2011年12月15日

チェコ1日目 ヴァーツラフ広場まで

2011年10月1日(土) プラハ デイヴィツカー駅からヴァーツラフ広場まで

市バス119番を降りてからは地下鉄A線に乗ります。

下調べをしたデイヴィツカー駅(Dejvicka)は、


イメージ 1

ガーン!階段やん。バリアフリーは嘘か?

サラミ夫にスーツケースを見てもらって、他の出入り口をチェックしに行きました。


イメージ 2

み、見つけましたー!しかし、このエレベーターは故障中。使えませんでした。

旧共産圏、至れり尽くせりのサービスなんて期待しちゃいけません。

余談ですが、チェコの人々は

ウチらんとこは「中欧」であって、「東欧」っちゅーのはルーマニアとかもっと東を指すのよ。

というプライドがあるそうで、「東欧」と言われることを嫌うのだそうです。
ですから、私も「旧東欧」という言葉を使わないよう努力しております。

実際、地図で見てもチェコは結構ヨーロッパの真ん中です。

ま、「旧共産圏」という表現もあんま変わらん気がしますが。

さて、私達は仕方なく、スーツケースを持ち上げて階段を下りて行きました。
が、実は階段は最初の15段位だけでした。


イメージ 3

途中からはちゃんとエレベーター完備。それにしても傾斜がキツい。スピードはやや速め。


イメージ 4

駅のデザインはシンプルで、やっぱりちょっとモスクワの地下鉄を思い出しました。旧共産圏ぽいです。


イメージ 5

地下鉄に乗り込みました。今私達は緑色の路線に乗っています。(A線)
ここからムゼウム駅(MUSEUM)まで行ってまた乗り換えます。


イメージ 6

おっと、さすがはアイスホッケーの国。
NHLプレミアということで、NYレンジャーズと地元プラハの「HC SPARTA PRAHA」というチームの対戦です。


イメージ 7

地下鉄内は昼間でも人がいっぱい。


イメージ 8

ムゼウム駅で降りました。車両は思っていたより新しかったです。


イメージ 9

エスカレーターで上ります。すげー勾配がキツイ。そして長い。そして速い!


イメージ 10

エスカレーター横を写した図。これが延々といつまでも続くのです。眩暈でもしたら危険です。
一度うしろを振り返ったら、あまりの高低差にフラ~っとなりました。(←高所恐怖症です。)


イメージ 11

およよ。またホームが。どうもこちらはC線のムゼウム駅のようです。(さっき乗ったのはA線)

ここで私達には2つの選択肢がありました。

 1.C線に乗り換えてIPパヴロヴァ駅(I.P.PAVLOVA)まで行き、ホテルまで歩く。
 2.駅を出て近くのトラム乗り場から11番トラムでさらにホテルの近くまで行き、最後に歩く。

今から思えば、1.の方が乗り換えが楽だったのですが、ホテルまで何分歩くか分からなかったので、
最寄の停留所が一番ホテルから近かったトラムを使うことにしました。

C線のホームからさらにエスカレーターで上がり、出たその場所は、


イメージ 12

いきなり聖ヴァーツラフの騎馬像と国立博物館のド真ん前。
そうです。私達はヴァーツラフ広場に出たのでした。

せっかくなので、スーツケースを持ったまま少し見物することに。

・・・いつになったらホテルに着くねん。(^^;


posted by サラミ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 11チェコ・ハンガリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。