2017年03月22日

2017年のシェレメチェボ空港

今回、4年数カ月ぶりにモスクワシェレメチェボ空港を利用しました。

色々と変化もあったので、ここに記録を残したいと思います。

以下が私達の利用したフライトです。

1月26日(木) SU207  01:15上海発 → 05:55 モスクワ(D)
         SU2184 10:50 モスクワ(E)発 → 11:45 ウィーン着

2月11日(土) SU2317 23:40 ベルリン発 → 翌日04:05 モスクワ(D)
2月12日(日) SU206  09:45 モスクワ(F)発 → 23:20 上海着

(D)とか(F)とかいうのはターミナルで、今回は往復ともターミナルの移動が必要でした。


1.jpg

シェレメチェボ空港のターミナルですが、D~F間徒歩で移動できます。(というか歩くしかない。)

上海から来た私達は、まずターミナルに到着しました。(=昔のターミナル3)
成田から到着するアエロフロートも多分ここにに着くのではないかと思います。

ターミナルに入る時にセキュリティチェックがあるのは昔と同じですが、以前に比べると、
えらく簡素化したのかびっくりする位スムーズに進み、靴を脱がされることはなくなりました。

往路は、次のウィーン行きフライトまで乗り継ぎ時間が5時間あったので、
D・E・Fとウロウロしてゆったりと休めそうな場所を探してみました。


2.jpg

早朝に到着したので閑散としているターミナル。辺りにお店がないせいですが。

確か、ターミナルを移動する時にトランジットカウンターで次の搭乗券を見せていたと
思うのですが、前にこの空港を利用した時には、別にスタンプを押されるとか
何かされるわけでもなかったので、今回はカウンターには立ち寄らずにまっすぐ移動しました。


3.JPG

ターミナルDの間には長~い連絡通路があり、それを渡り切るとターミナルEです。
なんか前にもここに来たなあ、と記憶が蘇ってきました。


4.JPG

なんか、無理やりターミナルをくっつけているのか、たまにこういうスロープがあります。

平面図をチェックするだけでは分からないこの微妙な坂は、荷物があると結構疲れます。
(この空港では小型の荷物カートが見つからないので。)


5.JPG

やっとターミナルEの開かれた場所に出ました。ん?そこに何か設備が・・・。


6.JPG

ミニホテルを発見!カウンターに料金表もありました。
利用は最低4時間からで、以後1時間毎に350ルーブルの追加。

この時の料金表では、シングルだと4時間で3900ルーブルでした。
随分とシェレメチェボも便利な空港になってきましたね。

このホテルは「Vozdushny Express」というらしく、公式サイトもありました。

ホテルは2つあるらしく、ターミナルEと書いてあるのがココのホテルです。
(もう一方のホテルは空港の建物の外なので、ビザがないと宿泊できません。)

カプセルホテルという文字が見えたので、その名の通りカプセル型かと思ったら、
公式サイトの写真を見る限り、バス・トイレ付きの個室でした。

でもまあ、この時は貰ったチラシに部屋の写真がなくてどんな所か謎だったし、
数時間くらいベンチで過ごすのは慣れてしまっていたので、ここには滞在せず。


7.JPG

さらにターミナルを進んでチェック。

バーガーキングとか色々お店もありましたが、高そうなので入っていません。


8.JPG

そしてターミナルFにやってきました。昔の悪名高きターミナル2です。
懐かしい~!この狭い感じ!!

随分と改装が進んで、昔と比較すると照明も明るくなりました!
ベンチもものすごく増えたけど、このターミナルだけは通路が狭いです。(ベンチ追加のせいか。)

ターミナル2の時代からあったトイレも、まだ使い方が悪い(ロシア人の民度の問題か)けど、
大昔に比べれば随分とキレイになりました。


9.JPG

結局、ターミナルDの間の連絡通路が、ベンチがあってお店もなくて静かだったので、
こんな寒々しい景色を見ながら、ボーッと休憩することに。

ここで外を見ていると、こんな極寒の中で働いている人達が見えて恐れ入りました。


一方、復路は、朝の4時過ぎに到着してとても眠かったので、サラミ夫が先ほどのミニホテル
空きを聞いてみたのですが、あいにく満室でした。(当日だしそりゃそうですよね。)

結局、昔のターミナル2が一番寝やすいということで、ターミナルからまで移動し、
肘掛けのない椅子をゲットしてしばし横になりました。(朝方は周囲もこんな人だらけ。)

ただ、あまり遅くまで寝ていると人も増えて迷惑になるので、目覚ましをかけて早めに起きました。

まっすぐDからFに移動するのは15分位余裕をもって見ていた方がいいと思います。
本当に遠いので、荷物が重いと死にそうになります。(死にそうになった人がここに。)

以前ここを利用した時に、床が絨毯のエリアを発見していたのですが、ガッツリ寝たいと思う人は、
多分あそこの方が思いっきり体を伸ばせるので楽なのではないかと思います。

床が絨毯のエリアはターミナルのお店のないガラーンとした場所。うろ覚えですいません。

あと、ペットボトルの水1本でもクレジットカードが使えるのでルーブルがなくても大丈夫です。
私達の場合、1本150ルーブルで2本買い、後で597円の請求が来ていました。高い・・・。

以上、思い出深いシェレメチェボ空港でした。



posted by サラミ at 21:19| Comment(0) | 17ヨーロッパ4ヵ国(全体) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。