2015年10月18日

グレイズ・パパイヤ

前回、トスカニーニの住んだマンションの写真を撮った場所が
グレイズ・パパイヤ(GRAY'S PAPAYA)だと紹介したので、今回はそのお店の様子を。


1.JPG

場所は、アッパーウエストの1・2・3線72丁目駅(72nd St.)からすぐ。

西72丁目通りとブロードウェイとの角ですが、その辺からアムステルダム・アヴェニューと
交差して名前が変わるので、私はてっきりアムステルダム・アヴェニューとの角だと思ってました。

お店は早朝も深夜もやっていて(多分24時間やっている)、私達は朝10時前に行きました。


2.JPG

お店は意外と小ぎれいでポップです。店員さんはヒスパニック系でした。
日曜の中途半端な時間だったせいかガラガラで、客は私達だけでした。

なんでこのお店に行こうと思ったかというと、宿から近かったので、時間がない時に利用しようと
思ったのはもちろんですが、読んでいた本に出てきたのです!(←ただの単純バカ)



それは、美術館巡りの参考にしようと思って読んでいた千住博さんの

美術案内の本なのですが、「ニューヨークではホットドッグを食べてパパイヤジュースを飲め!
と千住さんが強くオススメされていたのでした。(笑)

実は、この本でオススメされているのはパパイヤ・キングという全く別のお店なのですが、
ホットドッグには絶対パパイヤジュースを飲まなければ!と洗脳されたため、
時間もなかったので近所だったグレイズ・パパイヤへ。

ここが、映画ユー・ガット・メールに出てきたお店だということは後で知りました。
ちなみに、TVシリーズのセックス・アンド・ザ・シティに出てきた別の店舗は閉店の模様。

昔3店舗あったのが、今はここしかないようです。


3.jpg

写真失敗したので小さくご紹介。
意外とメニューが多く(見える)ので何だか目移りしてしまいました。

初志貫徹でホットドッグを注文。確かフランクと表記されていたような。
100%ビーフソーセージだと壁紙に書かれていました。

口コミで見たように、ホットドッグ2本とドリンクで5ドル位のセットにしました。


4.jpg

で、トッピングはどうする?と聞かれましたが、ザワークラフトが好きでないので、
悩んでしまい、とりあえずオニオンと、ザワークラフトも無料なのでちょっとだけ。

よく分からんまま注文し、最後に店員さんがソースをドバーッ!とかけました。(笑)

ドリンクはもちろんパパイヤ・ジュースにしました。


5.jpg

店内はシンプルにカウンターがあるのみ。ワシワシと立ち食いです。
しかし、ドリンクは大きいものの、フランクフルトは小ぶり。一人2個でもいいのでは。


6.jpg

食べてみると、思いっきりチリソース

今から思うに、悩んでいる私達に店員さんが色々薦めてくれたのを、適当に
じゃ、それ」と頼んでチリソースになったのだと思います。(実は頼んだ覚えがなかった。)

支払いの段階でも気づいてなかった・・・。(汗)

*追記:夫は分かっていて注文したとかで、追加料金払ったことも覚えているとか。
     私だけが店員さんの話聞いてなかったのでした。(^^;

私はこのチリソースが好きだったので特に不満もなく完食しましたが、
あまり得意でなかったらしいサラミ夫は美味しくないと文句タラタラ。残念でしたね。

ただ私も、ビーフソーセージよりポークソーセージの方が美味しいのではないかと思いました。

あと、千住さんの本にあったパパイヤ・キングのように、パンをジュージュー焼いてくれないので、
パンも普通のふにゃふにゃしたパンで、食感的にも普通でした。

ま、この値段だし、ホットドッグだし、こんなもんでしょう。

パパイヤジュースに関しては、私は甘くて美味しい~とゴクゴク飲んでいましたが、
南国フルーツにめっぽううるさいサラミ夫はこれまた薄くて美味しくないと一刀両断。

そりゃ、タイとか南国のパパイヤとニューヨークのパパイヤを比べたら絶対負けますわな。


1.jpg

前回紹介したお店の周囲の写真。立ち食いしながらこんな風景が見られます。

時間がなくてサクッと食べたい時には便利ですが、わざわざ来るほどではありません。
・・・というのが私達の感想でした。

あ、ここから西72丁目通りをセントラルパークに向かって歩いていけばダコタ・ハウスです。
・・・でも、私達が行った時は外観補修工事中でネットが張られていました。

・・・やっぱり、わざわざ来るほどではありません。(^^;



posted by サラミ at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。