2013年10月16日

香港・マカオ2日目 バスで媽閣廟へ

2013年6月9日(日) マカオ バスで媽閣廟(マーコウ廟)へ

マカオについてはほとんど何も事前に予習していませんでした。

地図を見て初めて、マカオって中国本土の珠海と陸続きやったんや~!
ということに気づいた位です。何となくだけだと思っていたのです。
実際は、マカオ半島もありました。(^^;

来る前にマカオに来たことのある友人にざっと回り方を教えてもらったのですが、
世界遺産エリアの中心はセナド広場で、それより南はガラガラだという話でした。

ガイドブックにも観光案内所でもらった地図にも世界遺産巡りのモデルコースは
媽閣廟(マーコウ廟)から始まっているので、私達もそこを目指すことにしました。

ちなみに、マカオの通貨はパタカ(Pataca)ですが、
マカオでは香港ドルがそのまま使えるので両替はしませんでした。

さて、観光案内所でバスでの媽閣廟への行き方を聞くと、建物を出てすぐのバス停から
10番10A番のバスに乗って「媽閣廟」で下車だそうな。料金は3.2パタカ。

フェリーターミナルの建物を出ると、超大型カジノホテルへ行くシャトルバスがたくさんあり、
スラっとしたお姉さん達がホテル名を書いたプラカードを持って立っていましたが、
そこはスルーして普通のバス乗り場へ行きました。


1.JPG

一応バスの番号を再度確認するサラミ夫。

ちなみに、フェリーターミナルの中はエアコン効き過ぎだったので夫は長袖を着ていますが、
外の気温は32℃、湿度83%です。この後は汗だくになりました。


2.JPG

バス乗り場のすぐ近くにタクシー乗り場もありますが、元気なうちはバスで。


3.JPG

バス停には、バスの行き先がしっかり書いてありますので、漢字の分かる日本人なら楽勝かと。
ちなみに、「外港」というのはマカオ・フェリー・ターミナル(つまりココ)です。


4.JPG

無事にバスに乗り込みました。道もキレイです。

てか、このバスに乗っている時はなぜか気づいてなかったのですが、
マカオって右ハンドルなんですね。知らんかった~。


5.JPG

マカオって意外と曲がりくねった道が多く、バスはぎゅんぎゅんカーブを飛ばしていきました。
立派な高層ビルの間に昔ながらの古い建物が混ざり、ものすごく不思議な風景でした。


6.JPG

それほど時間もかからずに媽閣廟に到着。バス停もこの通り分かりやすいです。
このまま前方に歩いていくと、すぐに媽閣廟の前にあるバラ広場(Barra Square)が見えました。


7.JPG

あちこちに観光名所の方向を書いた標識が立っているので観光しやすいです。

過酷な気象条件の中、ここを起点に世界遺産の建物を歩いて回り、
最後には足が棒になって動けなくなった夫婦2人でした。(笑)

次にそのルートをご紹介します。


posted by サラミ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 13香港・マカオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。