2015年11月24日

NY5日目:ルヴァン・ベーカリーのチョコチップクッキー

2015年10月6日(火) ルヴァン・ベーカリーのチョコチップクッキー

今日はハリケーンが完全に去り、晴れ間が出て一気に気温が上がりました。
お陰でアパートの部屋の中も暖かくなりました。(昨日までホンマに寒かった~!)

今日は自由の女神を見に行く予定にしていました。

本当は、朝イチで出発したかったのですが、前日オペラから戻るのが遅すぎて、
あまりにも早起きがツラかったのでやめました。(^^;

結局、朝9:20くらいに家を出て、日曜日に行列が出来ていたすぐ近所のパン屋さんへ。
しかし、火曜日のこの日もすごい人!

場所は74丁目アムステルダム・アヴェニューの北東の交差点近くです。(74丁目沿い)

外観の写真は撮っていませんが、ここは半地下のお店で、中に入るとものすごく狭い!
でも、みんなサクッと買ってすぐ出て行くので回転は速かったです。

Levain Bakery

と、後で調べたら超有名店でした。知らんかった。

何で後で調べたかというと、旅行から戻ってCREA Traveller 2015 Autumn 「華麗なるニューヨーク」 
という本が出ているのを知り、購入したら、このお店が紹介されていたからです。


10.jpg

前の画像の使い回しですいません。私が行ったのはアッパー・ウエストサイド店です。

てっきり「レヴァイン・ベーカリー」と発音するのだと思っていましたが、
フランス語(あるいはフランス名)の発音ですね。

もちろん私達も並びましたが、ほどなく順番が回ってきました。
が、私達はここがなぜ人気なのか全く知らずに並んでいました。(笑)


2.jpg

ショーケースにはパンクッキーなどがずらり。

サラミ夫が正直に、「日曜日に行列を見たので来てみました。オススメは何ですか?」と聞くと、
感じのよい店員さんは、笑顔で丁寧に「うちはクッキーが有名なんですよ。」と教えてくれました。

そしてお姉さんは、個人的には、Dark Chocolate Peanut Butter Chip が好きだとも。

嫌な顔ひとつせず、なんと素晴らしい対応でしょうか。イタリア南仏あたりなら、
どっか行け」って手で追い払われてしまいそうなところですが。(マジで)

クッキーは4種類ありました。

・チョコレートチップ・ウォルナッツ
・ダークチョコレート・チョコレートチップ
・オートミール・レーズン
・ダークチョコレート・ピーナッツバターチップ


1.jpg

ショーケースの左上にあるのがその人気のクッキーです。

私はピーナツバターが苦手なので、チョコレートチップ・ウォルナッツ
ダークチョコレート・チョコレートチップの2種類を選択。

1個4ドルなので結構なお値段ですが、しかしバカでかい。大人のこぶしよりデカい。
1つあたり200g近くあるんじゃないでしょうか。

その他に、朝食用に、Baguette with Butter & Jam(2.5ドル)というヤツと
チョコレートチップ・ブリオッシュブルーベリー・マフィンを購入。

結構な重さになったので一旦アパートに戻り、ちょっとクッキーだけ試食して、
パンとマフィンは持って再度出発することに。


3.JPG

これはチョコレートチップ・ウォルナッツ・クッキー

いや~、クッキー美味しい~!それにしてもデカい。

ここのクッキーは外がサクッとして中はしっとり。でもカントリーマアムとも違います。
クッキーというより堅めのスコーンみたいな感じです。


4.JPG

こちらは写真が不鮮明ですが、ダークチョコレート・チョコレートチップ・クッキー

こちらはチョコ・チャンクがゴロゴロ入っていて、作り立てなのでまだ温かくて少し溶け気味。
それがまた美味しい~!絶妙な食感。

中のチョコレートも甘いけど美味しい。アメリカって何十年も前はチョコ不味かったのになぁ。
でも相当甘いので、甘いのが大嫌いな人には地獄かも。逆に私は大好きでした。(^^)

偶然にも、こんな美味しいものに出会えてラッキーでした。



posted by サラミ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。