2015年10月23日

アメリカン航空でNYへ:上海→シカゴ便

今回は、初めてアメリカン航空に乗りました。

2015年10月2日(金) AA288 16:10 上海発 → 16:50 シカゴ着  
                         AA4287 19:25 シカゴ発 → 22:33 ニューアーク着  

2015年10月9日(金) AA1458 05:00 ニューアーク発 → 07:52 ダラス着      
                AA127 10:15 ダラス発 → 翌日14:55 上海着

という日程でした。

チケットはC-Tripという中国の旅行会社のサイトで予約しましたが、
座席指定はチケット購入後、アメリカン航空の公式日本語サイトからしました。

荷物は1人23キロ×2個までOKというのがアメリカらしくて有難いです。
が、重さ制限がユルいと買い物しすぎてしまうのが心配。(とか言いつつ買いまくりました。)


さて、出発当日。AA288 16:10 上海発 → 16:50 シカゴ着の便です。

今回は国慶節の当日ではなく2日出発でピーク日を外したおかげで、
上海の空港ではチェックインも出国もスムーズでした。

しかし、出発ゲートのそばにあった自販機でペットボトルの水2本を買ったら、
ボーディングが始まって、ボーディングブリッジに乗り込む直前のところで

なんと水2本とも没収されました。

今買ったばかりなのに!免税品以外の水分は全部没収するそうな。
その事実は、ボーディングの直前にマイクアナウンスで知らされました。

もっと早く言えよーっ!!と怒っても中国なので仕方ありません。恐るべしアメリカ系航空会社。
成田から出発する人も、出発ゲートの自販機で買ったペットボトルは没収されるのでしょうか。


1.JPG

上海→シカゴ便13時間40分のロングフライト。日本発より長くなります。


2.JPG

機材はボーイング777-200で新しい機材。シートは2-5-2で後方だけ2-4-2


3.JPG

私達は2人席を指定したので、隣に他人が座らなくてすごく楽でした。
が、シートピッチは少し狭めかも。小柄な私は大丈夫でしたが。


4.JPG

私達の席は座席指定無料の後方席だったのですが、見渡すと、この中央席のシートピッチが
むちゃくちゃ広い!ここはきっと座席指定が有料だと思うのですが、なんだこの差は!

帰りの便で隣になったアメリカ人の方に聞いたところ、アメリカン航空は、最初から座席の広さで
料金に差をつけるという前提で飛行機を作っているらしく、新しい機材はみんなこんな感じだとか。

だから、エコノミーだからといってみんな等間隔に座席が並んでいるわけではないようです。

そうか、世の中の主流はみんなこういう方向に行っているんだなぁ。
私達が中国系航空会社とか古いのばっかり乗ってるからついていけてないだけで。(笑)


5.JPG

当たり前ながら個人モニターもありますが日本語の映画などは少ないです。上海発だしね。


6.JPG

よく分からんかったのは現在飛行中の地図です。一体私は今どこに?
カナダとアラスカの地名は詳しかったので何とかついていけましたが、それ以外は・・・。

この地図で唯一分かったのはマウント・ラッシュモア(拉什莫尓山)のみ。

客室乗務員は、おばさんと言うよりおばあさんに近い女性や、おじいさんに近い男性、
あとは若い中国系の男女。この男女は中国語を話します。中国系は当然ながら笑顔なし。

成田発のアメリカン航空の口コミを見ると、フレンドリーな乗務員の方が多いようですが、
中国発着のフライトはそういうワケではないようで、みなさん戦闘態勢のようでした。(笑)

多分、中国人をコントロールするのに必死なのでしょう。

空のペットボトルを持って行って「水が欲しい」と言った時は、おじいさんになりかけの乗務員に
TOO BUSY! NOT NOW!!」とキツく言い放たれて退散しました。

目の前に水の容器があるから自分で入れますけど・・・と言いそうになりましたが、
ますます怒りそうだったのでやめました。

おそらく、中国人の要求に全部答えていたら仕事にならなくなるので、
煩わしいことはキツく断っているのだと思います。なんかもう人間扱いされてない感じ。

かと思えば、離着陸時の荷物の置き場などはあまり注意せず、
厳しいのかユルいのかよく分かりませんでした。


食事3回ありました。(1回は軽食)

7.JPG

まず、ドリンクとスナックのサービスがあってから間髪入れずにすぐ食事。

後方の席だったので牛肉&ライスがなくなり、サラミ夫と2人して鶏肉&ヌードルを頂きました。
上海発の便なので水などは全部中国のものですが、中国系よりは美味しかったです。

ワインもの両方頂きましたが、当然ながらどちらもアメリカのワインで飲みやすく、
白は少し甘めでした。

ちなみに、機内食のサービスの後に「食後にコーヒーは?」と来ると思ったら
その後はドリンクサービスは来ませんでした。

欲しかったら呼ぶか後ろに取りに来い、ということみたいです。


8.JPG

その後機内は暗くなり、ほとんどみんな寝ている状態でいきなり配られたボックス
爆睡していたサラミ夫の分も私が受け取りました。

中身はチーズサンド葡萄チョコバー。まあ食べられないことはないです。


9.JPG

あれでてっきり食事が終わりかと勘違いしていたら、着陸2時間前位に朝食が来ました。


10.JPG

こちらは中華ヌードル。また鶏肉かい。


11.JPG

見た目の悪いハムエッグサンド。見た目よりは美味しかったそうです。(byサラミ夫)

この便の機内食に関しては大した感動もなく、ほぼ予定時刻にシカゴに到着しました。
ハリケーンが来ていたので少し心配しましたが、着陸も大丈夫でした。

でもとりあえず、まだシカゴ。これから入国です。



posted by サラミ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。