2013年02月18日

マケドニア2日目 コソボ行き長距離バス

2012年10月2日(火) コソボ行き長距離バス (バルカン旅行4日目)

マザー・テレサ記念館が思いのほか良かったので、
予定していた時間をオーバーしてしまいました。

スコピエ散策はここで切り上げ、カメンモスト(石橋)を半分渡ったところで
引き返して、そのままスコピエのバスターミナルに直行しました。

これから日帰りでコソボの首都プリシュティナ観光へ!

といっても、「プリシュティナはホントに何もない」という評判だったので、
泊まらずに日帰りで行くことを選びました。


1.JPG

途中で通り過ぎたホリデイ・イン・スコピエ。ここら辺りで一番まともなホテルです。
大したことないのに値段が高いのが玉にキズ。(スコピエのホテル全体の話でもありますが。)

ツアーでスコピエに宿泊する時はまずここでしょう。


2.JPG

てくてく歩いてここを右折したらスコピエ・バスターミナル。この高架は鉄道です。


3.JPG

このドーム型のものがスコピエ鉄道駅。あの丹下健三氏の設計ですが、もうサビサビです。
バスターミナルは鉄道駅の横にあります。


4.JPG

昨日の夜に到着したバスターミナルに今日もやってきましたが、何とまあ薄暗いこと。


5.JPG

電光掲示板も相変わらず消えてるし。


6.JPG

次のプリシュティナ行きのバスの出発時間は11時ちょうど
サラミ夫がこのバスのチケットを購入しました。片道で1人320デナール

ちなみに、コソボのプリズレン行きも考えてみたのですが、
一番のプリズレンの見所の世界遺産のセルビア教会は破壊されてしまい、
有刺鉄線グルグル巻きで今は厳重に警備されて見学できないとか。

というネットの口コミを見たので、やっぱり行き先はプリシュティナにしました。
プリシュティナ近郊の世界遺産のセルビア教会は見学できるので。


7.JPG

サラミ夫がバスターミナルの売店でミネラルウォーターを購入。20デナール。
この通り、商品はギッシリ。

バスターミナルのトイレを借りたら有料で、1人10デナールでした。


8.JPG

ビックリしたのは、バスターミナルの中にカジノがあったことです。
他の場所でも同じ名前のカジノを見たので、どうもこれはカジノのチェーン店のようです。


9.JPG

暗かったのでブレブレなのですが、別の場所から撮ったカジノの写真です。
ルーレットもあるので確かにゲームセンターというよりカジノです。

みんなバスの待ち時間にカジノで賭けるのでしょうか?この立地がよく分からん・・・。


10.JPG

そろそろ時間なので、バス乗り場へ移動。こじんまりとしています。


11.JPG

11時発のプリシュティナ行きは大型バスでした。

マケドニア語はキリル文字ですが、コソボはアルバニア語でラテン文字(ABC)を使います。
アルバニア語でスコピエは「Shkup」と表記され、プリシュティナは「Prishtinë」です。

キリル文字より分かりやすいです。(^^)


13.JPG

バスの中はこんな感じ。それほどボロボロというわけでもなく、乗り心地も大丈夫でした。


12.JPG

先ほど購入した20デナールのミネラル・ウォーター。
半袖でOKなくらい暑かったので、冷えたお水はありがたいです。

ついにバスはコソボに向けて出発です。


posted by サラミ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 12マケドニア・コソボ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。