2014年04月21日

ドイツ2日目 ハイデルベルク大学の旧校舎と学生牢入口

2014年1月30日(木)ハイデルベルク大学の旧校舎と学生牢入口
(ウィーン・ドイツ旅行6日目)

ランチの後は、ハイデルベルク大学学生牢に向かいました。
実は、今日も時間が押してしまい、だんだん急ぎ足に。


1.JPG

ハウプトシュトラーセ(メイン通り)に出ました。前方の尖塔は聖霊教会です。
左側にガイドブックに載っていたお店の看板を発見。


2.JPG

黄金の羊が目印のツム・ギュルデネン・シャーフ(Zum Güldenen Schaf)は、
HIP HOTELというホテルの中に入っているようでした。


3.JPG

その名もズバリ「金の子羊亭」です。歴史ある郷土料理レストランだそうな。


4.JPG

地図をたよりにハウプトシュトラーセからグラーベンガッセという道に入るとすぐに、
ハイデルベルク大学旧大学校舎が見えました。の時計塔のある建物が旧校舎です。

ハイデルベルク大学は選帝侯ループレヒト1世が1386年に建てたドイツ最古の大学で、
哲学者のヘーゲルや社会学者のマックス・ウェーバーが教壇に立ったという超名門大学です。

大学校舎はあちこちに点在していますが、この旧校舎は1712年に改築されたもので、
今は中に大学博物館と豪華な旧講堂があります。そして裏には学生牢が。


5.JPG

旧大学校舎を別アングルから。当たり前ですが大学生多し。ガラーンとしているのが大学広場です


6.JPG

旧大学校舎の壁にはハッキリとMUSEUMの文字が見えます。

「〇〇の歩き〇'13~'14」には裏通りのアウグスティナーガッセの入口が紹介されていたので、
それに従って建物の裏側に回りました。


7.JPG

ミュージアムショップと学生牢の旗みたいなのが見えました。でも扉は閉まっています。


8.JPG

行くと、こんな貼り紙が。表に回れと書かれています。工事中なんでしょうかね。

結局、さっきの場所に戻って旧校舎の表側から中に入りました。


9.JPG

と、なんじゃこりゃー!?とビックリ。しかし、すぐにミュージアムショップを発見。
学生牢のチケットもショップで買いました。博物館旧講堂学生牢のセットで3ユーロ

時間に追われていたので、とにかく先に学生牢に行くことに。
ショップの人に教えてもらい、旧校舎の建物の1階を奥まで突っ切って中庭に出ました。


10.JPG

そしてこの看板を発見。出来れば建物表のドアの前にも置いて欲しい。(涙)

それではいざ!(^^)



posted by サラミ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 14ウィーン・ドイツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。