2013年04月01日

マケドニア4日目 聖ニコラ教会

2012年10月4日(木) 聖ニコラ教会@オフリド (バルカン旅行6日目)

2つの小さな教会を見学した後、地図に従って丘の上の方へ移動しました。

私は体調が悪いので、ゆっくり坂を上がりました。


1.JPG

行く先行く先で見つけるバルカンの猫。この子猫は近づいても私のことを完全無視。
何をそんなにジーッと見つめているのでしょうか。


2.JPG

オフリドの旧市街はが結構大変でした。


3.JPG

通りがかった道に教会の看板を発見。

その時は分からなかったので後で調べたところ、ここは St. Nicholas the Wonderworker Church
Св. Никола Чудотворец)だそうな。日本語だと聖ニコラ教会です。

様子をうかがっていると、とても小柄なおばあちゃんが笑顔で手招きしてくれました。


4.JPG

納屋だと言われたら信じてしまうくらいの小さな教会です。


5.JPG

ここも相当古い教会のようで、残念ながらフレスコ画はかなり剥げ落ちてしまっています。
おばあちゃんは、CDか何かで教会音楽をかけてムードを出していましたが、ちょっと残念。

写真もどうぞどうぞ、というわけで、おばあちゃんは親切です。お土産も少しだけありました。


6.JPG

奥に行くと、イコノスタシスは最近できたらしい新しいものがありました。天井も新しいです。

手元のマケドニア教会の本には、13世紀の教会だとあります。
それほど古い教会は、この位ボロボロになっているのが普通なのかも知れません。

正直、教会そのものはそれほど見るべきものもなく、お土産も特に欲しいものもなく。
というわけで、早々においとますることに。


7.JPG

入口の外には聖ニコラのイコンが。


8.JPG

この辺はとてもいい雰囲気が漂っています。

お礼を言って教会を出ようとした時、おばあちゃんが「どうぞ~」とキャンディーをくれました。
それに感動してしまったサラミ夫婦。

たかが飴1つのことかも知れませんが、おばあちゃんがとても親切でかわいくて、
思わずお布施を置いてきました。

おばあちゃんの戦略に乗せられているのでは?と思う人もいるかも知れませんが、
マケドニア人は総じて優しくて親切です。特にこのおばあちゃんは。


9.JPG

思い出に、おばあちゃんとサラミ夫が一緒に記念写真。おばあちゃんは本当に小柄でした。
SWEETと表現するのがピッタリな可愛らしいおばあちゃんでした。


10.JPG

聖ニコラ教会からは、オフリド湖がキレイに見えました。いいお天気です。

教会は大したことなかったけど、優しいおばあちゃんの思い出が出来ました。


posted by サラミ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 12マケドニア・コソボ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。