2015年03月09日

初めてのエア・インディア デリー→チェンナイ便

毎度紹介していますが、今回のフライトです。

2月14日(土) AI 349 22:00 上海発 → 翌日02:45 デリー着
2月15日(日) AI 439 06:55 デリー発 → 09:45 チェンナイ着

2月23日(月) AI 672 14:00 マドゥライ発 → 17:35 ムンバイ着
2月24日(火) AI 348 08:15 ムンバイ発 → 20:20 上海着

今回は、2月15日(日) AI 439 06:55 デリー発 → 09:45 チェンナイ着 の便です。


2.JPG

間に合わないかと思いましたが、ゲートに着いたのは6時25分。奇跡です。
ちょうどボーディングが始まったところでしたが、大急ぎでトイレに駆け込みました。

トイレには、がいました。洗面台に立ったら恭しく水を出し、手を洗ったらこれまた恭しく
ペーパータオルを差し出す・・・という具合でこれまたチップを要求してきそうでしたが、
本当に急いでいたので、走って逃げました。 走り去りました。

チェンナイ行きは、結局15分くらい遅れて出発。


3.JPG

機材はエアバス321で、シートは3-3
フライト時間は2時間50分と結構長いです。さすがインドは広い。


4.JPG

私達の座席は通路側中央で、窓際にはインド人男性が座っていました。
インド国内線ともなると、圧倒的にインド人多し。


5.JPG

私のパーソナル・モニターはどうしてこの表示?


6.JPG

色々いじってたら映りました。何となくインド映画をボーッと見てしまいました。
出てくる若い男性がいちいち平井堅に見える。(笑)

さて、この便の食事は「Breakfast」ということでしたが、やはりベジノンベジが選べました。


7.JPG

ノンベジ食。真ん中のは玉子でした。ある意味これもベジタリアンに近いような。


8.JPG

ベジ食の朝食は、旅行を終えてみると分かるザ・南インドの朝食。
左から、イドリー(蒸しパン)とサンバル(豆と野菜の煮込み)とワダ(豆ドーナツ)かと。

南インド料理は食べたことがなかったので、これは何や?と大騒ぎしながら食べました。

1つびっくりしたのは、隣のインド人が付け合わせのパパイヤパイナップル
胡椒をかけて食べていたことです。

インド人はスパイスがなくては生きていけないんだなーと衝撃を受けました。

そうこうしているうちに、飛行機は10分早くチェンナイに到着。


9.JPG

お馬さんがお出迎え。こじんまりとしていますが新しくてキレイな空港でした。


10.JPG

壁際には、踊るシヴァ神ナタラージャの像が。南インドに来た~!って感じ。
チェンナイのあるタミル・ナードゥ州ナタラージャ信仰が盛んな土地なのです。

エア・インディアの国内線は3回に1回は遅れるという悪評判でしたが、
今回は遅れることもなく、客室乗務員のサービスも特に問題はありませんでした。

というわけで、至ってフツーという感じのエア・インディア国内線でした。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。