2014年03月28日

ウィーン最終日 トゥルツェスニエフスキーでランチ

2014年1月28日(火) トゥルツェスニエフスキーでランチ (ウィーン・ドイツ旅行4日目)

ランチの場所が決まらずにウロウロしていたら、とうにお昼を過ぎてしまいました。
もう普通のレストランだと一旦閉まっている時間。

サラミ夫は、ガイドブックに載っていたトゥルツェスニエフスキー(Trzesniewski) 
というオープンサンドの店に行こうと言い出しました。

場所は、Dorotheergasse 1 という所でアウガルテンからすぐ。カフェ・ハヴェルカの向かいです。


1.jpg

お店の前には立食用のテーブルがありますが、極寒なので誰もいません。
それにしても覚えにくい名前だこと。


2.JPG

店内はこじんまりとしていて、ショーケースにずら~っと並んだオープンサンド
右から順番に見て選んでいき、最後に左端のレジで精算するというカフェテリア方式。

商品の名前と写真が載った札も掲げてあるので比較的分かりやすいです。

グラスワインミニビールもあり、レジで「ヴァイスヴァイン!」(白ワイン)と注文したら、
プラスチックのコインを貰い、ワインのカウンターに移動してついでもらいました。

ま、スターバックスみたいな感じですな。

店内の右側にイートイン・スペースがありますが座席は少ないです。
真冬のこの時間ということで、たまたま椅子席が空いていたので座れました。

しかし、この写真は店内がかなり空いてから撮ったものですが、
私達が注文した時はものすごい混みようでした。ランチ時間を外そうとも関係ない人気ぶり!


3.JPG

店員のおばちゃんの制服姿がとってもカワイイ!
この忙しいお店でみなさんテキパキと働いていました。しかも親切。

オープンサンドはミニサイズで、トッピングは全部ペースト状です。
テーブル席にメニューがありました。

4.JPG

何となくパプリカとかキャロットとかシャンピニオンというのは分かるので、
これはベジタリアン・メニューなのでは。「Ei」は玉子のことみたいです。


5.JPG

Krabbe」はカニに違いない。「Hering」はきっとニシンですね。
Matjes」も確か酢漬けか何かのニシンだったと思います。

とすると、これはシーフードメニューなのでしょうか。


6.JPG

Speck」はベーコンみたいだし、サラミもあるので、これはお肉???
でもタマネギと玉子とかもありますね。うーむ。

さて、私達が注文した品はこちらです。

7.JPG

コーフンして頼みすぎ。でも、美味しかったんです!


9.JPG

アップその1。ちょっとピンボケ。


8.JPG

アップその2。

思わず食べ過ぎてしまいました。いやー満足、満足。(^^)

1つ1ユーロだったか1ユーロちょっとだったか(正確な値段忘れました)で、
ウィーンでは格安のお値段です。白ワインも美味しくて、オープンサンドにピッタリ!

このお店に初日に巡り合っていたら、毎日お持ち帰りで買って帰ったのに。
この美味しさを知ったのがウィーン最終日だったのが残念。(涙)

次回ウィーンに行く機会があれば、ぜひともここに通い詰めたいと思います。



posted by サラミ at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 14ウィーン・ドイツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。