2015年11月04日

NY2日目:ニューヨーク近代美術館3

2015年10月3日(土) ニューヨーク近代美術館(MOMA) その3

想像以上に見ごたえのあるMOMAですが、一応近代絵画彫刻は見終わりました。
時間がないので写真の展示はスキップ。残念。

しかし、時差ボケもあって眠かった上に足と腰が疲れてツラかったです。

取りあえず、やれやれと思って次に進むと・・・

1.JPG

PICASSO SCULPTURE」という、ピカソの彫刻・立体展みたいな特別展が。うげーっ!
こっちを見ているのは「Head of a Woman」という作品。

すごい数。これもザッと見ただけなのに時間かかりました。


2.JPG

ピカソのキュビズムの絵画が立体に!いや、逆に立体にしやすいのかな?


3.JPG

Woman with Outstreached Arms」。てっきりだとばかり思い込んでいました。(笑)


4.JPG

Little Horse」。これもかと思っていました。(笑) 勘違いばかり。
しかしシンプルな作品こそ天才!と思います。


5.JPG

一番の勘違いはこちら「Woman in the Garden」。

トサカみたいなのがついていたので、「これ何?」「ニワトリちゃう?」などとサラミ夫と
言い合っていたのでしたが、まさか女性だったとは。凡人には理解できません。


6.JPG

よっ!ってポーズ取ってるのかと思ったら、タイトルは「Bather」、つまり水浴する人です。


7.JPG

こちらは木製。左は「Woman Carrying a Vessel」で右は「Figure」。
右なんて、目とかネジだもんね。 


8.JPG

Head of a Warrior」。アニメのシンプソンズに見えなくもない。あっちがパクッたのか。
兵士がこんな姿になるなんて、ピカソってば素敵すぎる。


9.JPG

Cat」。この尻尾の緊張感がいいね~。


10.JPG

ここまで多いと「ピカソ様、もう勘弁して下さい。」という感じ。本当にすごい。
これ全部「The Bathers」、つまり水浴する人だそうな。水浴する人をよく取り上げるな~。

どんだけパワフルなんでしょうか。天才ピカソにひれ伏してこの展示室を後にしました。

さあ次へ。(まだ結構ある。)


11.JPG

建築デザインプロダクトデザインの展示は、面白かったのですが時間切れで、
ザーッと歩いて通り過ぎた感じで終わりました。もったいないです。(涙)


12.JPG

なんと、キッコーマンの醤油ボトル(小)がありました。
身近すぎてデザイン性なんて考えたこともなかった!

よく見たら、瓶の裏にグッドデザイン賞のマークが付いてるし。
北欧デザインに通じる位シンプルで素敵だなーと改めて気づきました。


13.JPG

デザインした方は榮久庵 憲司(えくあん けんじ)という人らしい。すごい方なのに知りませんでした。
しかも、この醤油瓶が1961年のデザインだなんて、信じられません!

でも確かに自分が子供の頃からすでに家にはこの瓶あったなぁ・・・。

ウィキペディアを見たら、JRA(日本中央競馬会)ロゴもこの方じゃないですか。おお~。

今年お亡くなりになったのですね。残念。こんな世界で認められている方が。


14.JPG

展示の最後の方は昔のレコードプレーヤーとかレコードジャケットとか。
日本製も絶対あると思うのですが、探している時間がありませんでした。


15.JPG

私が好きなものがいっぱいで、ガラクタな感じがすごく惹かれたのですが、
時間がなくてちゃんと見られなかったのが悔やまれます。くーっ!


16.JPG

げげげー。ここにも世紀末ウィーンを感じるようなユーゲントシュティールのポスターが
あるではないかー!と衝撃を受けましたが、時間切れで通り過ぎるのみ。(涙)

ホント、近代絵画より現代アート工業デザインが好きな方はこちらを先に見た方がいいですよ!


17.JPG

そして最後の最後にアンディ・ウォーホル
ポップアートは特別好きというわけでないので、本当にチラ見した位です。


18.JPG

キャンベル・スープ缶」。これは縦4列に展示されるものとばかり思っていましたが、
1つ1つバラバラなので、別にどう展示してもいいのですね。妙に納得。


19.JPG

このマリリンも、どう並べたっていいような気がします。


20.JPG

ダブル・エルビス」。


21.JPG

ジャクリーン・ケネディ Ⅰ」と「ジャクリーン・ケネディ Ⅱ」。


22.JPG

最後には、ウォーホルのセルフポートレート。結構若い時のような。

リキテンスタインもありましたが、ウォーホルも含めてふーんて感じで。
あんまり生で見ても変わりないんだなぁ。

このように、簡単にザッと見て回ろうと思っていたMOMAとんでもなく力作揃い
舐めてかかってしまったことを深く反省したのでした。


この後、サラミ夫は1階のMOMAデザイン&ブックストアにハマり、1時間近くいました。
結局お土産も含めて100ドル近くお買い上げ。マティスのポスターが23ドルしてました。

そういう私は究極に具合が悪くなってしまい、1階ロビーで椅子を見つけ、
座ったままカバンを抱きしめて寝てました。ものすごくしんどかったです。(^^;

千住博さんが著書で書いておられたMOMAでひっくり返りそうになったお話ではないですが、
真剣に見るというのはやっぱり見る方もエネルギーを使うのだと実感しました。

単に時差ボケで疲れていただけではないと思います。

絵を見終わったのは17時より前でしたが、MOMAを出たのは結局17時40分
今日のオペラ20時からです。それまでに夕食も食べないといけないので、急がねば。










posted by サラミ at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。