2013年04月06日

マケドニア4日目 オフリドの夕食2

2012年10月4日(木) オフリドの夕食2 (バルカン旅行6日目)

私の熱は37.3度。何という中途半端にダルい体温なのでしょう。
というわけで、その後、私はひたすらホテルの部屋で寝ていました。

その間、サラミ夫は1人であちこち散策。
マグネットなどのお土産を買ったり、カフェでコーヒーを飲んだり。

そして、オフリドの夕日を堪能していたようです。

そういう私もふと目が覚めて、「は!サンセット!」と思い出しました。
外を見ると、キレイな夕焼けが。


1.JPG

フラフラとカメラを持ちだして撮影。ちょっと遅かったか。


2.JPG

本当は、湖畔でお茶でもしながらこの夕焼けを見たかったのだけど。

夕日はあっという間に沈み、私は再びベッドに潜り込みました。
微熱の他に咳がひどくて疲れるのでした。

そして、ほどなくして夫が戻ってきました。
湖畔でコーヒーを飲んでいたけど、寒くてたまらず帰ってきたそうな。

日が落ちるとガクン!と一気に寒くなるなんて、日差しの強いヨーロッパらしいな。

さて、夫は散策の時に薬局を見つけたとかで、薬を買いに行くことにしました。
この時、夫は読んでいた本に載っていたロシア式風邪治療法を実践しようと
ノリノリなのでした。


この治療法により、私はこの夜とんでもないことになってしまったのですが、
それについては、旅行から戻ってすぐに旅行記にUPしました。

 
  → ロシア式風邪治療法

もうすっかり夜だし、夕食も食べなくてはいけないし、泊まっていたホテルには
ルームサービスもレストランもないので、のそのそと出かけることにしました。

私の体調は戻っていませんでしたが、私は食べたくないとは思わない体質なのです。(^^;


3.JPG

新市街の方に出てきました。(写真ブレブレなので小さく載せます。)
薬屋さんはこちらの方向。しばらく迷いましたが、見つけました。


4.JPG

フラフラしつつも、カジノだけはしっかりと写真に収めました。
旧共産圏というのはそんなにカジノを渇望するものなのでしょうか。どこに行ってもあるんですが。


5.JPG

お土産などを少し見た後、夕食に訪れたのは レストラン・スヴェタ・ソフィア(Sveta Sofija)。
昨日と同じレストランです。冒険してハズすより、美味しかったレストランで無難に。


6.JPG

今日通された席は、見上げるとワインのディスプレイが。
マケドニアのワインをとても楽しみにしていたのに、この体調じゃ飲めないなぁ。


7.JPG

注文したのは、これまたスープ。これは野菜スープ80デナール
マケドニアは、スープも種類が多くて具合の悪い身には本当に助かります。


8.JPG

マケドニア・サラダ90デナール。なんか野菜のメニューがべらぼうに安い。
昨日のランチのマケドニア・サラダが一番美味しかったですが、ここのも悪くないです。

左にチョロッと写っているのは付け合わせのパンです。


9.JPG

そして夫が食べたいと言ったいかフライ。フライドポテト添えで400デナール。結構なお値段。
美味しかったけど、私はほとんど食べられませんでした。ちょろっと味見だけ。

その他、ミネラルウォーターを頼んで終わりです。
私があまり食べられないので、これでも残ったくらいです。いかフライはボリュームありました。


10.JPG

最後に、薬局で買った薬を飲むためにお湯をもらいました。
ちゃんとしたレストランがある土地でよかった~。

お会計は、今日も提携ホテル宿泊割引で10%引いて貰いました。(^^)v


11.jpg

夕食の後、すぐ近くのミニスーパーでミネラルウォーターを買いました。
その時、お土産にワインも・・・と思ったら、この通りガッシリとがかかっていました。

またしても、スコピエの巨大スーパーの時と同じ光景が。

他にもいた観光客らしき男性が、お店の女性に鍵を開けて欲しいと訴えたところ、
「マケドニアでは夜7時以降の酒類の販売は禁止されている。」
とキッパリと断られていました。

女性によると、レストランでの酒類の提供は夜7時以降もOKだそうな。
知っていたら、昼間のうちにワインを買っておいたのに。(涙)

この日がオフリド最後、かつマケドニア最後の夜。

私の体調のこともあり、マケドニアの美味しいワインには出会うことなく
終わってしまったのでした。

明日はもう、一日がかりでアルバニアのベラットに移動します。
どうか熱が下がりますように・・・。


posted by サラミ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 12マケドニア・コソボ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。