2015年11月01日

NY2日目:ベアバーガーでランチ

2015年10月3日(土) ベアバーガーでランチ@NY

今日は半日マンハッタンの街歩きの予定でいましたが、ハリケーンの影響で
雨が降り気温が11℃の上にひどい強風だったので、急遽予定を変更。

ニューヨーク近代美術館(MOMA)に行くことにしました。屋内だし。

で、その前にランチへ。

まずは、再び地下鉄でコロンバス・サークルまで移動。


1.JPG

その名の通り、コロンバス・サークルのコロンブス像も見えましたが、
とにかく風が強くて小雨が斜めに降ってきてうっとーしい!!

あまりにもひどいお天気なので、この日は街の写真はほとんど撮りませんでした。

ここからテクテク歩いて辿り着いたのは、東京にもめでたくオープンしたという
ベアバーガー(Bareburger)

私達が行ったのは、313 west 57 street にある店舗。
タイムワーナー・センターからちょこっと南です。(西57丁目通り×8番街の交差点の北西)

土曜日だったのが逆に良かったのか、お店は空いていました。
平日だったら近所のサラリーマンが殺到しているかも知れません。

ベアバーガーはガイドブックにも口コミにもよく出てきますが、ハンバーガーのことに夢中で、
お店そのものについてはちゃんとチェックすることなくやってきました。

ドアを開けるとキチンとお姉さんがテーブルまで案内してくれました。
あ、ファストフードじゃなかったのか。(^^;

間口は狭いものの、ウナギの寝床のように奥まで延々とテーブルがあり、
見た目よりもずっと中は広かったです。テーブルも広々でしかも高い。アメリカに来た~。(笑)


2.JPG

お店はアメリカンな感じです。大人カワイイとでもいうのでしょうか。
ここは夜はバーカウンターにもなるのですね。というか、今も?かな?

テレビではアメリカのカートゥーンが放映中。隣のテーブル席の子供が喜んでいました。


3.JPG

これ、その時は単に「かわいいビールの注ぎ口だな~」と思って見ていたのですが、
旅行を終えてからよく見ると、ブロンクスとか、アメリカのビールもあって懐かしくなりました。


4.JPG

平日の16時~19時はハッピーアワーがあるそうな。「BUY 1 GET 1 FREE」じゃないのですね。


5.JPG

メニューやカトラリー、調味料はこのようにセットされていました。

さて、私達の注文はというと、とてもベアバーガーのメニューに詳しいブログがあり、
それを参考にさせて頂きました。お店までそれを印刷して持って行ったのです。(笑)

言い訳ですが、私らがスマホで検索したりせずにいつも何でも印刷していくのには理由があります。

中国大陸でWi-Fiルーターを借りてもツイッターとかFBとかグーグルとか全部ブロックされるので
全く使い物にならないのです。その上、問題のない中国国外のサイトに接続しても死ぬほど遅い!

というわけで、今回も人様のブログ記事をアナログ式に印刷して持ってきました。(笑)
その方がすんなりいくのです。

で、サラミ夫はその記事を元にして、オリジナルバーガーを注文。
私はガイドブックの曖昧な記憶から、何となくでSUPREMEを注文。


6.jpg

そしてもちろんフレンチフライも。5.85ドル。結構な量です。
薄塩でカラッと揚がっていて美味しかったので何もつけなくてもいけます。


7.JPG

しかし、ディップソースも付いてきます。黄色いのがスペシャルソースで、赤いのが
ケイジャン・ケチャップ。どちらも美味しいですが、私は特に赤いのにハマリました。
一方、サラミ夫はスペシャルソースが好みでした。

しかし、後でお店のメニューを見たら、ソースの欄に「カレー・ジンジャー・ケチャップ」というのが
あったので、ケイジャンと聞いたやつはカレー・ジンジャーの聞き間違いだったのか・・・?

それから、サービスでボトルのお水も頂いたので、ドリンクは注文しませんでした。
体が欲していたのか、ここでお水をゴクゴクと飲みまくってしまいました。

時差ボケで調子が狂っていたのかも知れません。


8.jpg

私の注文した「SUPREME」。11.8ドル黒柳徹子のような姿にびっくり。

実は、メニューには具に「オニオンリング」としっかり書かれていたのですがイメージできず、
お店のお姉さんに質問することもありませんでした。まさかそのままかい!

このままではあまりにも食べにくいので、てっぺんのオニオンリングは外して別で頂きました。

すると、このオニオンリングが美味しい。細かくサクサクした衣が付いていて、
しかも衣にハーブか何かが入っていて味がついており、香ばしいオニオンリングでした。

バンズは想像よりも小ぶりだったように思いますが、高さが半端ないのでボリュームはあります。
しかも、オニオンリングが中にも入っているのです。そしてフレンチフライまでが中に!

炭水化物(イモ)を炭水化物(パン)で挟むというこの凄まじさ。お腹ふくれます。(笑)

そして肝心のパテ。中は結構赤くてしっかりミディアムでした。

分厚いのですが、そこまで霜降りという感じではなくステーキの赤味の肉を挽いて食べた~!
みたいな、俺は今肉食ってるぞ~!みたいな、充実感を味わえるパテでした。

チーズは「コルビー」という種類で、これがびよよ~んと引きまくって味が濃くて美味しい~。

そしてさらに、ちょっと厚めのベーコンがほんのりスモーキーで美味しい!
これがパテの横からたまーにこんにちは~と顔を出すような感じでした。

しかし、私は何たって逆流性食道炎。胃腸はプチ年寄りです。

オニオンリングという揚げ物が3つもあり、ちょっと最後は胃がもたれました。
さらに、ハンバーガーに挟まっていたフレンチフライも揚げ物です。

肉と脂が大好きなガッツリ食べたい系の方には良いかと思いますが、
あっさり系で行きたい人にはこのメニューは脂が多いと思います。

後から思うに、トマトが入ってなかったもんな~。そりゃ脂っこいわな~。


9.jpg

一方のサラミ夫の注文したオリジナルバーガー「BE MY BURGER」です。8.9ドル
iPhoneで画像がブレてしまいました。(涙)

バンズはスプラウト・バンで、お肉はこれもビーフ。その他の具は、
トマトピクルスアボガド(+1.5ドル)・ハバネロ・マヨネーズ(+0.55ドル)です。

ベアバーガーは店舗によってメニューが違うので、サラミ夫が見せたブログ記事に載っていた
ソースはこのお店にはありませんでした。なので相当違うオリジナルになりました。

味の方は、トマトとアボガドのおかげでかなりサッパリと食べられました。
こんな横綱級のビーフパテと張り合えるアボガドのパワーはすごい。

どちらのハンバーガーも食べて思ったことですが、ビールなどお酒が飲みたくなります。
マクドナルドとかその辺のお店とはソースの味が決定的に違ったので、その影響かな。

なかなか美味しいな~とワシワシ食べながらも、サラミ夫が「この値段やもんな。と。

そうです、結構なお値段です。

トータルのお値段は、税金を入れて31.14ドルになりました。

さらに、レシートには「Suggested Tips」として18%20%22%の料金が。
15%、18%、20%のチップを載せるお店が多い中、最低が18%とは強気です。(笑)

結局、50ドルを店員さんに渡し、お釣りの中からチップとして6ドル位置いてきました。
チップも入れてしまうと、単にハンバーガーを食べたとは思えない値段になりました。

ベアバーガーキチンとお食事に行く所という認識で行きましょう。
(その内容がハンバーガーってところが納得しにくいのですが。)

まあでも、上海にベアバーガーはないし、美味しいハンバーガーが食べられて満足でした。
高級フレンチを食べるかのような期待さえしなければ、かなり良いと思います。




posted by サラミ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。