2012年11月30日

ブルガリア2日目 リラの僧院の宿坊

2012年9月30日(日) リラの僧院の僧坊

リラの僧院に泊まる手続きを終え、部屋に荷物を置きに行きました。


1.JPG

じゃじゃ~ん!リラの僧院のメインはこの聖母誕生教会です。


2.JPG

この聖母誕生教会の右側に、私達の部屋へ続く階段があります。
階段にはロープが張ってありますが、自分でそれをどけて上ります。私達の部屋は3階でした。


3.JPG

3階の私達の部屋の前の廊下です。
廊下の壁を見る限り、白黒の縞模様はペンキで描いてるんですね。
共同トイレは、この廊下の反対側の突き当たりにありました。


4.JPG

私達の部屋は54号室。鍵を開けて中に入ると・・・


5.JPG

左に小さな部屋と、正面に大きな部屋。


6.JPG

すでに物を置いた後ですが、正面の部屋にはベッドが3つとテーブルが一つ。
窓は最初に着いた駐車場の方を向いています。

外は30℃近い気温のはずが、漆喰の壁が厚くて部屋の中はひんやり。夜は寒そうです。


7.JPG

私はこちらのベッドで寝ることに。枕もマットもペッタンコ。そして布団が薄い。


8.JPG

正面の部屋の反対側です。
冬場は暖房が入るようですが、今日は9月30日なので、夜寒くなってもまだでしょうなぁ・・・。


9.JPG

壁一面に大きなクローゼットが。
しかし中には新聞紙がびっしり敷き詰められているだけ。あまりキレイではありません。

携帯をチェックするサラミ夫。(また仕事に追いかけられているのか?)
海外ローミングができる限り、Wi-Fiがなくてもショートメッセージは入ってくるのです。

そういや、日本の携帯のショートメッセージって今はどうなってるのかな?(←浦島サラミ太郎)


10.JPG

部屋はとても広く、天井は美しく装飾されていました。そして裸電球がぶら下がっています。


11.JPG

夜はこの通り。


12.JPG

実は、部屋の入口付近にはフックと共にかなり明るい照明が。
これをメインの部屋に付けてくれませんかね。(^^;


13.JPG

一方、こちらは左側の部屋。簡易ベッドのような小さなベッドと洗面台が。
洗面台があるせいか、ヨーロッパの100年前の病室という感じ。


14.JPG

小さい洗面台には、一応お湯の蛇口もありますがしか出ません。しかも水が冷たい。

写真で見ると随分とキレイな部屋に見えるのですが、ボロかったです。
まあ、巡礼者の宿坊ですから、シーツがキレイなだけでも有難いと思わなければ。

他の方のブログでお見かけした宿坊の写真はシャワー・トイレ付でもっとキレイな気が。
あれも実物よりキレイに見えているだけなのか、私達がボロい部屋にアサインされたのか。

他の部屋も見てみたかったなぁ、と思うサラミなのでした。




posted by サラミ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。