2013年03月21日

マケドニア3日目 オフリド散策

2012年10月3日(水) オフリド散策 (バルカン旅行5日目)

それでは、遅くなりましたがホテルを出てレストランを探します。

その前に、オフリド(Ohrid)の位置ですが、マケドニアの左下の湖のところ。
2つ湖がありますが、左側の方。アルバニアとの国境にある街です。

Macedonia_Map.gif

上の地図を右クリック開くと別ウィンドウで大きな画像が出ます。
(普通にクリックすると小さいのが出ます。さらにクリックで元サイズの画像)

オフリドはマケドニアきっての観光地で、夏にはヨーロッパからのリゾート客でいっぱい。
また、「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」として世界遺産にも登録されています。

というわけで、私達の忙しい旅でも、ここオフリドでは2連泊してゆっくりする予定。


1.JPG

ホテルを出て、まずは目の前にある Mal Sveti Kliment 教会へ。
しかし、ドアは閉まっていました。次の日も閉まっていて、最後まで中は見学できませんでした。


2.JPG

門の上に聖人の絵が。

ブルガリアから始まって、あちこちの教会のイコンやフレスコ画でさんざん遭遇したこのお方。

この、頭のでっかいルチ将軍(by プリンプリン物語)みたいなお方は一体どなた?
と思っていましたが、ここでやっと気づきました。

このお方は聖クリメントに違いない!教会名になっているSveti Kiment のSveti とは、
きっと英語のSaintで、だからここは「聖クリメント教会」なのだ、と。・・・気づくのが遅い。

ただし、某有名ガイドブックに載っていた「聖クリメント教会」とは別物で、
ここは名もなき教会。(実際は立派な名前があるんだけど。)

さらに、ソフィアで最寄の地下鉄駅だった聖クリメント・オフリドスキ駅や、
ソフィア大学の本名も、すべてこの聖人にちなんでいたのだと気付きました。
「クリメント・オフリドスキ」というのは、オフリドのクリメントという意味だったようです。

ちなみに、聖クリメントについては、こちらを。スラブ世界では重要な聖人です。


3.JPG

ホテル前のMetodi Patcev通りからCar Camoil通りに合流してすぐ、小さな教会を発見。
この2つの教会は、次の日に見学することができました。


4.JPG

地図をたよりに、Car Camoil通りを東にまっすぐ。ピッツェリアなどもありました。

ちなみに、Car Camoil とは、サムイルという10~11世紀のブルガリア皇帝のことで、
Carは皇帝を指す称号です。英語では普通「Tsar」で、日本語でも「ツァー」と言いますね。


5.JPG

開けた所に出ました。お土産屋さんやカフェなどお店がいっぱい。
写真のオープンカフェのある場所は、VILLA de LAGOというホテルのレストランのようです。

ここでオフリド湖畔に向かって右折。


6.JPG

振り返ってみると、VILLA de LAGO というホテルは旧市街の入口で、しかも坂もないし、
足の悪い人でもタクシーで来られるので、場所的にはとてもいいのではないかと思いました。
設備や湖の景色は分からないけど。


7.JPG

ゴミ捨て場にて、バルカンお馴染みの猫。獲物を狙ってる時は野生なのか、2匹とも目つきが鋭い。


8.JPG

これもマケドニアお馴染みのレトロな車。オフリドは特にノスタルジックな雰囲気が良かったです。

レストランを探すと言いつつ、ついつい景色を見てしまうオフリドでした。


posted by サラミ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 12マケドニア・コソボ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。