2010年07月18日

オーストリア4日目 ペンケンバーン

2009年10月4日 4日目 ペンケンバーンでペンケン山へ

今日はペンケンバーン(Penkenbahn)というゴンドラリフトに乗ってペンケン山に登ることにしました。

ここマイアーホーフェンはスキーリゾートとして有名だそうで(「ハラキリ」というオーストリア一急勾配の
コースがあるそうな)、ペンケンバーンは本来スキーリフトですが、夏の間はハイキング用に解放しています。

ですが、今の季節は中途半端。夏は過ぎ、かといってスキーシーズンはまだ。
ペンケンバーンは一年中動いているわけではなく、2009年の夏シーズンは10月11日で営業終了でした。
事前にチェックしていてよかった!

まずは、ホテルから徒歩10分のところにあるペンケンバーンの乗り場まで歩いて行きます。

イメージ 1

ペンケンバーン乗り場のそばに飾られていた自転車。ペンケンバーンは自転車積み込みOKです。

まずはペンケンバーンのチケットを購入。

マイアーホーフェン滞在者は、ホテルのチェックイン時に記入した宿泊登録カードのコピーを
ゲストカード」としてもらえ、それを持参するとペンケンバーンのチケットが割引で買えます。


イメージ 2

ゴンドラリフトはとてもキレイでした。。


イメージ 3

リフトが上昇していくと、牧草地の牛さん達も博物館のジオラマのように見えてきました。


イメージ 4

マイアーホーフェンの町が遠ざかっていきます。谷間がキレイに見えますね。


イメージ 5

到着しました。ここは1800mの地点です。


イメージ 6

オーストリア・アルプスの美しい景色が見渡せます。
私はアルプスの山を初めて見たので感動!一方、夫はスイスに行ったことがあるので余裕。


イメージ 7

ここからは、もう一つのリフトでさらに上まで登っていけます。今度はゴンドラではなくチェアリフトです。


イメージ 8

見渡すと、サイクリングを楽しむ人もチラホラ。アルプスのサイクリングロードなんて気持ち良さそうです。


イメージ 9

先ほど降りたゴンドラリフトの終点から少し歩くと、次のリフト乗り場に到着しました。


イメージ 10

地図には3SLペンケンと書いてありました。「DREI」ってドイツ語で数字のなのですね。


イメージ 11

チェアリフトの上からの風景。

私も夫もマヌケで、最初上がっていたバーを下ろすのを忘れていたため、しばらくイスに座っただけの状態で
落下防止の柵とか何にもないねんなあ。」なんて言いながら、実はものすごーく怖かったです。
私達、スキーをしないのでリフトなんて久々ですっかり忘れていました。(^^;


イメージ 12

ここまで来ると結構寒く、私達はダウンジャケットを着込んでいたのですが、ふと下の方を見ると遠くで
ノースリーブ姿でピクニックを楽しむ人の姿が。確かに直射日光はキツイのですが、それでも信じられません。
しかも、あの人達の周りは緑も秋っぽく枯れかかってるし・・・。


イメージ 13

ですが、遠くの景色はとても雄大で美しいです。贅沢やな~、としみじみ。


イメージ 14

ペンケンアルムに到着しました。2000mと書いてありますね。


イメージ 15

ここは台地になっていて、見晴らしはこんな感じ。さっきの下の方が良かったかな。


イメージ 16

ペンケン山の頂上はここからさらに登って2095m地点のペンケンヨッホです。
が、ハイキング初心者の私達は、ここからゴンドラ乗り場まで歩いて下りた方がいいのではないかと思い、
これ以上登るのはやめて、地図の赤線で記されているハイキングコースを歩いて下りることにしました。


イメージ 17

向こうでは、ペンケンアルムの小屋で食事したり寛いだりする人達が。
私達はとりあえずゴンドラ乗り場まで下りてから休憩することにし、すぐに歩き出しました。


イメージ 18

すぐ近くに人工湖でしょうか、キレイな池なのか湖なのか、こんな場所がありました。


イメージ 19

もう10月なのであちこち緑が枯れかかっているのですが、遥か向こうにはツィラータールの谷が見えます。
(それとも、タールが「谷」なので「ツィラー谷」とするべきか。)

さあ、ここからは楽しくチロルでハイキングです。


posted by サラミ at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 09オーストリア・モスクワ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。