2013年03月25日

マケドニア3日目 サミュエル要塞

2012年10月3日(水) サミュエル要塞@オフリド (バルカン旅行5日目)

古代劇場をサクッと見た後は、オフリドの街と湖の景色が良いという
サミュエル要塞(Czar Samuel's Fortless)に向かいました。

ちなみに、サミュエルというと英語ですが、現地語ではサムイルという発音で、
スペルもSamuilになります。

サムイルというのはブルガリア帝国の皇帝で、ここオフリドを首都に定めたそうな。

オフリドは、ブルガリアやらビザンチンやらオスマン・トルコやら、とにかく
色んな国が取り合いしまくった要所だったようで、歴史がややこしいです。(^^;


1.JPG

アッパーゲートの横を通っていきました。


2.JPG

まだ坂があるんですねぇ。だんだん日も傾いてきました。


3.JPG

所々に標識があるので、それと地図を照らし合わせながら歩くと迷わずに行けますが、
ガイドブックと標識とで教会の名前が違うことがあり、ちょっと迷いました。

例えば、St. Kliment と書かれている教会は、ガイドブックでは聖パンテレイモン教会に
なっており、聖クリメント教会はまた別の場所。どーゆーこと???


4.JPG

要塞に到着しました。マケドニアの旗がはためいています。ちょっと風が強いんですね。
皇帝サムイルの時期ですから、10世紀後半~11世紀前半ですね。古いです。


5.JPG

要塞の前には看板が雑に立てられていましたが、草ボーボーは相変わらず。(笑)
ここの入場料は・・・いくらだったっけな?すいません、失念しました。

要塞の急な階段を上ると、確かに景色がよく見えました。


6.JPG

美しいオフリド湖を背景に佇む聖パンテレイモン教会。
(さっき標識でSt. Klimentと書いてあった教会)


7.JPG

聖パンテレイモン教会の手前には、発掘中の初期キリスト教のバシリカが見えます。

ちなみに、私はこの教会を、ガイドブックや旅行記でよく見る聖ヨハネ・カネヨ教会だと
勘違いして大喜びしていましたが、後で間違いだと気づいて少しガッカリ。

でも、この眺めは絶景です。後ろに湖があるからでしょうね。

ここで、1人のアメリカ人の方と少しお話しました。
「その地図はどこで手に入れたのですか?」と聞かれたのです。

が、「ホテルで手に入れたんです」というと、ちょっと落胆されていました。
確かに、地図1つも手に入れにくいもんなぁ。

マケドニアはまだまだ観光しにくい土地かも知れません。


8.JPG

別の方角です。私達のホテルやオフリドの港もこちらの方向。


9.JPG

一方、要塞の内側には特に何もありません。
もう少しどうにかしてもいいんじゃないかと思うのですが。


10.JPG

要塞の階段は急勾配な上に狭いです。高所恐怖症の身にはちょっと怖い。(T.T)


11.JPG

向こうから団体さんが来ました。通路がこんなに狭いのにみなさん大きく広がって、
私はその中にスッポリ入り込んでしまいました。

「エクスキューズミー」と言っているのに全く道を譲ってくれる気配のない人達。
ジジババ共、どけーーーっ!(怒)

というワケで、最後はムカついてサミュエル要塞を後にしました。


posted by サラミ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 12マケドニア・コソボ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。