2015年10月27日

アメリカン航空でNYへ:ニューアーク→ダラス便

長々とフライトの話ばかり綴ってしまっていますが、今度は復路です。

日程は、

2015年10月9日(金) AA1458 05:00 ニューアーク発 → 07:52 ダラス着      
                 AA127 10:15 ダラス発 → 翌日14:55 上海着

往路はシカゴ経由でしたが、復路はダラス経由です。

今回は、AA1458 05:00 ニューアーク発 → 07:52 ダラス着 のお話です。    

ニューアーク発はなんと早朝5時でした。

前日8日は夜遅くまでオペラを見る予定でロクに睡眠時間が取れないので、
オペラを見た後は、深夜にニューアーク空港に移動してそこで時間を潰しました。

ニューアーク空港ではターミナルAからの出発でしたが、カウンターは3:30からのオープン。

着くと、飲食店はほとんど全部やっておらず、他の乗客の人達はお店の空いているテーブルに
座っていたので、私達もそこで3:30まで座って待ちました。

そして、予定通りチェックインカウンターがオープン。

復路はウェブチェックインが出来なかったので座席がどうなるか心配だったのですが、
ちゃんと事前に指定していた席に座れました。

ウェブチェックインしないと座席指定していても取られちゃう航空会社って結構あるもんね。(^^;

私達はアメリカからの出国も実は未経験だったので、どうやって出国するのか聞いてみると、
いわゆる出国手続きはしないらしく、荷物も上海までスルーだと言われました。

実際、フツーに国内線の乗り継ぎのような感じで済みました。なんだかものすごく不思議。
だって、出国スタンプ押してないもんね。出て行く人はどうでもいいのか。そうなのか・・・。


1.JPG

ニューアーク→ダラス便は、往路のシカゴ→ニューアーク便とは違って少し大きめの機材。
アメリカン航空の運航でした。ボーイング737です。


2.JPG

シートは3-3の至ってフツーのやつ。


3.JPG

個人モニターも付いていました。(サラミ家では付いていない旧型に乗ることが多い。)

ニューアーク→ダラス便は予定通り遅れなく出発。

3時間52分のフライト予定時間でしたが、機長のアナウンスでは3時間半と言っていました。
機材もB737なので行きのように揺れることもなく安心でした。

このフライトも機内食はなくソフトドリンクのみが無料サービスで、
メニューカードがポケットにあったので、期間限定のミニッツメイドを頼んだりしました。

このドリンクサービスが来て、ジュースと大量の氷のコップの2つを受け取った直後
隣の窓際に座っていた姉ちゃんが「トイレに行きたいから場所を空けてくれます?」と頼んできました。

このタイミングで行くんかい。(呆)

本当に直後です。まだカートは通路にいます。姉ちゃん満面の笑顔です。

何が起こったか分からず、思わず2回も聞き返してしまいました。(笑)
姉ちゃん、「今のうちにトイレに行っておいて眠ろうと思って。」と笑顔。そうですか。

困ったことに、氷を紙コップ一杯にくれたので、私もサラミ夫も2人して両手が塞がりました。
しかも、テーブルを元に戻さなければなりません。そして前の人がシートを思いっきり倒してます。

サラミ夫に伝言すると、サラミ夫もドリンクと氷を前にして唖然。

私は紙コップを両手で持ったまま立ち上がろうとしたのですが、前のシートが邪魔で真っ直ぐ立てず、
すぐにバランスを崩して尻もちをつく始末。(^^;

姉ちゃんが「1つ持ちましょうか?」とまたまた笑顔。ええそうして下さい。一応私も笑顔
こうやって何とか姉ちゃんにトイレに行ってもらい、また戻ってきた時にも何とか座ってもらいました。

氷もらわなかったら良かった・・・。(そういう話ではないと思うが。)

ちなみに、姉ちゃんはドリンクを断っていました。
ドリンクが来る前にトイレに行ってくれたらよかったのにな~、と思うのは日本人的考え方?

アメリカ人は主張して当たり前で頼まれる方も「はいどうぞ~っ」て快く席を立つのが普通なのか、
この女の子が何も考えてないタイプなのか、アメリカに詳しい人に聞いてみたいです。

こうして、隣の姉ちゃんに衝撃を受けつつも、爆睡してダラスに到着しました。



posted by サラミ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。