2017年10月26日

キューバ・メキシコ1日目:メトロポリタン大聖堂の隣

2017年9月29日(金) メキシコシティ メトロポリタン大聖堂の隣

メキシコシティ旧市街の中心広場、ソカロにやって来ました。


1.jpg

しかし、この日のメキシコシティはお天気が悪く、この通りどんよりとした曇り空。
しかも、メキシコシティは高地のため、朝晩は冷え込みます。この日も寒い~!

途中からも降ってきてとても寒かったので、ユニクロのウルトラライトダウンを
着込みましたが、風が吹いていたのでそれでも微妙に寒かったです。


2.jpg

こちらの建物は国立宮殿。現在は大統領の国務室や財務省などが置かれる建物だとか。

前に写っている白いプレハブは、ちょうど数日前に発生した大地震の救援物資を保管する
(或いは配る?)場所だということでした。

そう、私達は9月19日に発生したメキシコシティの大地震から10日目で、
ここメキシコシティに観光にやって来たのでした。

最初は、復興作業の妨げになるのなら、空港からメキシコシティ市内に出るのをやめ、
空港のアエロメヒコのラウンジでキューバ行きフライトを待とうかと思っていました。

なぜなら、当初は自家用車での外出は控えるように通達が出ていたからです。
当然ながらタクシーでの移動も邪魔かと思いました。

しかし、そのうち事態も落ち着き始め、メキシコ観光局が、
「今こそぜひメキシコに観光に来て欲しい」と呼びかけたため、
意を決してメキシコシティ市内まで出ることにしたのでした。

この日ソカロまで来てみると、白いテント以外は人々も至って普通の様子でした。


3.JPG

そしてこちらがメトロポリタン大聖堂。スペイン語ではカテドラル・メトロポリターナ。
堂々とした佇まいです。

この教会の横(写真右側)に広場があってベンチも設置されていたので、
取りあえず一度ここに座って持っていた食べ物を食べてから教会の中に入りました。

事前に調べた情報では、地震の影響で教会の正面入口は閉鎖されているとのことでした。


4.JPG

というわけで、正面の右側から入ることに。
その昔、先住民族にスペインの力を見せつけるためとはいえ、容赦ない荘厳さです。


5.JPG

が、中に入ってみると思っていたより小さく、そして何より新しい。あれ?
メキシカン・バロックという話ではなかったのか。


6.JPG

祭壇に近づいてみましたが、どう見ても新しい。想像してたのと違って少し戸惑いました。

しかし熱心に祈る人々を見ていると、市民に愛される現役の教会だということが実感されました。
みなさん地震の犠牲者や被害について祈っているのではないでしょうか。

あまり時間をかけずにこの教会を後にしました。

しかし、後で気付いたことですが・・・


7.jpg

私達が中に入ったのは、メトロポリタン大聖堂隣の教会だったのでした。

この教会もメトロポリタン大聖堂の一部なのか、全く別の教会なのか、
未だに分かっていません。詳しい方がいたら教えて下さい。

これからソカロを訪れる予定のある方は、勘違いにはくれぐれも気をつけて下さいね。



posted by サラミ at 19:04| Comment(0) | 17キューバ・メキシコ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。