2014年04月08日

河南省の大気汚染

清明節の休みに河南省(&ちょこっと河北省)へ行ってきました。

色々マイナーな所を回りましたが、観光と関係なく印象に残ったのは大気汚染の深刻さ


henan.jpg

河南省の省都・鄭州の写真です。これは朝の7時半頃。

この時、PM2.5ではなくPM10394という恐ろしい数字になっていました。

PM10というのはPM2.5より大きい物質で、この数値が大きいというのは
明らかに砂埃とかとか目に見える汚染物質が多いということなのでしょうね。

実際、上海でもPM10の数値が高い時は空が白っぽくなることが多いですが、鄭州はひどい。
太陽がまるで日食のようになってしまっていました。

この後、列車に乗りましたが、私は気管支炎持ちなので痰がからんで最後は咳が出てきました。

しかしマスクしている人が少ない。無知と慣れは本当に恐ろしい。

暖房を使わなくなってきた春先でこの空気ということは、秋と冬は一体どんな世界になるのか。

中国の内陸は春先に旅行するに限ります。秋はキツイかも知れません。
そして、この先中国はどうなってしまうのだろう、と本当にそら恐ろしくなった今回の経験でした。



【関連する記事】
この記事へのコメント
まーぼーさん、こんにちは。

恐ろしいのは、大気汚染でもそんなにひどい臭いはしないので、
すぐ具合が悪くなるわけでもなく平気と言えば平気なのです。

対策を講じても今のこの国の体制ではおそらく無理であろうと想像します。
日本もジワジワと影響を受けていると思いますね。
Posted by サラミ at 2014年11月16日 17:06
拝見させていただきました。日本に住んでいるとこのような環境は想像もつきませんね。
「風の谷のナウシカ」を思い浮かびます。
毒ガスマスクを着けていなければ、肺がやられてしまう。
早く対策して人が住める環境に戻す必要がありますね。
Posted by まーぼー at 2014年11月16日 08:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。