2013年09月25日

イスタンブール2日目 アヤソフィアその2

2012年10月7日(日) アヤソフィア その2 (バルカン旅行9日目)

アヤソフィアの2階です。


1.JPG

2階へはこの石畳の通路を上がっていきます。ツルツルなので注意!


2.JPG

2階に上がると1階の身廊が上から見渡せます。さらに、後陣のモザイクも間近で見られます。
それにしても、アラビア書道の額が大きい。

2階のギャラリー階では、漆喰で塗り固められていたモザイク画を見ることができます。

実は、サラミ夫は90年代にイスタンブールに来たことがあったのですが、
その当時は内部はもっとボロボロで、モザイクは修復されていなかったとのことです。


3.JPG

向こうのモザイク画の前に人だかりが。


4deesis.JPG

こちらは「デイシス(Deisis:請願)」と呼ばれるモザイクで、ビザンティン美術の最高傑作だそうな。
この図柄は東方教会のイコンなどによく使われます。


5.JPG

モザイクの右下に、本来はこういう絵だったんだよ、という図がありました。
何でも、最後の審判の場面なのだとか。


6.JPG

中央のハリストス(=キリスト)。12世紀のモザイク(という説)なのに顔がとても立体的。
右手は祝福を表し、左手には福音書が。


7.JPG

左の聖母マリアは奇跡的に顔の部分だけキレイに残っていました。
ちなみに、正教会においては「生神女マリヤ」と呼ばれますね。


8.JPG

右は洗礼者ヨハネ。ハリストスに手を挙げてお願いしているヨハネです。
人間達にあまり厳しい審判を下さないように・・・と。

ベターッとした感じがビザンティン美術の印象ですが、ここのは表情も豊かだし
立体的だし、絵筆で描いたような立派な絵画だと思いました。
(てか、モザイク画も絵画なんだろうけど。)


9.JPG

こちらはサラミ夫によるズーム。ここまで近づくとモザイクだということが分かります。
とても繊細な色使いです。


10.JPG

「デイシス」のモザイクの向かい側には、何やら碑が。


11.JPG

これは「エンリコ・ダンドロの墓碑」だということです。

私はこの人を知らなかったので、後で調べてみました。

ヴェネツィア共和国の第41代ドージェ(元首・総督)で、
第4回十字軍に大きく関わった人です。また出た!第4回十字軍!

どうもこの地で亡くなったようですね。


12.JPG

こちらは「聖母子と皇帝ヨハネス2世コムネノス、皇后エイレーネー(イリニ)」
12世紀の作です。

どうでもいい話なのですが、この左のヨハネス2世ってどんな人?と思って調べたら、
狩猟の時に誤って毒矢を自分に刺して死んでしまった
という最期で、一気に気分が落ち込みました。(^^;


13.JPG

こちらは中央の聖母子。心なしか聖母のお顔が一際明るい色に見えました。
しかも、左右の皇帝夫妻と比較すると、明らかに立体的なお顔です。


14.JPG

こちらは「キリストと皇帝コンスタンティノス9世、皇后ゾエ」。11世紀作です。

このモザイクは、それぞれ顔が作り直されている跡があるそうです。
でも素人が見た限りは、修正の跡はそんなに分かりませんでした。

顔だけちょっと新しいかな~、くらいでしょうか。


15.JPG

コンスタティノス9世。しかし、皇后ゾエは2度離婚しており、
このモザイクは最初の夫のロマノス3世が寄進したものだと言われています。

よって、夫が代わる度に顔を作り直した・・・という噂。
(前夫は2人とも死亡。)


16.JPG

こちらは皇后ゾエ。最初の夫を暗殺したとも囁かれています。


17.JPG

中央はもちろんハリストス(=キリスト)。


18.JPG

ビデオカメラのズームで見る皇后ゾエ

50歳を過ぎて政略結婚させられ、このモザイクの時は相当の年齢だったに違いない。
・・・ところを修正させるあたり、執念のようなものを感じます。


19.JPG

コンスタティノス9世のアップ。最初の顔はどんなんだったんでしょうか。


20.JPG

中央のハリストスのアップ。先ほどの「デイシス」とは違って少し貧相なお顔で私はあんまり・・・。

こうして、バルカン半島で東方正教会を見て回ってきた旅も、ここでクライマックスを迎えました。
モスクも素晴らしいけど、ビザンティン美術も見れば見るほど素敵でハマります。

最後に1階にあったミュージアムショップに立ち寄りました。
アルバニアとは打って変わって、お土産も洗練されて可愛いものばかり。


イメージ 5

私はイズニックタイル柄のiPhoneケースを購入。30リラでした。
今でも愛用しています。


21.JPG

ショップの出口に展示されていた写真集

私はこんなに上手に写真を撮れないので、思わずパシャリ。
アヤソフィアの写真集なら買っても良かったかもなあ、と今になって思ったり。

建物の外の広場にも小さなミュージアムショップがあり、
サラミ夫はそこでTシャツを購入しましたが、これが意外とヒットでした。

いやー、とにかくアヤソフィアは凄かった。
えらく長居してしまったので、予定していた他の場所は諦めることになりました。

残された時間で何とか次へ。


posted by サラミ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 12トルコ)イスタンブール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。