2014年04月04日

ドイツ1日目 マウルブロン修道院への行き方

2014年1月29日(水) マウルブロン修道院への行き方 (ウィーン・ドイツ旅行5日目)

マウルブロン修道院へは、列車バスを乗り継いで行きました。

シュトゥットガルトからの行き方は、「地球の〇〇方」に書いてある通りでした。

私達はミュールアッカー(Mühlacker)まで列車で行き、そこから700番のバスに乗り換えて
Altes Stadtbad, Maulbronnで下車し、そこから前方に10分ほど歩きました。

が、ネットの口コミによると、同じ700番のバスで、それより先のAlte Post, Maulbronnで下車し
そこから来た道を歩いて戻った人もいるようでした。

私達の場合は、乗った700番バスの運転手さんが「ここだよ」と教えてくれたバス停も
ガイドブックと同じAltes Stadtbad, Maulbronnでした。

ま、どちらのバス停で下りるにしろ、少し歩かなくてはなりません。

列車とバスの時刻表はドイツ国鉄のサイトで全部調べられます。
特に、700番のバスは本数が少ないので、時間が限られる私達は事前にチェックしました。

あと、マウルブロン修道院のサイトのHOW TO FIND USという部分に
地図と交通情報が載っていたので、私はそれも印刷して持っていきました。(英語)


5月~10月の日曜・祝日は「Klosterstadt-Express」という列車が近くに停まると
載っていましたが、私達の訪問時期は1月末だったので、この情報は真っ先に除外。


1.jpg

シュトゥットガルトからミュールアッカーへは、12:19発のRE19506に乗りました。

行先は列車によってハイデルベルクだったりカールスルーエだったりしますが、
この列車はハイデルベルク行きでした。所要時間は39分です。


2.jpg

到着時間予定の12:58頃、「ミュールアッカ~」と見えたような、聞こえたような・・・。
で、慌ててここで降りました。が、何だか様子がおかしい・・・。


3.jpg

駅名が、Mühlackerではなく、Mühlacker-Rößleswegになっている・・・。ガーン!

そこに、中国系の留学生みたいな若い男性がミュールアッカーは次の駅だと教えてくれました。

そうです。あと2分で到着だったというのに、1つ手前の無人駅で降りてしまったのです。
タクシーを呼ぶにも、あまりにも何もない駅でショックを受ける私達二人・・・。(←アホ)


4.jpg

時刻表を見てみると、次のミュールアッカー行きは13:30まで来ないので、
仕方なくホームで30分待ちました。時間ないのに30分のロスは痛い・・・。


5.jpg

しかも、この日は寒くて風もあったのに、風を避けられる場所もないこの作り。
サラミ夫は、手荷物の中に入れていた裏起毛のオーバーパンツを履きました。


6.jpg

30分寒さに耐え、ついに列車がやって来ました。普通のSバーンでした。


7.jpg

が、ミュールアッカーまでの所要時間がたったの1分だったので、乗り込んですぐ降りるハメに。
ウィーンで買った毛皮の防寒用帽子をガッツリと被ってグッタリするサラミ夫。(笑)


8.jpg

本物のミュールアッカーの駅は小さいとはいえ、これ位の規模がありました。


9.jpg

ミュールアッカーは「Mühlacker」です!!間違えたアホ夫婦がここに。


10.jpg


30分予定より遅れてミュールアッカーの駅前に出ると「Busbahnhof」の標識が。
これに従って左に進みます。


11.jpg

バスターミナルの手前に時刻表があるので次の700番バスをチェック。

予定では、13:08発のバスに乗る予定でしたが乗り遅れてしまい、
次のバスの13:48発に乗りました。これで予定より40分遅れ。(涙)

700番バスの行き先は「Bretten Bahnhof」です。

切符は乗る時に運転手さんから買いました。一人2.2ユーロ

もう下りる所を間違えたくないので、「マウルブロン!」と連呼して修道院に行くことをアピール。
バスは結構空いていたので、運転手さんの真後ろに座りました。

運転手さんに日本人だと英語で言うと、

「プライム・ミニスター(首相)はアベだね。」

と言われ、???安倍さんドイツで何か話題に上るようなことしたっけ???と
疑問に思っていると、なーんと、運転手さんはイスタンブール出身のトルコ人でした。

す、すごい。親日のトルコ人は日本の総理大臣の名前も知ってるのか。


12.jpg

バスはのどかな風景の中を走っていきますが、お天気は雲が多くて微妙。
所要13分で最寄りのバス停に着きました。

降りる前には運転手さんが声をかけてくれ、サラミ夫がトルコ語で「ありがとう」と言って
お互い笑顔で別れるという、何ともほのぼのしたムードでした。


13.jpg

しかし、降りたAltes Stadtbadというバス停はこんな何もない所にあります。

ここからバスの進行方向に向かって道なりに歩いていけば修道院が見えてきますが、
事前に地図をチェックするとかしないと、方向が分からないと思います。


14.jpg

向かいには帰りのミュールアッカー行きのバス停があるので、まずは帰りのバスをチェック。
一応事前に調べてはいたのですが、変更があると困るので再確認しました。


15.jpg

ちょっと大きく載せてみました。マウルブロン修道院近くのAltes Stadtbadからの時刻表です。

到着した今の時間が14時過ぎなので、15時台のバスはキツイです。
遅くても16:37発に乗らなければ、今夜のオペラには間に合いません。
(しかし余りにもギリギリ。)


16.jpg

帰りのバスルートのアップです。Alte Postで降りるとバスに乗る時間が2~3分長くなります。
でも、修道院を通り過ぎてから停まるので、場所は発見しやすいと思います。

間に「Schefenacker」というバス停がありますが、修道院の近くにバス停はないという話なので、
このバス停は(バス停のくせに)停まらないんじゃないかと想像しています。(想像ですけど。)


17.jpg

私達はバス停からひたすら道なりに歩きましたが、全く修道院が見えてきません。
しかし、周囲はドイツの田舎町と言う感じで可愛らしいです。これで天気が良ければなぁ。


18.jpg

最後に、修道院の屋根がこんな形でうっすらと木に隠れて見えてきました!

行ってから分かったことですが、手前のバス停(Altes Stadtbad)で降りると、
修道院の正門ではなく、後ろ側からアクセスすることになります。

しかし、運転手さんもこっちのバス停を示してくれたし、まあこれでいいのでは、と思います。
修道院の看板などは、修道院の間近まで来ないと一切ありません。

正面の門から入りたい方は、さらに前方に歩くか、やっぱりAlte Postで降りた方がいいかも。
Alte Postのバス停はこの目で見ていないので、距離感とか分かりませんが。

バス停から10分ほど歩いたので、私達が修道院に着いた時刻はもう14:20くらいでした。

それでは、急いでマウルブロン修道院を見学します。(涙)



posted by サラミ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 14ウィーン・ドイツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。