2012年11月17日

ブルガリア1日目 ソフィア空港から市内へ 

2012年9月29日(土) 空港からソフィア市内へ

空港に到着すると、とりあえずATMで現地通貨のブルガリア・レフを下ろしました。
今時ヨーロッパでATMがない場所ってないですね。外貨両替は損なので利用しません。

ガイドブックや口コミでは「タクシーでボラれることが多い」とあったので、
ソフィア空港から市内へは路線バスで行きました。


1.jpg

ガイドブックには「キオスクで1日券を売っている」と書いてあったのですが、
到着出口を出ると右手に小さなスーパーがあり、「TICKETS」の看板が目に入りました。

ただ、このスーパーでは1日券が売っていなかったので、1回券を購入しました。

スーツケースなどの大きな荷物がある場合は荷物用にもう1枚買わなければならないので、
1人2枚購入することに。1枚1レフなので、合計4枚で4レヴァ

 (ちなみに通貨は単数形=レフ、複数形=レヴァ。なんとややこしい・・・)


2.JPG

空港内にはこんな看板が立っていました。先に見ていればよかった。

ソフィア市内に行くには、この路線バスの他はタクシーしかないようです。
先進国じゃないと、空港列車も空港バスも運行していない所って結構ありますね。

私達が到着したのは第2ターミナルですが、ガイドブックに書いていた284番のバスなんて
ありませんでした。別名「地球の迷い方」とはよく言ったもので・・・。

私達はソフィア大学の近くにあるホテルを予約していたので、行き先はもちろんソフィア大学

84番バスの「CITY CENTER」と384番の「Mladost」という地下鉄駅が大学から近いのかは
全然分かりません。だって、ガイドブックの地図には地下鉄の路線図が載ってない!
しかも、ガイドブックはひらすら284番の説明ばかり。384番の間違いなのかな。

我が家は’11~’12年の中欧というヤツ一冊だけ持っていたのですが、
情報は2010年時点のものでした。

最新の「ブルガリア」を買えば地下鉄の路線図も載っていたのでしょうか?
駅名などが全く分からないって死ぬほど不便でした。


3.JPG

外は快晴。気温は30℃近くあり、何より日差しが厳しい。
空港の外に出ると、すぐにバス停が見つかりました。


4bus.JPG

すぐに84番バスが来たので、サラミ夫がソフィア大学前に行くか運転手さんに確認。
ちなみに、「ソフィア大学前」は「ユニベルシテト」だと載っていたので、ユニベルシテト!を連発。

このバスで大学まで行くというので、慌てて乗り込みました。

バスは環状線らしく、目的地で降り損ねると空港に戻ってくるらしいので、
周囲の人達にも「ユニベルシテト?」と聞きまくってアピールしておきました。

これで誰かがきっと教えてくれるだろう・・・。


5.JPG

バスは大荷物を持って乗っても問題ない広い作りで、乗降口のステップもない低床バスです。
ヨーロッパでよくあるように、ここブルガリアも、切符を必ず刻印しないと罰金を取られます。

ただ、ボロいなーと思ったのは、刻印機が自動でなく、自分で押してその圧力で刻印。


6window.JPG

バスの窓が汚い。

路線バスなので、途中からもどんどん人が乗ってきます。

車内の人々を見る限り、シャツの前を完全にはだけた男性など服装のだらしない人もいて、
西ヨーロッパのようなシャキッとした感じではありませんでした。やっぱり東欧だな。

しばらくして、途中のバス停で切符の検札員が2人乗り込んできました。

私達の後ろの席で、どうも切符を持っていない男性がいたようで、検札員とモメていましたが、
バスが停まっている時にその男性がバスを降りてしまい、検札員も「〇▲×◆☆Д△~~!!」
と大声を上げながら、男性を追いかけてバスを降りて行きました。

これが珍しいのか日常茶飯事なのか、ソフィアに着いたばかりの私には分かりませんでした。

バスに30分ほど乗っていると、なんだか市内中心部にやってきたような雰囲気に。


7arrive.JPG

運転手さんにも周囲のおばちゃんにも「まだだよ。」とジェスチャーで教えてもらいながら、
ついに「ここだよ。」と教えてもらって降りたのがこの場所です。

ちょうど、ガイドブックに「空港行きバス停」と表示してある所でした。


8.JPG

ガイドブックの地図を頼りに大学の方に歩いて行くと、地下鉄の標識が見えてきました。


9.JPG

地下鉄の駅の英語名は「セント・クリメント・オフリドスキ」(SU ST. KLIMENT OHRIDSKI)です。
現地に着いて初めて最寄りの駅名を知るなんて。(涙)

ここの地下には観光案内所もあるし、マクドナルドやその他のお店も色々あって便利です。


10university.JPG

そしてこちらは道を挟んで向こう側にそびえ立つソフィア大学
本当の名前は「聖クリメント・オフリドスキ大学」と言うらしい。地下鉄の駅名と同じですね。


11underground.JPG

私達はホテルに行く前に、この地下の観光案内所に寄って地図をもらっていきました。
長距離バスの時刻表など、聞けば親切に印刷までしてくれました。

この場所からスヴェダ・ネデリャ広場までは地下鉄でたった1駅だし、
事前に旅行準備していない人は、取りあえず空港からここまで来れば何とかなると思います。

街の中心から少し外れているかと思いましたが、予想以上に便利でした。(^^)v


posted by サラミ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 12ブルガリア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

ブルガリア~マレーシア渡航準備(2013)
Excerpt: ※学会発表での渡航準備リスト +++ ◎ブルガリア(Bulgaria/Република България)  南東を接するトルコを経由しての、日本からの空路。私にとって初めての中欧・旧共産国滞在..
Weblog: U-runner's View
Tracked: 2013-08-29 18:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。