2015年12月08日

NY6日目:メトロポリタン美術館 見学した所

2015年10月7日(水) メトロポリタン美術館 見学した所

朝食を食べた後は、いそいそとメトロポリタン美術館に向かいました。

美術館はアッパー・イーストサイドにあり、私達はその時、セントラルパークを挟んで
反対側のアッパー・ウエストサイドのさらに北のモーニングサイド・ハイツにいました。

セントラルパークより少し上の場所にいたので、そのままバスタクシー
東西の道(Street)をギューンと東に行ってセントラルパークより東の5番街に出て、
そこから南下すれば、美術館はアッサリ到着できたはずです。

が、バスの路線がよく分からないし、元気な時はタクシーはもったいない。
というわけで、NY初心者らしく、地下鉄で遠回りして行くことにしました。

地下鉄1線でタイムズ・スクエア駅まで南下して7線に乗り換え、そこからは東に進んで
グランドセントラル駅まで行き、そこでまた4・5・6線緑のライン)に乗り換えて86丁目駅まで北上。

セントラルパークにも地下鉄通して欲しい。(^^;

遠回りでしたが、タイムズスクエアまでが結構すぐだったので、
時間は距離の割には思ったほどかかりませんでした。

サラミ夫は、午後3時位まで美術館を見た後、ディスカウントストアの
センチュリー21リンカーン・スクエア店に行きたがっていました。

が、私は時間が足りなくて無理だと思っていました。
実際、メトロポリタン美術館巨大過ぎて、省略しまくっても全然見られませんでした。

というわけで、ランチも抜きで、夕方までずーっと美術鑑賞にいそしんだ1日でした。
特大パンケーキを死ぬほど食べてから来て良かったです。(笑)

美術館に到着したのは10時半を回った頃でしたが、
チケット売り場は混み合っていなかった様子。(私は座って待っていました。)

その後、まず1階のミュージアムショップに直行し、



こんな表紙の分厚い本です。

他の人は、みんなスマホに美術館の無料ガイドアプリを入れて見学しているか、
オーディオガイドを借りて見ているので、こんな本を持っている人なんか皆無でした。(笑)

しかし、サラミ家は必ず記念にガイドブックを買うので、それなら先に買ってから見よう
ということになり、持って歩きました。アナログだけど説明が日本語だしね。

リュックなどは預けないといけないのでロッカーで預け、できるだけ軽装にしましたが、
本だけがずっしり。頑張るぞー。

さっそく、サラミ夫が貰ってきた日本語館内案内図を参考に、
見て回る場所と順序を決めました。

日本画家の千住博さんの「ニューヨーク美術案内 (光文社新書)」という本には
ここは展示数が多いので「何を見るか」を決めることが重要だとあります。

また、傑作も多いけど駄作も多いという評判もネットでチラホラ見かけたので、
行きたかったけど時間的にムリそうなエリアはバッサリ切り捨てました。

私達はやはりヨーロッパ美術を優先的に見たいと思いました。
それにコレクションの多いエジプト美術も。

そんなわけで、

アジア美術」、「古代中近東美術」、「アラブ・トルコ・イラン・中央アジア・後期南アジア美術」、
ギリシャ・ローマ美術」、「アフリカ・オセアニア・南北アメリカ美術」「写真」、「楽器」、「素描・版画
(ヨーロッパ)中世美術」「近代・現代美術

これだけ全部飛ばしました。

・・・飛ばしたエリアよりも見学したエリアを列挙した方が少なかったか。(笑)

ホント、もったいないですが、東京ドーム4個分くらいの面積があるらしいので、
1日で全部見ようなんて時間的にも体力的にも無理です。

人が多かったのでカフェにも立ち入っていません。ホンマ見学者が多いわー。

その後、旅行を終えてから「CREA Traveller 2015 Autumn 華麗なるニューヨーク
という雑誌を読んだのですが、ここでも千住博さんが寄稿されていました。

内容は「メトロポリタン美術館、5つのおすすめエリア」でした!

千住さんのおすすめはズバリ、

その一 日本美術
その二 武具 
その三 イスラム美術
その四 中国美術
その五 アメリカ美術

でした。

ガーン!「武具」以外見ていない・・・。
(実は、サラミ夫がゆっくりトイレに行っている間に私だけアメリカ美術をチラ見していたりする。)

千住さんのおすすめにはヨーロッパ美術が全然入っていませんが、
記事を読むとなるほどなーと思う内容でした。

でもまあ、行ったからにはミーハーにゴッホとかフェルメールとか有名絵画を見たいので、
初回はこれで良かったかなーと思っています。

また訪れる機会があれば、次こそは千住さんおすすめのコーナーを。



posted by サラミ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。