2014年07月23日

南京2日目 金陵飯店の朝食@梅苑

2014年6月1日(日) 金陵飯店の朝食@梅苑

今回の宿泊プランはホテルの朝食がついていました。
チェックインの時、会場は2階だと言われていたのでその通りに2階へ。


1.JPG

プラム・ガーデン(梅苑)という中華料理レストランが会場のようでした。
豪華な場所なのはいいのですが、朝食の時間が9時半で終わるってどやねん。


2.JPG

隣の看板には、南京名物の塩水鴨が。こんな贈答用の立派なのがあるとは。

入口には表情のないザ・ローカルな女性スタッフが立ち、中に通してもらうと、
なんだか会場が狭い。料理も少ない。しかも品切れしてから補充がめちゃくちゃ遅い。

そして、お皿がない。待てど暮らせどお皿が来ない。(怒)

大型ホテルにしては食事している客もえらく少ない。
外国人客は皆無。ローカルなおじさんおばさんが目立ちます。

一応五つ星なので、それなりにまともだろうと思っていたのですが、期待外れでした。


3.JPG

食べたいものが本当に少なくて、ヘンな海苔巻きとか取ってしまいました。
味はローカルのホテルっぽく、ハムとかベーコンとかが不味いです。

もうなんだかガッカリです。地方の3つ星レベル。(地方なのですが。)


4.JPG

一方、パンはローカルにしてはまずまずいけました。
パンが甘くてダメダメなローカルのお店は多いです。

でも、大して食べたい料理はないし、人気そうな料理は補充が来ないし、
ジュースももちろん不味いし、おかわりしたくもありませんでした。

思いっきり不満を募らせて会場を後にしました。


5.JPG

この通り、2階というか中2階みたいな場所でしたが、レストランそばのラウンジは立派です。
ただし、ここをがチュンチュン飛びまくっていましたが。す、すずめ?!ってビックリ。


6.JPG

吹き抜けの1階ロビーを見下ろすと広くて豪華に見えるんですけどね。
中国特有の、ロビーだけアホみたいに広くて豪華絢爛であとはボロい、みたいな。

もうちょっと垢抜けているのかと思っていたけど、ローカルはやっぱりダメですね~。

でも実は、この日の夜ホテルの部屋に戻ったら、「明日の朝食会場は場所が変わります。
との手紙が。そちらのレストランの朝食は同じホテルとは思えないちゃんとしたものでした。

部屋にあった館内案内を見ても、エグゼクティブ・ルームの客は朝食会場が別の場所だったし、
この日のプラム・ガーデンでの朝食は、チェックイン時の案内間違いだったのではないかと、
私は今でも疑っています。途中で気づいて手紙を部屋に入れたのではないかと思うのですが。

どうせなら、2日ともちゃんとした方で朝食を食べたかったな。(涙)



posted by サラミ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 14南京 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。