2012年12月06日

ブルガリア2日目 夜のリラの僧院

2012年9月30日(日) 夜のリラの僧院

リラの僧院裏の散策から慌てて帰ってきた時、時刻は午後5時半くらいでした。

かすかに歌声が聞こえてきます。

聖母誕生教会の中に入ると、ちょうどお勤めの最中でした。
(正教会ではミサとは言わないらしい。)

よかった、間に合った!
・・・と思ったのも束の間、荘厳な雰囲気に圧倒されました。

ただただ、薄暗い教会の中でおびただしい数の蝋燭が揺らめき、
そこに、修道士の歌声が響き渡ります。

教会内には、この時間になってもチラホラ見に来る人がいました。
自家用車で来ている人なのか、宿泊する人なのか・・・。

参拝者はみなさん額装されたイコンにキスするのですが、
不信心な私は「間接キスになるのでは?」と思って見ていました。

しかし、教会の外に落ちていた、観光客向けの僧院での注意書きの紙には、

聖イヴァン・リルスキ(僧院を建てた僧)のイコンや聖遺物に手を置くのは禁止。
キスによってのみ尊敬を表わさなければならない。


と書いてありました。へー、そういうものなのですね。

お勤めの時にいた修道士の姿は5~6人といったところ。思ったより少ない。
修道士の人全員が参加しているわけではないのかな?

その後、15分ほどでお勤めは終わりました。
ということは、夕方は通常30分ほどやるようです。

その後、教会の雑務をしているらしい腰の曲がったお婆さんが、
修道士の方の食事を運んだり、蝋燭を消したり、色々と働いていました。

見終わったところで、一旦部屋に戻り休憩することに。


1.JPG

前日にソフィアの中央市場で買った生絞りオレンジジュースで一休み。めちゃウマ!

しばらくして、再び外に出てみました。


2.JPG

たまたま外を歩いていた修道士の方。この方、身長2メートルくらいあると思います。


3.JPG

教会の入口から中の明かりが漏れています。


4.JPG

ほんのちょっとですが、教会内部が見えています。
黄金色と赤いカーテンはイコノスタシスで、右に少しだけ見えている赤くて四角いものは、
聖イヴァン・リルスキの聖遺物が入っている箱です。中には手だか肘の骨が入っているのだとか。


5.JPG

すっかり日が落ちると、中の明かりがよく見えました。

教会の中は昼間も薄暗いので、中はいつもこんな色合いでした。
ほんのちょっとでも、リラの僧院の厳かな感じが伝わるでしょうか。

ウロウロしていたら夜も8時くらいになったので、部屋に戻って夕食タイム。
さすが、この時間になると部屋が寒い~。


6.JPG

中央市場で買ったパンにハムとチーズを挟んでサンドイッチにします。
このパンが乾燥しててボロボロになるので大変でした。(涙)


7.JPG

しかし、苦労して何とか作ったサンドイッチ。結構おいしかった!

僧院の外のレストランは何時までやっているか(あるいは夜営業しているのか)分からないので、
やっぱり食料は持参した方が無難です。


8.JPG

僧院は夜9時で門が閉まるので、その前に再度お外を散歩。
リラの僧院の夜は冷え込みます。完全防備のサラミ夫。

僧院の裏門から外に出ようとしましたが真っ暗で何も見えないので、
僧院内だけをウロウロすることに。


9.JPG

とはいえ、所々工事中ということもあり、それほど荘厳な感じというわけではありませんでした。
そして、思っていたより明かりがあって眩しい。夜空の星もそれほど見えませんでした。

どう見回しても宿泊しているのは私達だけの様子。あるいはもう寝ちゃってるのか。

意外だったのは、この僧院には消防士さんが常駐しているらしく、
その人達がこの時間にお喋りしていたのです。

シーンとしていると思っていた僧院は、そうでもなかった・・・。(^^;


10.JPG

敷地内では、揚げパンを食べている時に遭遇したワンちゃんがウロウロ。
私達、その階段を上がって部屋に戻るんだけど・・・。


11.JPG

人懐っこいワンちゃんは、私達の後を追って3階までついてきました。


12.JPG

部屋のドアの前に座り込むワンちゃん。なんだか健気~。
ごめんよ、キミを部屋の中に入れるわけにはいかないんだよ・・・。(涙)

心を鬼にしてドアを閉め、することもないので寝る支度。
とはいえ、部屋はすごーく冷える上に、水道の水がむちゃくちゃ冷たいっ!

・・・根性で顔を洗って歯を磨きました。

トイレも外なので、寝る前にそろ~っと外に出たら、暗闇にまだあのワンちゃんがいて、
それはもう飛び上がるほどビックリしました。

カワイイけど、やっぱり夜の野犬は怖いんだよぉ~。

寝る時は、掛け布団が毛布2枚くらいしかないので、私はユニクロのウルトラライトダウンを、
夫は真冬に来ているダウンを着て寝ました。(←リラの僧院のためだけに持ってきた。)

この時期はまだ暖房が入りません。
泊まろうと思っている人は心して準備して下さい。(^^)


posted by サラミ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。