2018年03月02日

バチカン図書館の正体は豪華な廊下

いきなりのタイトルですが、要は私のバチカンの予習が甘かったのです。

そもそもバチカン博物館とは、数多くの博物館や美術館や展示室から成る総合博物館なのですが、
博物館と聞くと、世間一般のキチンとした箱型の建物の中に展示された場所だと思いがちです。

しかし、その歴史から考えても分かる通り、元々は宮殿だとかローマ教皇の居室だとか、
別の用途で建てられた古い建築物の中にあれこれと展示してあるのが現在の姿です。

そこに、新しい入口とか新設したエリアもあり、もう何が何だか分かりません。
しかも、「〇〇は今日は閉まっていた」みたいな気まぐれ的な事もあり、余計に謎だらけ。

その、「〇〇は今日は閉まっていた」に見事にブチ当たってしまったのがバチカン図書館でした。

まず、サラミ夫が本好きということで、世界中の図書館に行くのが好きなのですが、
「世界で一番美しい図書館」と呼ばれる図書館とか、古い修道院の図書館、
また歴史のある大学の図書館など、観光ルートから完全に外れている図書館まで巡ってきました。

となると、バチカン図書館なんて聞くと、もう絶対に行きたい!と思うのが自然の流れ。

また、ちょうどお正月の特別番組で(再放送らしかったですが)、俳優の中井貴一さんが
バチカン図書館の中に案内されて伊達政宗がローマ教皇に宛てた書状を見せてもらっていたのですが、
そのあまりに美しい図書館の内装にとても感銘を受けました。

その時に中井貴一さんが案内されていたのは、確かにどこかの豪華な部屋でした。

その記憶を頼りに、実際にバチカンを訪れた時にテレビで見たバチカン図書館を探したのですが、
全然見つかりませんでした。

ルートは、システィーナ礼拝堂の左側の出口を出ると、自動的に道なりにバチカン図書館に続くはず
だったのですが、全然分からないまま、最初に出発した所に戻ってしまいました。(つまり一周)

この時、ものすごく豪華な廊下を通ったので、すんごい煌びやかな廊下だな~と思って、
歩きながらパチッと一枚写真を撮りました。


1.jpg

後から思えば、ここがバチカン図書館の一角だったのだと思います。廊下ですが。


2.jpg

先ほどの写真の右下には天球儀が展示されているのも写っていました。
現地で買ったガイドブックを見ると、バチカン図書館を示すアイコンはこの天球儀でした。


3.jpg

さらに、すぐ先のここのお土産ショップとてつもなく豪華な所にあって面食らったので、
パシャっと一枚撮らせて頂きました。


4.jpg

こちらは上の写真の左側のアップです。

実は、超豪華なお土産ショップの傍にはBIBLIOTECAと書かれた扉があり、
絶対ここがバチカン図書館だーーー!と思って入ろうとしたのですが鍵がかかっていました。

扉はガラスだったのですが中は暗くてよく見えず、多分、反対側から入るのだろうと思い込み、
その場を後にして元の出発地点に戻ってしまったのでした。

あれ~?図書館ってどこやったんかなぁ・・・と、分からないまま、別ルートを巡った後、
2周目に突入。(バチカン博物館の中は一方通行です。)

そして再びシスティーナ礼拝堂(2回目)の左側の出口を出て図書館を目指しますが、
やっぱり豪華絢爛な廊下を通るのみで、テレビで見た図書館は見つかりません。

しかも、どこにも「バチカン図書館(Biblioteca Apostolica Vaticana)」の標示がないのです。
最初に受け取った館内ルートマップにさえ載っていません。

このまま行けば、また出発地点に戻ってしまう・・・。これは誰かに聞くしかない!

というわけで、最初に写真を撮った豪華絢爛なお土産ショップの女性に、
ガイドブックの文字を見せながら「バチカン図書館はどこですか?」と尋ねました。すると、

この辺すべてバチカン図書館ですよ。

・・・え、バチカン図書館って廊下だったんですか・・・?

じゃあ、あのテレビで見た図書館の部屋は一体?

最後の最後まで謎だったので、旅行から戻ってきて調べてみました。

私がテレビで見たあの部屋は、システィーノの間(Salone Sistino)だったようです。
バチカンで買ったガイドブックにはシスティーノ大広間という名前で載っていました。

おそらく、鍵がかかっていたあのガラスの扉がシスティーノの間の入口だったと思われます。

ネットの口コミを拝見すると、閉まっていて入れなかったとの声が多数あったので、
恐らく今は一般開放していないのではないかと思います。だってSalone Sistinoという標示もなかったし。

「図書館」の一般的イメージと、テレビで見た映像のお陰で、バチカン図書館については
ガイドブックを事前に読み込むこともなく、その場所を2回も素通りしてしまいました。(笑)

今改めて地球の歩き方を読み返すと、

この図書館は、「キリスト教美術館」、「図書館の回廊」、「システィーノの間」などを含む
長い廊下と、付随するいくつかの展示室からなり、

と、思いっきり廊下だと書いてありましたwww

しかし、廊下というよりギャラリーと呼ぶようです。

バチカン博物館の中には他にも燭台のギャラリー、地図のギャラリー、タペストリーのギャラリー、
等々がありますが、ここもハッキリ言って廊下です。

じゃ、ギャラリーって何なのだ、と思ってさらに調べると、画廊とかそういうことではなく、
建築においては第一義に、

西欧の世俗建築における部屋と部屋を結ぶ廊下の機能を兼ねる長大な部屋

という説明を見つけたので、そうか、あれは「廊下の機能を兼ねる長大な部屋」なのか、と納得。

バチカン図書館の長い廊下の多くは「キリスト教美術館」ということらしく、
廊下の始めに「アルドブランディーニの婚礼の間」という小さな部屋があったらしいです。

が、私達は「部屋」を探して突っ切って歩いたので、展示物などは全然見ていません。
もったいないことをしましたが、豪華絢爛な廊下は堪能しました。本当にギラギラでした。

その後、バチカン図書館の正体を知った後どうしたかというと、

システィーナ礼拝堂まで戻りました。

なぜかというと、私達はバチカン図書館以外の見たい所はすでに全部見ていたからです。
あとはサン・ピエトロ大聖堂に行くだけ。(クロークに預けた荷物の件は置いといて・・・)

私達はシスティーナ礼拝堂からセキュリティチェックを省略して大聖堂に行こうとしていたので、
そのままバチカン図書館の回廊を進んで出発地点に戻ってしまうと、3周目に入ってしまいます。

その時は午後も遅くなってきて、バチカン図書館の回廊はそれほどの混みようでは
ありませんでした。というわけで、戻りました。距離もまだそんなに行ってなかったし。

係員に止められることもありませんでした。というか、係員はいなかったです。(2月だから?)

で、システィーナ礼拝堂の左側の出口から入らせて頂き、右側の出口から出たという・・・。

間違えるとこういうことになります。システィーナ礼拝堂はすごい人なので、もちろん
どちらの出口にも係員が立っていますが、ここでも止められることはありませんでした。

私達のようにルートを間違えた人は他にもいるようで、他にも逆走している人を
チラホラ見かけました。オンシーズンになると人がもっと多くてムリかも知れません。
(私達はルート間違いというより大きな勘違いでしたが。)

と、こんなわけで、バチカン図書館は長い廊下です。

図書館の正体は豪華な廊下、とタイトルには書きましたが、装飾は素晴らしく豪華絢爛です。
何より、あのお土産ショップは世界一豪華なお土産屋さんではないでしょうか。

バチカン図書館を目指す方はシスティーノの間は開いていないかも知れないので、
豪華な廊下を楽しむつもりで行かれたらいいと思います。




posted by サラミ at 18:05| Comment(0) | 18ローマ・バチカン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。