2015年10月29日

NY1日目:ニューアーク空港近くのホテル

2015年10月2日(金) ニューアーク空港近くのホテル

ニューヨーク旅行の1日目は、ニューアーク空港から近いホテルに宿泊しました。

大きな理由は、マンハッタンのホテルの値段がアホみたいに高かったからです。
11平米の安っぽいチェーンホテルが1泊300ドル。無理ー!!

この日は到着が夜遅かったので寝るだけだったし、1泊ですが節約することに。

泊まったホテルは、ニューアーク・ペンステーション近くの

このホテルは空港のすぐそばというわけではないのですが、
空港にもニューアーク・ペンステーションにも無料送迎シャトルバスが運行されています。

ニューアーク・ペンステーションからはNJトランジット1本マンハッタンに行けます。

上海からシカゴ経由でニューアーク・リバティー国際空港に到着した後は、
ホテルの送迎シャトルバス乗り場に行くために、エアトレインというモノレールみたいな
乗り物に乗りました。

ちなみに、ニューアーク空港からの送迎シャトルバス乗り場はP4という場所にあり、
空港周辺のホテルの送迎シャトルバスはみんなここに停まります。

空港のエアトレインの路線図とか説明は、
空港の公式サイト内のここ にPDFファイルがありました。




1.JPG

夜遅かったのでエアトレインはガラガラ。ターミナル間の移動はもちろん無料です。

アメリカン航空は発着がターミナルAなので私達はそこでエアトレインに乗りました。
ターミナルA → ターミナルB → ターミナルC → P4 という順番です。

ちなみに、P4の次はニューアーク空港駅で、ここからNJトランジットアムトラックに乗れます。

さて、P4に到着すると、大勢の人がシャトルバスを待っていました。
取りあえず乗り場に出てみましたが、ロバート・トリート・ホテルのシャトルバスはいませんでした。

そこで、待合いエリア(室内)に戻り、無料の直通電話でホテルに電話しました。

「1どこどこ、2どこどこ。」とえらく小さい音声で案内が聞こえましたが、よく聞こえないので
フロント」と聞こえた方の番号を押すとホテルのフロントに繋がりました。

フロントの人の声もあまり聞こえず何度も聞き返しましたが、「30分かかります。」とのこと。
ホテルに着いたら、このフロントの人ってば本当に声が小さかった・・・笑

この時は例のハリケーンの影響で9℃という寒さの上に強風で、
人が出入りするので自動ドアがしょっちゅう開き、屋内のベンチで座っていても極寒でした。

だって、9℃に対応する服装してないもん。(涙)
ユニクロのウルトラライトダウンは、9℃で強風では厳しいものがあります。

このホテルのシャトルバスは全然来ませんでした。

ロバート・トリート・ホテルはベストウエスタンの系列なのですが、独自にシャトルバスを
運行しているようで、「ベストウエスタン」と書かれたバスに走り寄ってみたら、
それは空港のすぐ近くにあるベスト・ウエスタン・ホテルのシャトルバス。

バスの運転手に「ロバート・トリート・ホテルのバスは別だ」と言われました。

自分達が待っている間に、このベストウエスタンのシャトルバスだけでなく、
マリオットとか、ありとあらゆる送迎バスが2、3回はやってきました。

30分過ぎても来ないので、もう一度フロントに電話しましたが、
バスは出たと言うし、それ以上は何を言っているのか全然聞こえません。

大勢の人達はみんなバスに乗って行ってしまい、最終的にほぼ自分達だけになりました。
そこに、新たに年配のご夫婦らしき2人組がやってきました。

そしてこのお2人が来てから間もなく、やっとシャトルバスがやって来ました。
結局、40分待ちました。寒かったのでツラかったです。

私達はむちゃくちゃ待たされたけど、このお2人は超ラッキー。

シャトルバスは、ホテルまで12、3分ほどで到着。
それほど空港から遠いわけではありません。

乗客と荷物を降ろして、とか時間がかかるにしても、何で片道40分かかるのか不明。

飛行機が22:33着でしたが、チェックインは結局夜中12時半を回ってしまいました。
寝るだけとはいえ、このシャトルバスだけはむちゃくちゃ不満が残りました。

空港送迎のシャトルバスは24時間30分に1本運行」というのは建前で、
利用客の少ない時間は適当にやっている気がします。

ま、タイミングの悪さ、という不運もありましたが。

さて、案内されたお部屋ですが、夜遅いので残っている余り部屋ということにはなりますが、
なんと車椅子アクセスOKの部屋でした。


2.JPG

入ってビックリ。車いすOKバスルーム。むちゃくちゃ広いです。

お湯はちゃんと出ました。シャワーヘッドにボタンが付いていてそこでお湯を止められたり、
体の不自由な人用の工夫がなされていました。


3.JPG

洗面台は高く(これはアメリカだからかと思いますが)、殺風景ですが広々としていました。


4.JPG

ただ疑問は、部屋自体はむちゃくちゃ狭く、バスルームとベッドの間もキツキツです。
このスペースの狭さでは車椅子のままベッドルームからバスルームには移動できません。

車椅子利用の人は、どうやってこの部屋を利用するんでしょうか?

クローゼットは、このベッド脇の小さなスペースに服を掛ける方式ですが、
アイロンまであるし、Wi-Fiも無料でちゃんと繋がったし、チェーンホテルらしい感じです。


5.JPG

ベッドも小さかったです。予約サイトやトリップアドバイザーの投稿写真で見ていたのとは
違うタイプの部屋になりましたね。寝るだけなのでまあいいですけど・・・。


6.JPG

お水とコーヒー・紅茶は無料。冷蔵庫もあります。1泊なら十分です。

ただし、この日は9℃にも関わらずエアコン(セントラルヒーティング)が効きませんでした。

後でニューヨーカーから聞いた話によると、ニューヨークでは(多分2015年の話かな)
10月15日からセントラル・ヒーティングを入れると決められているとか。

なので、この寒さはホテルの問題ではなく、暖房がまだ入らない時期だったのかも。
このホテルの場所はニュージャージー州なので、その辺のことは分かりませんが。

ただ、入浴後は即効で布団に入ったので問題ありませんでした。(笑)

ニューアークはあまり治安が良くないという話でしたが、ニューアーク空港からも、
次の日のニュージャージー・ペンステーションへもシャトルバスを利用したため、
全く問題ありませんでした。(外歩いてないし。)

ちなみに、ニュージャージー・ペンステーションへも24時間毎時0分と30分に運行
はっきりとフロントの人から聞きましたが、私はこれも信用していません。(笑)

夜は断られたという口コミも見たし、あの感じだと、
面倒だと思ったら断りそうな雰囲気でした。

ただし、昼間はやってます。(^^)

興味深いのは、このホテルは昔々は由緒あるホテルだったらしく、
没落したのでベストウエスタンの傘下になったようですね。

朝食会場に昔の大物ゲスト(大統領とか)の写真が飾ってありました。

まあ、この時の料金は朝食付き108ドルだったので、
寝るだけで300ドルを超えるマンハッタンのホテルに泊まるよりは良かったと思います。

そして特筆すべきは、ニュージャージー・ペンステーションからNJトランジットに乗ると、
ニューアーク空港から乗るより大分値段が安くなることです。確か片道が1人5.5ドルとか。

マンハッタンから空港へ行った時は、NYペンステーションから空港までで片道1人13ドル
ですから、空港すぐ近くのホテルに泊まるより少し安く上がります。

いかにもビジネスホテルっぽいですが、安く上げたい人には良いのではないでしょうか。



posted by サラミ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。