2016年11月01日

ポルトガルのお土産:非食品系

ポルトガルでは色々とお土産を買いました。

ここにアホみたいに買ってしまった数々の品を紹介したいと思います。
まずは雑貨など、食品以外の物を。


1.JPG

可愛い刺繍のキッチンタオルはポルトのドン・ルイス1世橋のふもとの屋台にて。
一番左はポルトガルの有名なアズレージョと呼ばれるタイルの柄。
アズレージョ柄が気に入って、鍋つかみも買ってしまいました。これも同じ場所にて。

後は、ポルトガルで有名な缶詰の柄のミニノートと、ワインの栓で出来た鍋敷き
私が選んだ物は何だかキッチン用品ばかりになりましたが、鍋敷きはもう使ってます!


2.JPG

一方のサラミ夫はサッカー・グッズも。
右はEURO2016で優勝したポルトガル代表チームタオル。ポルトにて。

下のニット・キャップレアル・マドリードアディダスのコラボ。
マドリードのバラハス空港のオフィシャルショップにて。(特にレアルのファンではないのに。)

その他、キッチンタオルを買ったポルトの同じ場所で、夫は大量の巾着袋を購入。
実は、サラミ夫は旅行用に巾着袋をこよなく愛するのでした。しかしそんなに買ってどうするのか。

その他、やはり夏に使いまくる扇子や、会社帰りにコンビニとかで買物したら・・・、とか言って
可愛いポルトガルの刺繍柄のエコバッグまで購入。そんな可愛い柄を本当に使うんでしょうか。
(そういう巾着袋も相当可愛いが・・・)


3.JPG

こちらはCASTELBEL(キャステルベル)というポルトの石鹸メーカーの固形石鹸。

ポルトで泊まった宿にここのリキッドソープが備え付けてあり、あまりの香りの良さに感動。
そして偶然入ったお店に石鹸があり、サラミ夫が食いついて買い求めた・・・というものです。

他にもハンドクリームなどもありましたが、リキッドソープは見つかりませんでした。

ポルトは(というかポルトガルが?)石鹸も有名なようで、他にも良い香りの石鹸がいっぱい。


4.JPG

こちらは一番有名なクラウス・ポルトの石鹸。大き目です。
ついついラベンダーばかり選んでしまうので、今回は珍しいメロンの香りを選んでみました。
とはいえ、色々とミックスされていて、単なるメロンの香りじゃないんだなぁ。奥が深い。


5.JPG

こちらはサラミ夫がこのニワトリ(ガロと言います)が気に入ってお土産屋さんで買った物。
左は小さなベルで右は爪楊枝入れ


6.JPG

リスボンでよく目にした古いトラムの置物。安物で小さいのでちゃっちいです。


7.JPG

イワシの塩焼きが名物料理のポルトガル。
こんなイワシのボールペンもありました。尻尾の部分がペン先です。


8clock.JPG

なぜかサラミ夫が買ったポルトガル国旗柄目覚まし時計。小さめサイズ。

その他、いつものようにマグネットも買いましたが、今回はあまり良い柄に出会えず。


そんな中、実は一番のお気に入りはこちらです。

8.JPG

ジャジャーン!トマールのキリスト修道院のショップで購入したキリスト騎士団グッズ
右は本当はカードホルダーで裏にクリップが付いていますが、私は2つ並べて飾っています。


9.JPG

サラミ夫はさらに、ロゴ入りのノート騎士ボールペン


10.JPG

騎士はちょっと情けない顔をしています。

トマールのキリスト修道院はポルトガルにおけるテンプル騎士団(後のキリスト騎士団)の本拠地で、
ここのショップに行けば、絶対に誰しもが騎士団グッズを買いたくなるはず。(私らだけか?)

まだまだ食品系のお土産が続きます。



posted by サラミ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 16ポルトガル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。