2013年06月25日

香港航空3度目のチェックイン

再び荷物を持ってチェックインカウンターに行きました。(涙)

随分と人だかりが出来てごった返していたので、
私は荷物の見張り番となり、夫が職員に話を聞きに行きました。

が、なんか知らんけど、夫がまたミールチケットをもらって来ました。
向こうが勝手にくれたのでもらってきたとか。・・・ダブリやん。

職員によると、どうやらまだすぐには飛行機は出ないみたいで、

まずミールチケットで食事をしてから空港ホテルに行って待機しろ。」


と言われたそうな。というワケで、荷物を持ってそのままレストランに直行。


pizza.jpg

2階にある上海人家という中華料理屋ののレストランに行きました。やっぱり値段が高い!
写真をご覧の通り、焼き具合が足りず、熱さもクリスピーさも足りず残念でした。冷凍ピザかな。

美味しい中華は香港で、という思いで洋食を選びましたが、やはり空港の洋食はダメです。

サクッと食べて、またまた遠い空港ホテルに向かいましたが、フロントで言われたのは、

「もう部屋がない。」

の一言。な、なんだって~~っ!!(@_@;)

人数分ちゃんと部屋を確保しているのではなかったのか・・・。
甘かった」と自分を責めるサラミ夫。まだまだ中国修行が足りません。(笑)

同時にチェックインしようとしていた香港人の若者も、「ほぇ~っ」って感じで
黙って肩をすくめていました。ここで怒鳴らないところがやはり香港人。

結局、私達はまたチェックインカウンターに戻ることに。
今日一日で、空港ホテルとチェックインカウンターを何回往復していることか。(怒)


checkincounter.jpg

こうなると、もうサラミ夫も黙ってはいられません。

やみくもに怒鳴るのではなく、香港航空がどういう見通しでどういう予定でいるか、
みんなに聞こえるように大声で質問していきました。

ここでまた待たされて、最終的には、別のホテルまでバスで送る
という案が出ました。

この時点で、最初に見かけた欧米人の乗客のうち何グループかは見かけなくなりました。
どうも、払い戻しをして自分で別のチケットを買い直したようでした。

でも、ここまで待って今更買い直しても、そんなに時間的には変わらないだろうと思い、
私達はおとなしく待ち続けることに。

さて、具体的に、

「昼の12時に送迎バスが来るので上海駅近くのホテルに案内する」

と言われました。しゃ、上海駅?オーマイガーーーッ!自宅の方が近いじゃないか。(涙)

なんで空港の近くのホテルじゃないのぉぉぉぉぉ!(涙)
ラマダ・ホテルとかあるやんーーっ!💢

でも、香港航空曰く、「提携ホテルしか案内できません」とのこと。
だったら空港ホテルをちゃんと確保せぇよーーー!(怒)

とはいっても仕方ないので、送迎バスを待つことにします。


hotels.jpg

外に出ると、空港ホテルが見えました。左が満室だった大衆空港賓館で右がモーテル168
モーテル168は香港空港の提携じゃないってことだな。

ここでじーっとバスを待ちますが、バスが一向に来ません。(怒)
イチイチどんだけ待たせるねん、香港航空ーーーっ!

結局予定時間の20分以上も遅れてバスが来ました。


bus.jpg

香港に行くはずが、どんどん自分の家に近づいていくバス。
空港から上海駅までは約1時間のドライブです。

フライトの遅延で、空港から1時間も離れているホテルに連れて行かれるなんて
聞いたことありません・・・。(ーー;)

「もうこのまま家に帰ろうよ・・・」と思わないでもなく。

しかし、上海駅近くのホテルに到着してみると、

marriot.jpg

コートヤードbyマリオット。外資系ホテルでした!

ボロいホテルに連れて行かれるとばかり思い込んでいたので、とっても安堵。

しかし、ホテル側は香港航空からちゃんと話を聞いていなかったようで、
アンタ達誰?みたいな驚いた表情。何でも、香港航空からはメール1本来ただけだったそうな。

確認作業でしばらく待たされて、ようやくお部屋に行くことが出来ました。


marriotroom.jpg

ひ、広い!ここでしばらく休憩して、午後4時にまた空港に向けて出発という話でした。
・・・今日の夕方には香港に着けるかと思っていたのにな。くすん。

ちなみに・・・

view.jpg

ホテルの外はこの通り。上海駅周辺は再開発の真っ最中なのです。

ここで、昨日ほとんど寝ていない私達はしばらく爆睡。さらに私はシャワーも浴びました。

と、フロントから電話が掛かってきて、「ルームサービス頼んでいいよ」とのお知らせが。

サラミ夫によると、こちらが聞いても具体的に金額いくらまでOKとは答えなかったそうで、
じゃあ常識的に、1人1品ということで、2品注文しました。


roomservice.jpg

写真がイマイチなのですが、左がクラブハウスサンドで右がビーフバーガー
本当に写真のせいでイマイチに見えるのですが、これが美味しかったのです!

ビーフハンバーガーのパテの分厚いこと!そしてフライドポテトも美味しい~。
クラブハウスサンドもちゃんとした中国的でない味でした。

さすがは外資、ボリュームがすごくて、クラブハウス2個は大事にぐるぐる包んでお持ち帰りに。
(この先も香港航空が信用できなかったため、食料として。)

この後、フロントから、「4時出発では遅いので今すぐ準備して下さい。」と催促が。
なんだなんだ?飛行機が飛ぶのか?

というわけで、3時45分くらいに1階ロビーに行き、そのまま同じバスで空港へ向けて出発。
バスは何とサラミ家のマンションの横を通って行きました・・・。

なんだかもう、このまま家に帰ってもおかしくないような感覚でした。

そして、やっと空港に到着し、今回3度目のチェックインです!(笑)


HX259D.jpg

今回は、フライト番号の末尾にがついていました。Delayのか?

実は、何だかんだとミールチケットを合計3回も貰ったので、手元に残っていました。

今度は時間がなかったので、私が先にゲート前に行ってフライトの確認をし、
サラミ夫がそのチケットでサンドイッチを買いに行きました。
香港航空の機内食も信用できなかったので。(^^;

ところが・・・

delay.jpg

やっぱり遅れている。(呆)

詳細を聞いても「オペレーション上の問題で少しだけ」としか言わず。

それでも、間もなく17時半過ぎには移動のバスに乗せられ、そのバスの中で待たされ(怒)、
やっとバスを降りて最後は歩きます。


airplane.jpg

なんでタラップの反対側で降ろされたのか謎です。遠いやん。

しかし、乗り込んでからも延々と待たされました。

結局、1時間遅れで飛行機は出発。飛行機に乗り込んでからは1時間半も経っていました。
本来のフライト時間からは、約22時間の遅れです。

私は機内で寝ていたので知りませんでしたが、サラミ夫によると、乗り込んで大分経ってから、
かなりの人数の乗客がまとめてドカドカと乗り込んできたそうです。

サラミ夫曰く、「きっとトランジットの乗客を待ってたんやろうな。」

出発できひんのやったらゲート前で待機させーよ、とサラミ夫と2人で憤慨。
狭い機内に押し込められてからじっと待つのはツライ。

小さな航空会社は1つフライトが遅れるとトランジットにも影響するので、
何でもない他のフライトもジリジリと影響を受けていきます。

大手の航空会社と比較すると、機材もスタッフの数も少ないし、
そういう時にどうしてもリカバリーが難しいのでしょうね。


fly.jpg

やっと飛んだ喜びに思わず一枚。


inside.jpg

この通り、機材は新しくてキレイなんですが、映画などは全然知らないやつばかり。


meal.jpg

機内食はそれなりにちゃんとしたボリュームで出てきました。が、不味かったー。
サラミ夫は大丈夫みたいでしたが、私はこのパイナップルの入った甘酸っぱいソースがキライ。

和え物ゼリー(おそらく菊花入り)も全部ダメで、めったに残さない私が残しました。

この夜、香港に着いてからホテルの部屋でサンドイッチをワシワシと食べたのは
言うまでもありません。

結局、香港の空港には8日の22時頃に到着しました。

激安チケットだったので、こういうことがあっても文句は言えないのですが、
でもまあ、もう2度と使わないでしょうな。(笑)


posted by サラミ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 13香港・マカオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。