2014年03月30日

ウィーン最終日 ザッハトルテ@ホテル・ザッハー

2014年1月28日(火) ザッハトルテ@ホテル・ザッハー

遅い食事をしていたらすっかり夕方になりました。

お店を出ると・・・

1.jpg

オフシーズンで寒いし観光客もいないし、商売全くやる気のない人を発見。


2.jpg

すぐ近くのグラーベン通りにペスト記念柱があったのでついでに見学。
このどんよりした寒空の下にそびえるペスト記念柱って、余計にうすら寒くなりますね。

ペストの終焉を記念して建てられた物はヨーロッパではあちこちで見かけますが、
その時代に生きてなくてよかった~!と思います。恐ろしすぎる・・・。


3.jpg

鳩よけなのか、よく見ると網のようなものがかけられていました。


4.jpg

通り道、ついでにシュテファン寺院も覗いてみました。こちらも寒々しい外観。


5.jpg

中に入ってみたら、これより先には進めない様子。やる気をなくして写真もピンボケ。(涙)
前も1回来たので、チラッと見てすぐに出ました。

その後、今日はウィーン最終日、お土産を買うのは今しかない!ということで、
サラミ夫は、ウィーン国立歌劇場にあるショップ「アルカディア」へ行きました。

私は、あちこち写真を撮りたかったので、サラミ夫が物色している間、外をウロウロ。


6.jpg

こちらがその「アルカディア」です。オペラやクラシックファンは必見!


7.jpg

売っている物のデザインなどは独特です。でも他にはないアイテムがいっぱい。
オペラ「魔笛」のTシャツとか、音符デザインのスプーンとか、モーツァルトのぬいぐるみとか。

サラミ夫はここで、そのTシャツポスターを買っていました。Tシャツはどこで着るのだ???

さて、サラミ夫と合流した後、今晩のオペラ開演までの間どうする?という話になりました。

最終日だし、早めに先にどこかで食事をするかどうか、というサラミ夫に対し、
私は食事よりもザッハ・トルテを食べることを主張しました。

前にオーストリアに来た時にもザッハ・トルテを食べたのですが(その時はザルツブルクで)、
とても美味しかったので、今回はぜひウィーンのホテル・ザッハーで再び食べたかったのです。

というわけで、食事は何か適当に買って、オペラが終わってからホテルの部屋で食べることにし、
いそいそとホテル・ザッハーに向かいました。


8.jpg

もうすっかり夕方のホテル・ザッハー。何度もこの前を通っていますが、入るのは初めて。

しかし、さすがはホテル・ザッハー。ドアを入ってすぐの狭~い通路で人が整然と
並んでいるではないですか。

ドアマンに「上着は奥のクロークに預けて下さい。」と言われ、まず奥に行って有料で預けました。
有料というかチップなんだろうけど、いい商売ですね。

そして、入り口近くに戻って順番にカフェ・ザッハーに案内される・・・はずなのですが、
サラミ夫が、どれどれ、とズンズン中に行ってしまいました。

奥に行くと豪華なラウンジのような所があり、こちらはガラガラ。(当たり前か。)


9.jpg

壁にはここに宿泊した歴代の著名人の方々らしき写真が。

ザルツブルクのホテル・ザッハーにも同じように写真が飾られていたので、
これがホテル・ザッハーらしい内装なのでしょう。

そういえば、ザルクブルクのホテル・ザッハーには今上天皇&皇后両陛下のお写真もありましたね。

ちょろっと見物した後、列に並んですぐに席に案内されました。

見たところ、カフェの窓際のエリアは欧米人客、内側は東洋人客(全員が日・中・韓)と真っ二つに
席を分けて座らせていました。まあ、高級ホテルで観光客多いところはこういうのよくあるけど。

しかし狭い。クロークに上着を預けないと置くスペースは確かにありません。

以前行ったザルツブルクのカフェ・ザッハーがガラガラだったので、
このウィーンの混みように驚愕しまくりました。世界中から来るんだから当たり前か。


10.jpg

メニューは新聞のデザインで、ザルツブルクで見たものと同じ。テーブルの小ささも同じ。

ただ、満席で、隣のテーブルとむちゃくちゃ近く、聞こえてくるのが日本語中国語
中国系の人はアディダスとかのジャージとジャンパーみたいな服装です。いいのか、おい。


11.jpg

私達の席は入口近くで、向こうの席が空いたので撮ってみました。
(でも失敗写真。どこにピント合わしてんねん!)

この反対側は満席で、とてもカメラを向けられる状態ではありませんでした。


12.jpg

たまたまカメラを向けた入り口辺りにフレームインしてきた従業員のお方。
とにかく忙しそうでした。こんだけ客がいればムリもありません。


13.jpg

頼んだのはもちろんザッハトルテとメランジェ。美味しい~。美味しい~。甘いけど美味しい~。
ザッハトルテは4.9ユーロ、メランジェが4.6ユーロでした。

お持ち帰りでも十分満喫できると思うけど、この甘くない生クリームと一緒に食べるのが絶品なので、
やっぱりお店で食べたいなあ、と思うわけです。自分でホイップクリーム作っても
美味しくなさそうだし。


14.jpg

日本のケーキと違って甘いんだけどカカオもしっかりしてるし、
なにより、この膨大な量の生クリームとの相性が抜群です。

いや~、食事抜いてまで来てよかった。(私はここのケーキ好きなので。)

だけど、席が近い隣の若い日本人女性2人の下品な会話が全部丸聞こえで、
ちょっと雰囲気が壊れました。しかも最後その2人はチップ置かずに出ていくし。おーい!

ま、チップだって置く置かないは自由なんですけど。

というわけで、行った時間が夕方だったので混みまくっていましたが、
この時間帯には二度と訪れることはないと思います。

だって、狭いし人の声でザワザワしてものすごくうるさいんだものー。

観光地ってやっぱりこうなのね。



posted by サラミ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 14ウィーン・ドイツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。