2017年03月19日

ヨーロッパ周遊のお土産:食品系

旧正月のお休みを利用して、ヨーロッパ周遊旅行に行って参りました。
サラミ夫が休暇を取れたので、それもくっつけて、なんと18日間という長い旅行でした。

周遊先は、ウィーン・ローマ・フィレンツェ・ミラノ・ロンドン・ベルリンです。

なんだか大都市ばかりですが、真冬の旅なので第一目的がオペラを見ることで、
そうなると、まずオペラを上演している街ということで、こんな行き先になりました。

しかし、その合間に観光もしたしショッピングもしたので、今回もまた
えらくアホみたいにお土産を買ってしまいました。

買った物の数が多かったので、まずは食品関係から紹介したいと思います。


1.JPG

まずは、お決まりのサラミ関係です。ウィーン・ミラノ・ベルリンで購入。
細いソーセージタイプはオーストリアとドイツで充実しています。

一番右の真空パックのドライソーセージは、ウィーンのナッシュマルクトの肉屋さんで買いました。

実は、この他にイノシシの生ハムの塊も購入し、同様に真空パックに入れてもらっていました。
常温で3カ月もつと言われていたのですが、買ってから3週間後、家でさらにビニール袋で包んで
冷蔵庫に入れていたので、そこから出してみたら、真空パックの中でむちゃくちゃカビてました。(涙)

思うに、お店の真空パックが甘かったのと、生ハムの方がサラミより水分が多く、
カビやすかったのだろうと思います。細いドライソーセージの方はカチカチなので大丈夫。

それでも、カビた生ハムを見て恐ろしくなったので、この真空パックのドライソーセージは
パックから出して、一回で食べる量に分けて冷凍保存しました。

これからは、目の前で真空パックにしてもらう生ハムは買うまいと思いました。
肉屋さんのサラミは今までフランスとかでも大丈夫でしたが、生ハムは危険かも。

あるいは、買ったらすぐ食べる!これに限ります。


2.JPG

こちらはウィーンに行く度にスーパーのスパー(SPAR:ダジャレではありません)で買っている
お店オリジナルのグリューワイン(ホットワイン)の素です。ティーバッグ入り。


3.JPG

ミラノのイータリー(EATALY)で死ぬほど買ってしまったリゾット。作り方も簡単。
このメーカーのものがお気に入りですが、なぜかここのヤツだけ他より生産日が古いのが置いてました。
・・・実はあまり売れていないんでしょうか・・・。


4.JPG

他のメーカーのリゾットも買いましたが、こちらの方がほんの少し量が多いような気が。


5.JPG

チョコレートドリンクのホットチョコレート。こちらもイータリーで購入。
バラッティ・エ・ミラノの商品はイタリアらしいパッケージデザインが大好きです。

レモン味のチョコは食べてみて美味しかったので、サラミ夫がまとめ買い。


6.JPG

各種のお茶が大好きなのでロンドンでは紅茶も買いました。

トワイニングのティーバッグ紅茶はロンドンのその辺のスーパーにて。
下の紅茶はピカデリーにあるフォートナム&メイソン本店まで行って買いました。

私は一番お気に入りのロイヤル・ブレンド200gの袋入りを。
本当は100gで良かったのですが、これより少ないのはありませんでした。

その他の詰め合わせのボックスはサラミ夫が購入。


7.JPG

大きい詰め合わせボックスの中身はこちら。各25gです。これをバラで売って欲しい。


8.JPG

小さい詰め合わせボックスはこちら。サラミ夫は色んな紅茶を試してみたかったようです。


9.JPG

こちらは、イギリスでなくてもどこでも買えると思うのですが、
ロンドンのヒースロー空港で、サラミ夫がイギリス・ポンドを使い切るために買いました。


10.JPG

こうして、ベルリンで買ったお皿に乗せて頂きました。
(ドイツ・ブレーメンの紅茶屋さんの商品で、ティーカップは以前ブレーメンで買いました。)


11.JPG

これも、どこでも売っていると思われるリンツのチョコ
でも日本で買うよりはお得です。中国ではもっと高いので、サラミ家ではヨーロッパでまとめ買い。


12.JPG

番外編。角砂糖です。(ちなみに、便宜上ウチにあった中国の豆皿に乗せています。)
これはとてもとても思い出の品なのです。

実は、ベルリン国立歌劇場(工事中のため場所はシラー劇場)でオペラ「魔笛」を見たのですが、
私達は一番前のかぶり付きの席に座っており、目の前に通路があるという舞台セットだったのです。

上演中、度々、出演者の方々が目の前を通りましたが、なんと私はパパゲーノ(という鳥人間の役)
と目が合ってしまい、角砂糖をいきなりプレゼントされてしまいました。

その後、どうしようもなく、角砂糖を握りしめたままオペラを見続けたのは言うまでもありません。

しかし、せっかくの思い出なので、龍角散のど飴の袋の中に取りあえず角砂糖を入れ、
わざわざ持って帰ってきました。食べるわけにもいかないので、記念に写真を撮ったわけです。

以上、食品関係だけで、こんなにアホみたいに買ってしまった今回の旅行でした。



posted by サラミ at 21:58| Comment(0) | 17ヨーロッパ4ヵ国(全体) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。