2016年01月06日

ニューヨークに行く前に読んだ本

最後に、ニューヨークに行く前に読んで参考になった本を紹介します。


岩波新書「ニューヨーク」 by 亀井俊介


私はアメリカにはあまり関心がなかったので、ニューヨークについても
マンハッタンって島?」と質問する位なーんにも知りませんでした。

そこで、単純な旅行ガイドブックではなく、ニューヨークの歴史が分かる本を探しました。
新書ですが読みやすく、各エリアの成り立ちや歴史が分かり易く書かれています。

マンハッタンは南から北に発展していったらしく、南から順番に紹介されています。
ウォール・ストリートがなぜそう呼ばれるのか、とか、移民にまつわる話とか、
大変興味深く読みました。

ただ、この本にも挿絵で地図が載っているのですが、小さくてあまり詳細ではありません。

そこで・・・


ご存じ「地球の歩き方 ニューヨーク」です。

この本には、別冊でかなり詳しい地図(の冊子)が付いてきます。

私は、上に挙げた新書の「ニューヨーク」で紹介されているストリートやエリアを、
この付属の地図で確認しながら読み進めていきました。スムーズに理解するのに
この地図はとても役に立ちます。

あと、地図には自分で調べたお店などをいっぱい書き込んで現地に持っていきました。

地球の歩き方本体については、何やかんや言ってもやはりガイドブックとして
役に立ちました。とはいえ、私の一押しはこの別冊の地図です。(笑)

そして私のオススメは、岩波新書「ニューヨーク」とこの別冊の地図のセット読みですが、
ニューヨークの詳しい地図を持っているという人はその地図でも良いと思います。


そしてこちらはおまけですが、旅行から戻ってきて読んだ本です。


「錯乱のニューヨーク」 by レム・コールハース

どなたかの評価で、岩波新書「ニューヨーク」と併せて読むことを薦められていたので、
こちらも読んでみました。

レム・コールハースは建築家で、ニューヨークの建築を通して都市の変容について書いています。

これを読むと、なぜあんなに摩天楼がそびえ立つようになったのか、
なぜニューヨークの高層ビルがあんな先の尖った形になっているのかが分かります。

しかし、抽象的でものすごく難しい本で、私はおそらく3割ほどしか理解できていません。

ですが、分からないのにものすごく食いつき、アマゾンのカスタマーレビューの文章や解説を
参考書代わりにして本書を読んでいきました。(笑)

ニューヨークは刺激的で好きな街ですが、同時に、新自由主義が極端なまでに肥大した部分は
嫌悪感を感じるところもあり、それは、やはり現地でも感じたことでした。

ニューヨークでは、超富裕層向けの高級アパートメントの入口にいる100年前みたいなベルボーイと
貧しい出稼ぎ労働者の両方を見て、やはり何とも言えない嫌悪感を感じました。

この本を読んで、なぜ私が嫌悪感を感じたのか分かるような気がしました。
かなり批判的な本ですが、私は同時にニューヨークのモダニズム建築にも関心を持ちました。

私は上海に住んでいるので、上海にも残っている戦前のモダニズム建築にも目を留めるように
なりました。今まではその歴史的重要性などはよく分かっていませんでした。

本書の内容の説明文は、

理論のユートピア=摩天楼、理想主義の断片=ロックフェラー・センター、
予想外の突然変異=ラジオシティ・ミュージックホール

といった感じで、凡人の私には哲学書みたいな本でしたが、それでも興味がある方はぜひ。

ただし、私は文庫本を買いましたが、興味深い挿絵がかなり小さくて見づらかったです。
その点では単行本の方が良いと思いますが、値段が高いです。




posted by サラミ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

NY最終日+1:上海へ帰還

2015年10月9日(金) 上海へ帰還

いよいよ上海に帰ります。

ニューアーク空港に着いたのは8日の深夜で正式には9日、フライトは早朝5時
すでに日付も変わっているので「最終日+1」としました。

帰りのフライトは、

2015年10月9日(金) AA1458 05:00 ニューアーク発 → 07:52 ダラス着      
                AA127 10:15 ダラス発 → 翌日14:55 上海着

ということで、帰りはダラス経由で帰りました。


フライトについては、すでに、 


に載せたので割愛しますが、ニューアーク空港夜中に着いて大変だったのでその記録を。

まず、私達は夜中の1時22分NJトランジットニューアーク空港駅に到着しました。
そこからは、エアトレインと呼ばれるモノレールみたいな乗り物でターミナルを移動します。(無料)

エアトレインについてはこちらに英文の説明と路線図があります。

エアトレインは、空港駅 → P4 → ターミナルC → ターミナルB → ターミナルA

という順番でターミナルを移動します。(ちなみにP4はホテルがシャトルバスを停車させる所)

エアトレインのホームで荷物のカートを探していた時、係員なのかよく分からない男性が寄ってきて、
不愛想に何も言わず私達のスーツケースを勝手にカートに載せて乗り場まで移動してくれました。

要らん要らん!と言っても勝手にやってくれたので焦りました。

そして、私がターミナルAに行くといったら、ターミナルAは3:30にオープンする
とだけ言ってスーッといなくなってしまいました。

チップ稼ぎのアヤシイ人かと思っていたので、本当に係員だったと分かってちょっと拍子抜け。
制服らしきものは着ていたけど、もう少し態度をどうにか出来ないものでしょうか。

そこにやってきたエアトレインに乗ったのですが、なぜか次の駅のP4ではドアが開かず
(どうも壊れていたらしい)、そしてその次のターミナルCでみんな降りて行きました。

それをボーッと見つめていたのですが、気が付いた時にはなぜかエアトレイン逆戻り

えー!ひょっとして3:30までターミナルAはオープンしないから行かないってこと?
じゃ、さっきの係員は何で教えてくれなかったのか?と車内で大騒ぎ。

結局、乗ってきたニューアーク空港駅まで戻ってしまいました。
すると今度はしばらくエアトレインが来ません。(夜中は15分おきらしい。)

ずーっと待ってると、別の係員らしき人が来て、
ターミナルAに行くのか?じゃあターミナルCで乗り換えだと教えてくれました。

私達はたまたまエアトレインの端っこに乗ったので、ターミナルCで待機していた係員が
私達に気づかず、教え損なってしまったらしい。

そんなヘンな人件費をかけるより、看板を一枚立てたら終わりではないか。
ま、雇用創出とか色々あるのかも知れませんが。

というわけで、空港駅からターミナルAに行くのにおそらく30分以上かかってしまいました。
時間があったので良かったですが。

やっとエアトレインが来てターミナルCまで行き(この時はP4でもドアが開きました)、
一旦降りて向かいのホームから別のエアトレインに乗ってターミナルAまで行きました。あーしんど。

ものすごく夜中ニューアーク空港を利用する方は注意して下さい。
エアトレインは24時間運行していますが、落とし穴があります。

余談ですが、ターミナルAでトイレに行って歯を磨いていた時、若い黒人女性が入って来て
一番入口から近い個室に入ったのが鏡越しに見えました。

しかしドアを開けたまま。座っているらしいことは鏡越しに見えていたのですが、
ちょうど死角で中で何をしてるのかは見えません。

他に人もいないので、私のことを待ち伏せしているのかと思って鏡を見つめていましたが、
その女性は突然ジャーと水を流し、そのまま外に出て行ってしまったという・・・。

ラリッてたのか何なのか分かりませんが、トイレのドアを開けたまま用を足す人なんて
中国人以外で初めて見てビックリ。(笑)アメリカも本当に色んな人がいるなぁ。

しかし、人の少ない場所では用心した方が良さそうです。

その後、ダラス行きの飛行機は予定通りに飛び、3時間半のフライトを経て
無事ダラス・フォートワース空港に到着。

ダラスでは国際線のターミナルに着いてからも時間があり、ここで食事をすることに。
ダラスまでの早朝便では機内食が出なかったしお腹が空いたのでした。


1.jpg

ここはテキサスなのでテキサスっぽいお店を探して朝食セットを食べました。
サイコロステーキ入りのブリートを1つと紅茶を1杯。

絶対に量が多いと思ったので一つだけ注文したのですが、やはり正解でした。多い!


2.jpg

ブリートは、中に玉葱と赤パプリカと味を付けて炒めたステーキと卵焼きが巻かれていて、
割とさっぱりしていました。付け合わせの味の濃いフライドポテトとカリカリトーストがアメリカっぽい。

他の人の様子を見ると、女性一人でペロリと全部食べていました。
(だからあんなに太るんちゃうかと思うけど。)

ここでしっかり食べ、最後の上海行きのフライトは地獄の15時間40分
狭いエコノミーの座席にも耐え、ほぼ予定通り上海に到着した時は次の日の午後3時。

長いフライトはちょっとキツかったけど、ニューヨークの旅は楽しかったです。

また機会があればオペラを見に行きたいし、それにまた買物したいです。

posted by サラミ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 15ニューヨーク | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。