2014年04月25日

ドイツ2日目 フランクフルトのホテル

2014年1月30日(木) フランクフルトのホテル  (ウィーン・ドイツ旅行6日目)

今回フランクフルトで宿泊したのはホテル・コンチネンタルという3つ星ホテル。

場所はフランクフルト中央駅前で、駅を背にして右端に位置しています。

以前のブログ、フランクフルト中央駅前周辺の治安でも書いたように、
駅前は広い範囲で風俗街なので、色々悩んだ末に予約したホテルでした。

駅近で安全そうなホテルは、他にもインターシティとか、駅正面の左側にも
いい所がありましたが、私達はオペラを見るのが主な目的なので、
トラムの駅から近いこのホテルを選びました。

もう一度、前に作った地図を載せてみます。

FrankfurtHbf_map.jpg

宿泊ホテル」と書いているのがホテル・コンチネンタルです。
駅からは想像以上に近く、駅を出て右を見ると見えていました。

内容的には日本のビジネスホテルといった感じで、フロントやロビーも小さめ。
私達は清潔で寝られればいいという感じなので、このレベルで不満はありません。

ただ、チェックイン担当の若い兄ちゃんが相当やる気のないアホで、
やっぱり価格が安くなるとフロントのレベルも低くなるな~、という感じは受けました。

あと、旧正月のお休み時期だったので若い中国人客をよく見ました。

実は、フランクフルトのホテルを検討していた2013年の12月、急激な円安が進んで
為替相場が1日1円くらい安くなっていく有様で、日によっては1ユーロ=145円くらいに。

いつもは現地通貨建てでホテルを予約するのですが、この時ばかりは、

これでは現地に着いた時に一体ホテル代がいくらになるか検討もつかない・・・

と思ったので、初めてDeNAとか日系の旅行会社のサイトでホテル料金をチェックしまくり、
最終的にこのホテルは楽天トラベルで予約しました。

それだと円建てなので、レートがどうなろうともすぐに金額は変わりませんから。(^^;

しかし、同じ部屋タイプが2泊連続で取れませんでした。

1泊目は「Standard Double / ツインまたはダブル」で7,700円(素泊まり)
2泊目は「Standard Triple / ツインまたはダブル」で5,900円(素泊まり)

という表記で、本当の部屋タイプは何なんだ?という感じでした。(笑)
しかも、トリプルの方がダブルより安いのも謎。

しかし、この時のレートを考えると本当に安く予約することができました。

チェックインの時に印刷した予約確認書を2通見せて、1泊ずつ別々に予約していて
部屋タイプが違うんだけど出来れば同じ部屋で2連泊したい
と希望を伝えると、アホ担当者が何だか悩んでいる様子。

兄ちゃんは出稼ぎの人なのか英語もあまり上手でなく(ドイツ人は英語カンペキなので)
2泊目の予約確認書は今もらっても忘れるので明日よこせとだけ言われました。

私は昔ホテルで働いていましたが、こんなアホは日本のホテルのフロントにはいません。

2泊同じ部屋でという希望は却下されたのかと焦っていたら、たまたま隣にいた宿泊客らしき姉さんが
2泊とも同じ部屋を用意するけど、この紙は明日また持って来てということよ。」
と通訳してくれました。この姉さんがいてくれて良かった・・・。

部屋に行くエレベーターは小さくて遅いリフトが1つのみ。


1.jpg

はカードキーではなく特殊な形でなかなか開きません。
これはホテルの口コミでよく言われていたことです。

ドイツにはよくある形式の鍵らしいのですが、いくらやっても開かず、ガチャガチャしてる時に、
インド人の宿泊客が後ろを通ったので、彼に助けを求めて開けてもらいました。(笑)

インド人曰く、開けるのにコツがいるのだとか。以後、サラミ夫が鍵開け係に。
私は開けられませんでした。(笑)


2.JPG

外観が古いホテルなので部屋も心配していたのですが(何しろ安いし)、この通り改装済みでした。


3.JPG

ベッドの足元にはデスクと椅子と、さらに肘掛け椅子まで。


4.JPG

だらしなく荷物を出したままですいません。この通りスペースもありました。


5.JPG

部屋から入口ドアを見た様子。ドアの左側に見える白いドアがバスルームです。


6.JPG

バスルームは広くはないですがキレイでした。シャワーも可動式。シャンプーは備え付けです。



7.JPG

そしてなんと、バスタブが付いてました。シャワーカーテンもちゃんとあるし。
(ヨーロッパではなぜかシャワーカーテンが付いてない所が結構あります。)


8.JPG

こじんまりとトイレ。清潔だからこれで十分です。


9.JPG

そして洗面台。小さいけどこれも十分です。

フロントの兄ちゃんはアホすぎましたが、いい部屋に通してもらえたので

余談ですが、このホテルは「るるぶ」に小さく載ってたのでビックリ。

るるぶを抱えた語学苦手なカワイイ日本人の女の子があのフロントに出くわしたら・・・
とか想像しちゃうと、なんかるるぶに載せるタイプではないような気もします。(笑)

ですが、アヤシイ通りもあるフランクフルトにあってこの比較的安全な立地は、
女性でも大丈夫ということで、るるぶに載っているのかも知れません。



posted by サラミ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 14ウィーン・ドイツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。