2008年12月20日

ベトナム7日目 統一会堂

2008年10月7日(火) 7日目 ホーチミン 統一会堂

ついにベトナム最終日です。

ですが、夫が体調を崩してしまいました。昨夜の不衛生な店での夕食が原因のようです。
(ちなみに、胃腸が強い私は全く変化なし。)

イメージ 1
←多分この汁でしょう。


とりあえず午前中は、予定していた統一会堂へ徒歩で向かいます。

イメージ 2

私は傘をかぶり、日焼け対策もバッチリ。(腕は無防備ですが・・・)


私も夫もベトナム戦争に関わる場所は以前見て回ったことがあったので、
今回は観光ルートから外していました。

ただし、統一会堂は、内装が素敵!というインテリア好きの私の希望で再度行くことに。

南ベトナムの大統領官邸だったこの建物、歴史的な側面から色々語られますが、
ベトナムの洗練されたインテリアに注目してもいいのでは。


イメージ 3

ご存知、統一会堂の全景です。


イメージ 4

こちらはあまり紹介されませんが、統一会堂の裏側です。

何となく、明治村に移設された(昔の)帝国ホテルの正面玄関みたいな雰囲気が。
ってことは、フランク・ロイド・ライト風???・・・ちょっと違うか。(^^;


中も素敵です。


こちらは宴会室

イメージ 5

モダンな中国風ではありますが、中国大陸のそれとはまた違う不思議な空間。


イメージ 6

宴会室の照明。ほら、この直線的な形、フランク・ロイド・ライト風じゃありませんか?(←こだわる)


こちらは応接間です。

イメージ 7

この椅子、きっと織物ですね。2脚くらい持って帰ってもバレないような気が。(^^)


内閣会議室

イメージ 8

シンプルです。長テーブルのデザインがさりげなく凝ってます。


こちらは大統領夫人の応接室だそうです。

イメージ 9

こちらは明るくオレンジを基調としています。・・・奥さん、戦争中に遊んでたのね。


他にも、娯楽室だとか映画館だとかビリヤード台だとかダンスホールだとか、
とにかく遊び放題の旧大統領官邸は、何だかとってもアメリカ的。

しかし、最上階のダンスホールの隣にはヘリポートもあります。

イメージ 10

1975年4月8日、2つの赤丸の部分に爆弾が落とされた・・・と書いてありました。
サイゴン陥落の少し前ですね。


地下はこれまた別世界です。

イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15

ものすごーく地下深く、階段を下りて行きます。息苦しくて、閉所恐怖症の人は多分ダメでしょう。


しかし、見学ルートに従って上に上がると・・・

イメージ 16

今度はいきなり明るいキッチンです。


ホッとしたのも束の間、最後に小さな展示室に出ます。やはり考えさせられます。

イメージ 17


かつて、サイゴン陥落の日に戦車が突入した統一会堂の前庭は、

イメージ 18



今ではこんな綺麗な緑になっています。

イメージ 19

とても静かな統一会堂。ホーチミンの喧騒が嘘のようです。


帰りがけに、多分館内ガイドの方でしょう、アオザイ姿の女性を目にしました。

イメージ 20

7年前とは違って、アオザイ姿を見かけたのはこの時一度きりでした。


最後に、正面の門を通って外に出ます。

イメージ 21

門の外側は、いつものホーチミンのバイクとクラクションと排気ガスの世界。
内側は、そんな音が一つも聞こえてこない、ひっそりとした空間でした。


posted by サラミ at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 08ベトナム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。