2014年04月16日

ドイツ2日目 コルンマルクトからカール・テオドール橋へ

2014年1月30日(木) コルンマルクトからカール・テオドール橋へ 
(ウィーン・ドイツ旅行6日目)

ハイデルベルク城を見た後は、歩いてカール・テオドール橋を目指しました。
何でも地元の人はアルテ・ブリュッケ(古い橋)と呼んでいるとか。

カール・テオドールはハイデルベルク城の巨大ワイン樽を作らせた例の人です。
選帝侯としてこの街で色々な物を残したようですね。

さて、ハイデルベルク城から歩いて下りてきたらコルンマルクト(Kornmarkt)という
広場に出ました。


1.JPG

この広場、あまりガイドブックには大きく紹介されてませんが、超写真スポットですよ!
振り返ってあまりの絶景にびっくりしました。

しかも、真冬のせいか、朝もや(といってもお昼前ですが)でハイデルベルク城が霞んで
ただただ美しい風景が。人もいないのでリンとした空気が漂っています。


2.JPG

コルンマルクトの中央に立つバロック様式の聖母マリア像と背景にハイデルベルク城

観光案内所で買った日本語ガイドブックには、
1718年ペーター・ファン・デン・ブランデンによって造られた
とありました。

しかし、とても雰囲気の良いコルンマルクトですが・・・

3.JPG

思いっきりアジア人向けに免税店という文字が。興ざめ。

とその時、ハイデルブルク城を入れた広場の写真を撮っていたら、
カメラを向けている先に中国系カップルが入る入る。(^^;

こんなに誰もいないのになぜこの中国系カップルだけがやってくる?
そしてズカズカ邪魔をする?

まあ仕方ない。彼らには少し待とうという感覚がない。
また、邪魔になっているという自覚もない。

というわけで、2人が写真を撮り終わって去るのを待つことにしました。
すると、私達に気づいた彼らがトコトコとこちらにやってきました。

写真撮影を頼まれたので、彼らの写真を撮り、ついでに私達も撮ってもらいました。


4.JPG

完全防寒で2ショット。この時間になっても寒いです。

接してみると、笑顔の感じの良い若いカップルでした。
自分達の写真を確認すると、若い2人は嬉しそうに去っていきました。

うん、中国国内でもそうだけど、彼らに悪気はないのです。(それも問題だけど。)

・・・それにしても、ここまで登場人物はアジア人ばかり。免税店の文字があるワケだわ。(笑)

ここから歩いてマルクト広場まではすぐ。
市庁舎の存在を忘れていて見ずに飛ばしてしまいました。(多分目の前にあったのに。)


5.JPG

マルクト広場聖霊教会。人が少ないですね~。さすが真冬。

聖霊教会は後に訪れることにして、カール・テオドール橋を目指して先を行きます。


6.JPG

時間帯のせいなのでしょうが、お城の方向にカメラを向けるとものすごく美しい日差しでした。


7.JPG

聖霊教会のすぐ近くに、ガイドブックに載っていたツム・リッター・ザンクト・ゲオルク
(Zum Ritter St. Georg)がありました。

観光案内書で買った日本語ガイドブックには
ハイデルベルクで1689年・1693年の大戦火を逃れた唯一の邸宅とありました。

確かに、この建物だけ一段と古い感じがします。

手持ちの本によると、フランドルから逃れてきたシャルル・ベリエという裕福な商人が
1592年に建てたそうで、一番上に聖ゲオルギオスの像があることから騎士の家と呼ばれるとか。

聖ゲオルギオスはドイツ語ではゲオルク、英語ではジョージになりますね。
悪竜退治の伝説で有名な聖人です。


8.JPG

今ではガイドブックに必ず載っているホテル&レストランになっているので、
私達も一応足を止めて見物。

サラミ夫が1階のレストランに入ってみたところ、日本人団体ツアー客だらけだったとか。
おお、ここもアジア人ばかりか。


9.JPG

橋に向かう途中に、これまたガイドブックに載っていたクネーゼルの前を通りました。
ハイデルベルク最古のカフェだそうな。


10.JPG

ハイデルベルクのお土産として必ずガイドブックで紹介されている「ハイデルベルク学生のキス
というチョコレートは、すぐ近くのこちらの店舗で売っている様子。(お店には入っていません。)


11.JPG

カール・テオドール橋が見えてきました。


12.JPG

橋のふもとにはドドーンと塔門が。
西側の塔は牢獄で、東側の塔は拘置所だったとか。


13.JPG

ふもとに猿の像があり、サラミ夫が記念写真。後ろにはカール・テオドール像が。


18.jpg

しかし、実は猿の像の横に、とても小さなねずみの像もあったのです!
人様のブログで後で知ったのでした。こんなに小さかったら現地にいても分からない・・・。


14.JPG

ネッカー川の向こう側の街並みは高級住宅地といった感じ。


15.JPG

そしてお城側(南)はやはりこの日差し。幻想的です。



16.JPG

実は、橋の上で写真を撮っていたら、サラミ夫の後ろを不思議な男性が通りました。


17.JPG

コスプレなのか、どこかの衣装なのか。それより何より、

おじさん、素足で寒くないんですかーっ?

と聞きたかったです。真冬のギャルの制服姿を彷彿とさせましたが、真冬のドイツで素足・・・。

この人が何なのかいまだに謎です。



posted by サラミ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 14ウィーン・ドイツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。