オーストリア・ウィーン往復 シェレメチェボ空港 乗継の話

2.2010年 イラン・テヘラン往復 イラン行きアエロフロート  イラン発アエロフロート

3.2011年 プラハin ブダペストout 今年のアエロフロート1  今年のアエロフロート2

とまあ、3年前から毎年1回乗っているわけです。今年で4回目の利用です。


さて、今回の旅行は、ブルガリアのソフィアin、トルコのイスタンブールoutでした。

上海便はいつも、シェレメチェボ空港のターミナルF(昔のターミナル2)から発着します。
(ちなみに成田便はターミナルDです。) 

モスクワ→ソフィア便も同じターミナルFからの出発だったので、往路はターミナル間の移動はなし。

搭乗券に関しては、去年から上海で目的地までの分を一括で発券してもらえるようになったので、
モスクワでトランジットカウンターに並んで搭乗券をもらう必要もなくなり、ひとまず安心。

ただし、帰りのイスタンブールでは、係員の姉ちゃんがモスクワまでの搭乗券しか発券しませんでした。

うちのシステムでは上海までの分は発券できない」と姉ちゃんは言い張ったのですが、
サラミ夫が「そんなワケはない!もう一度確認しろ!」とクレームを付けたら姉ちゃんの勘違いでした。
その後、上海の分まで搭乗券をゲット。

こんなこともありますので、アエロフロートを使う方は気をつけて下さい。(他の航空会社も?)

さて荷物は、以前は重量を計られていた機内持ち込み荷物も「Allowed Baggage」のタグを付けられるのみ。
預けたスーツケースは以前からずっと目的地までスルーで行きます。

いつも問題は、シェレメチェボ空港に到着して空港内に入る時のセキュリティチェック
アホみたいに時間がかかってしまうことです。X線の機械がなんと1台しかないもんで。

でも、去年はトランジットの時間が迫っている人を優先的に通していたので、
(おかげで現場は混乱しまくっていたけど)今回も乗継の失敗はないだろうと思っていました。


イメージ 1

さて今年の写真です。セキュリティチェックの場所を変えたようで、死ぬほど遠くまで歩かされました。
おそらく少なくとも5分は歩いたんじゃないでしょうか。5分って結構な距離ですよ。

そしてみなさん整然と一列に並んでいました。さてこの後どうなるか・・・。


イメージ 2

お?今までどんだけ人が多くても1ヶ所しかなかったセキュリティチェックの場所が2ヶ所に増えている!
ちなみに、何となく薄暗くて片方は電球が切れてるのはさすがロシアと言うべきか。

機械が2台ということは、今までの2倍の速さでサバけるということです。
結果、人もスムーズに流れ、ものの10分ほどの待ち時間で空港内に入ることができました。

今までは、ターミナルの移動がなくても乗り継ぎは3時間位ないと不安でしたが、もう大丈夫です。

もうこれでシェレメチェボ空港を恐れることはない!


一方の復路は、イスタンブール→モスクワ便がターミナルDで、モスクワ→上海便はターミナルFでした。
初めてのターミナル移動です。

まず、ターミナルDに入る時にセキュリティチェック。到着が深夜1時を過ぎていたので空いていました。
昼間だともう少し混み合うのかな。

ターミナルを移動する人は「トランジットカウンター」で次の搭乗券を見せます。
すると、おばさんが「ターミナルFはあっち。」と指図。(言われなくても標識出てるから分かるって。)

私の懸念は、ターミナル間の移動の時にいちいちセキュリティチェックがあるのではないか?
ということでした。何しろ、私達は「D→E→F」と移動せねばならないのですから。


イメージ 3

とりあえず、初めて見るターミナルDです。成田から来る人はここですね。
椅子はすべて、一人ずつ肘掛け付き。

実は、次の上海行きの便は朝の11時頃だったので、新しくてピカピカのターミナルDかEが良さげだったら、
こっちの椅子で寝てから朝にターミナルFに移動しようかと思っていました。
(*ロシアのトランジットホテルが信用できなくて、いまだに利用していません。)

ところが、ここにはターミナルFにあるような肘掛けなしの長椅子がありません。

おそらく、横になって寝るのを防止するためもあるでしょう。
(実際、シェレメチェボ空港では、他の人が座りたいのに平気で寝ていてどかない人は多いです。)


イメージ 4

電光掲示板には、ターミナルDだけでなく、EとFの予定も表示されています。


イメージ 5

深夜なので誰もいないカフェレストラン。とにかく狭いターミナルFのお店と比べると少しゆったりめ。


イメージ 6

ターミナルDを端まで歩くと、隣のターミナルEに続く廊下がありました。
この通り、セキュリティチェックはありません。


イメージ 7

ターミナルEに来ました。上の標識を見て歩いていれば迷うことはありません。


イメージ 8

おおっと!いきなりゴロゴロと寝ている人達がいます!
ターミナルEのこのエリアだけ、なぜか地面が絨毯なのです。

空港で夜を明かす人達にはこの場所が人気と見た!

隈なく見て回ったところ、ターミナルD・E・Fの中で地面が絨毯なのはここだけでした。
(ちなみに、ターミナルAとBは徒歩移動は不可)


イメージ 9

ターミナルEの椅子も1人ずつ肘掛け付きでした。


イメージ 10

驚きは、喫煙ルームがあったこと。

3年前のターミナルF(当時ターミナル2)なんて、至る所に灰皿があって、みんなスパスパ吸っていたのに。
たった3年でロシアも劇的に変化するんやなあ・・・。


イメージ 11

バーガーキングを発見。キリル文字なので新鮮です。


イメージ 12

ターミナルDとEの様子をチェックしつつ、長椅子を探しにターミナルFに向かいます。


イメージ 13

廊下の先には、相変わらず薄暗いターミナルFが。
しかし、私達はこの評判の悪いターミナルFに慣れてしまって、この薄暗さに親近感を感じる始末。


イメージ 14

もう完璧に覚えてしまった、この特等席の長椅子。この場所は端っこだし、暗くて逆に良いのです。

こんなわけで、ターミナル間の移動にセキュリティチェックは不要でしたが、注意すべきは、

ターミナルD→E→Fの移動は死ぬほど遠い!

フライトの遅延などで次のフライトまで30分なんて場合、ちょっとシャレにならない距離です。

成田からアエロフロートでヨーロッパに行く人は、DからFへの移動が比較的多いと思います。
時間に余裕を持ってターミナルを移動しましょう。

ただ、空港は「もう昔のシェレメチェボではない!」と言えるでしょう。格段に使いやすくなりました。
posted by サラミ at 10:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 12バルカン5ヵ国(全体) | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

お土産

今回の旅行先は、ブルガリア・マケドニア・コソボ・アルバニア・トルコです。


イメージ 1

トルコ以外はあまりにもマイナーな国ばかりなので、地図を載せてみました。

有名な観光地はイスタンブール位だったので、お土産も大したものは売っていませんでした。


イメージ 2

そんなわけで、サラミとかチョコレートとか、食べ物ばかりたくさん買い込んでしまいました。
ワインはアルバニア製、ビールはコソボ製。なんだかアヤシイ。


イメージ 3

これなんかは、もうすでに食べてしまいました。美味しかったです!
でも、後で気づいたことですが、表記がドイツ語です。よく見るとオーストリア製でした。


イメージ 4

夫がマグネットにハマッてしまい、今回も随分と買ってしまいました。

赤字に黒い双頭の鷲の旗はアルバニア。まるでアニメに出てくる悪の帝国みたいです。
が、結構気に入っています。あと、上の旭日旗はマケドニア。こちらも力強くて好きです。

マザー・テレサのマグネットやブックマークがあるのは、彼女がマケドニアのスコピエ生まれだからです。

ちなみに、サラミ夫が会社のスタッフの皆さんにこのブックマークを配ったところ、
中国人は誰も彼女のことを知らなかったとか!なんで?

左下のユーロの旗みたいな青色に星マークのキーホルダーはコソボの国旗です。
コソボに至っては、マグネットもありませんでした。これが精いっぱい。

他にもまだ少しありますが、やっぱり今私が一番お気に入りなのは、

イメージ 5

このイスタンブールで見つけたイズニック・タイルのiPhoneケースです!(^^)v

やっぱり人気観光地はお土産もカワイイ。
posted by サラミ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 12バルカン5ヵ国(全体) | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

ロシア式風邪治療法

国慶節休みのバルカン半島旅行から1週間前に戻ってきました。
私は行く前から風邪をひいたりして体調がイマイチで、
結局そのまま旅行に突入してしまいました。

どこも気温差が大きく、日中31℃、夜間12℃みたいな毎日で、結局がぶり返し、
旅の疲れもあって、マケドニアのオフリドではとうとう熱を出してしまいました。

本の虫であるサラミ夫は旅行の時も読書を欠かしません。
私が熱を出したちょうどその時、サラミ夫が読んでいた本は、

米原万里の「ロシアは今日も荒れ模様

そして、偶然にも、ロシアで風邪を治す時の民間療法のくだりにさしかかったのです。

夫曰く、

「本によると、蜂蜜とレモンを混ぜたものを飲み、牛乳にバターを溶かしたものも飲み、
ウォッカを浸して火で炙ったガーゼを油紙で包み、喉の部分と首の後ろの付け根の所に
貼って寝る。
すると、次の日の朝にはすっかり熱は下がっているらしい。」

だそうな。(後で私も本を読むと、「まず抗生物質を飲む」と書いてあるのですが・・・)

そして、これまた本によると、ウォッカを浸したガーゼは温湿布で代用できるらしい。

熱を出した次の日は丸一日バスによる移動日で、一日で治さないとツライだろうということで、
サラミ夫は温湿布によるロシア式治療をぜひ!と勧めてきたのでした。

夜になって重い体を起こし、夫が1人で散策していた時に見つけてきたという薬局に向かいました。

温湿布」って英語で何て言うのだろう?そもそも、温湿布って外国で売ってるのか?
と思いながら。

イメージ 1

色々と買い込みました。

まず、上のFERVEXという薬が正に日本のメディエードのような薬。
ロシア式民間療法の「蜂蜜とレモンを混ぜたもの」はこれで補えるのではないかと思いました。

下の2つはのど飴です。左は強烈に喉が痛い時用、右は喉が乾燥した時用のハーブ入りです。

そして問題の温湿布。


イメージ 2

実は2種類売られており、もう一方の商品は「カプサイシンが塗ってある」という説明だったので、
「そりゃー貼ったら痛いやろうに」と思ってこの商品を選んだのでした。

これが日本の温湿布と同じものなのかどうかは分かりません。

さて、そのまま食事をしに行き、私はとりあえず頑張って野菜スープとサラダなどを食べました。
(スープのメニューが豊富だったのがマケドニアの良いところ!)

そして、ウエイターさんにお願いしてお湯を持ってきて頂きました。

イメージ 3

このようにキチンと用意して下さいました。感謝です。
これでメディエードみたいな薬をグビッと飲み、ホテルに戻りました。

ホテルに戻ってからは私はグッタリしているのですぐ横になり、
サラミ夫が大きな温湿布を半分に切って、 首の前と後ろに貼ってくれました。
(ハサミは私の眉切りバサミだったんですけどね・・・)

本に載っていた「牛乳にバターを溶かしたヤツ」は用意できないのでパスです。
そして、そのまま私は朝までスヤスヤ眠り、朝起きたらスッキリ熱も下がっているはずでした。

ところが・・・。

温湿布を貼って10分くらい経った頃、何だかどんどんヒリヒリしてきたので、
とうとう堪え切れず、 「なんか湿布が痛いから外すで~!」とサラミ夫に告げて
ペリリと剥がしました。あー痛かった。

ところがところが・・・。

剥がしたのにどんどん痛くなる!余りにもジンジン来るので体を丸めて悶絶するサラミ。
剥がしたのにものすごく痛い~!」と訴えると、サラミ夫も気が動転。

それは拭き取らなアカンわ!」とタオルをお湯で濡らして軽く拭き取ってくれるサラミ夫。
しかーし!お湯が沁みて逆に痛い!!
正に辛い物を食べた後スープを飲んで悶絶するアレと同じです。

お湯は痛いと訴えると、今度はタオルを水で濡らして首に巻いてくれるサラミ夫。
今度はむちゃくちゃ冷たくて、ひたすら「冷たい・・・」と言いながら笑うしかないサラミ。

私の喉も首の後ろも、真っ赤っ赤にクッキリと「四角く」腫れ上がっていました。
ロシア式民間療法を勧めたサラミ夫は責任を感じたのか、これまでの結婚生活で
見たことないほど恭しく、かつ甲斐甲斐しく、私の介護に努めてくれました。

そうして首の痛みも少しずつ引き、やっとこさドローンと眠りについたのでありました。

次の日起きたら熱は下がって体も少し楽になっていました。
しかし、それは前の日に飲んだメディエードみたいな薬が効いたのでしょう。
抗ヒスタミン剤が入ってましたから。


イメージ 4

もう一度この湿布に注目。「ストロング&ホット」ってどんだけストロングやねん。

薬剤師さんの説明では、もう一方の商品にカプサイシンが塗ってあるということでしたが、
この湿布の名前に注目すると、カプサイシンが塗り込んであったのはこっちの方じゃないのか?

後になるまで全然気が付かなかった~・・・。(涙)

シャワーを浴びていなかったので、汗のせいで余計にかぶれた可能性もあるかも知れません。

でも、サラミ夫はこの湿布を2つ購入したのです。あと一つ、まだ我が家にあります。
欲しい方がいたら譲ります。(笑)

ということで、とんでもなく大笑いな思い出が一つ出来ました。

posted by サラミ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 12バルカン5ヵ国(全体) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。