2011年12月02日

イランが・・・

イメージ 1

最近、イラン情勢が緊迫してきました。

イランを訪れた人なら皆思うことでしょうが、イラン人は底抜けに優しく親切で、笑顔が素敵です。

だからこそ、激しく「イギリスに死を!」とか、「アメリカに死を!」とやっているのを見ると、
それが同じ国の人とは思えなくて、そのギャップに戸惑います。

私が出会った人達はみんな優しかった。

写真は、イスファハンのエマーム広場でピクニックをしていた若者と交流した時のもの。
一応私は女性ということで、ちょっとだけ離れて写真に納まりました。楽しかったー。

イランほど、国と市井の人々のイメージが違う国はありません。

どうかこの若者たちが幸せに暮らせる国になりますように。


posted by サラミ at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 10イラン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PC持参。お仕事ですね。ご苦労様です。笑
イスラエルはね、別紙にスタンプ押してくれるという話だったけど、
わざわざ別紙を用意して頼んだけど、別紙にもパスポートにも押されて、
直後に別の係員に別紙を破り捨てられるというパターンもあるの。
シリアはそれ以前にかなり未来まで行けなさそうだねぇ。
Posted by サラミ at 2011年12月05日 15:32
いや、こんなリゾートに来てまでPC持ってきてるあたくしって……(T△T)
イスラエルとかシリアはお互いに「ハンコ押しますか?」って
聞いてくれるらしいよ。
押すといろいろ弊害があるからね。
ちなみに、あたくしはオランダから帰ってすぐに
ジャマイカに行く仕事があって、そのときアメリカ経由で
尋問されたよ。
なにしにジャマイカに行くのか、と(笑
Posted by いわさしえ at 2011年12月04日 14:52
入国は大変だけど、行ったらイラン人の悪口なんて絶対言えない。
お友達の気持ち、よく分かるわー。あんな面白い国ないもの。
ただし、イランのビザ貼られちゃうとイスラエルに行くの厳しそう。
アメリカ入国も審査官によっては尋問されるというリスクがあるのを
お忘れなく。パスポート切れそうになった頃を狙って下さい。
つーか、メキシコから書き込みしてくれてるの?
いいねー、ゆったり旅で。
Posted by サラミ at 2011年12月04日 11:32
あたくしの友人写真家もイランに超ハマっているよ。
女性なので仕事するのは大変だし、
いろいろ不愉快というか驚くことも多いようだけど
それでもイランへの愛は変わらないみたい。
あたくしも行ってみたいわ〜
Posted by いわさしえ at 2011年12月04日 08:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。