2015年03月04日

新方式のインド・アライバル・ビザ:私の記入例

新方式のインド・アライバル・ビザの続きです。

まず、アライバル・ビザ申請画面です。  https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html

申請は、申請画面の   Visa On Arrival Application  をクリックします。


a.jpg

するとこのような画面が現れます。Email ID はメールアドレスです。
 Continue  をクリックして次のページへ。

次の画面に移ると、一番上に「Temporary Application ID」というのが表示されました。
すいません。このページだけ画像がありません。

これを控えておくと、途中まで入力して一旦やめても、またその続きから入力できます。
インドのビザは入力欄が多くて質問が細かいので、私は疲れて何度か中断しました。


さて、その画面の内容申請者の個人情報です。

Town/City of Birth(出生した町や市)の欄は、私はなぜか都道府県名(~県は入れず)
にしましたが、それで通りました。なぜそうしたのか自分でも思い出せません。(^^;

困ったのはパスポートの詳細の欄です。

Place of Issue(パスポート発行地)という欄があるのですが、
パスポートを見ればTOKYOとか書いてあるので普通は問題ありません。

ところが、私もサラミ夫も、パスポート発行地は上海の日本総領事館です。
パスポートには、CONSULATE GENERAL OF JAPAN AT SHANGHAI とあります。

しかし、入力欄は文字数に制限があって、こんな長々と入力できないのです。
悩んだ挙句、SHANGHAI とだけ入れました。

ものすごく悩みましたが、アッサリそれで通りました。
あんまりその辺は審査する側にとってはどうでもいいような気がしました。(笑)

ページの最後まで入力したら、

 Save and Continue  か   Save and Temporarily Exit  をクリック。

Save and Continue でそのまま継続できますが、
私はSave and Temporarily Exit を選んで一旦休みました。すでに疲れてました・・・。

再開するには、ビザ申請画面の  Complete Partially Filled Form 
というのをクリックするとTemporary Application ID の入力画面が出ます。
ここで、控えておいたIDを入力するわけです。

それでは次です。

b.jpg

次の画面です。右クリックで、「新しいタブ」か「新しいウィンドウ」で開くと大きな画像が出ます。

Present Address(現住所)とPermanent Address(定住所、本籍地)ですが、
現住所には「」の選択がありますが、定住所の方にはありません。

サラミ家のように、現住所と定住所の国が違う人は困ります。
我が家では、定住所の「State/Province/District」の欄に、県の後ろに「JAPAN」と追記。


c.jpg

先ほどの画面の下です。(入力欄は縦長です。)
同じく、右クリックで、「新しいタブ」か「新しいウィンドウ」で開くと大きな画像が出ます。

上から順に、Father's details(父親の詳細)、Mother's Details(母親の詳細)、
Applicant's Marital Status(申請者の婚姻の状態)

その下の質問は、
「(父方或いは母方の)祖父母がパキスタン国籍あるいはパキスタン占領地域にいましたか?」
ですが、インドとパキスタンってやっぱり仲が悪いですね。

父と母の誕生地(Place of Birth)は都道府県名を入れました。(~県の「県」は入れず)

Applicant's Marital Status婚姻の状態)は、

d.jpg

Married」(既婚)を選択すると自動的に「Spouse's Details」(配偶者の詳細)の欄が現れます。
「Single」を選択するとこの欄は消えます。

さらにその下にいきます。

e.jpg

Profession/Occupation Details of Applicant」(申請者の職業の詳細)。
現在の職業と(もしあれば)過去の職業。

職業欄はズラズラズラ~っと色んなのが出ますが、多分通常のインドビザ申請の際と同じものかと。
私は他の方のインドビザ記入例などをネットで探しました。

職業欄のBUSINESS PERSON会社経営者で、いわゆる「会社員」はWORKER
だという説明だったのですが、サラミ夫が「WORKER」なんて嫌や~!と言うので、
本人の希望でBUSINESS PERSONを選択してビザ申請しましたが、問題なく下りました。(笑)

Employer Name/Business には会社名Designation には役職を入れました。

その下の質問は、「軍隊/警察/警備の機関に所属していますか / いましたか?
No を選択すると下の詳細欄は消えます。

実は・・・

f_1.jpg

サラミは専業主婦なのでHOUSE WIFEを選択したところ、
自分の職業ではなく、配偶者(あるいは親)の職業についての項目欄が現れました。


職業欄の右の備考欄に、以下のような説明が出ました。

f_2.jpg

専業主婦/生徒/Minorの場合は、配偶者/親の職業の詳細を記入して下さい。
ということですが、マイナーとはおそらく未成年者のことだと思います。

最後まで来たので、
 Save and Continue  か   Save and Temporarily Exit  をクリック。


それでは、次のページです。

g.jpg

上からまず、Details of Visa Sought(求めるビザの詳細)。
訪問する可能性のある都市は、文字数に制限があるので私は大体で入力しました。

次のPrevious Visa/Currently valid Visa Details(以前のビザ/現在有効なビザの詳細)。
インドのビザを取得したことがない人はNOを選択するだけでOK。

その次の質問も、インドのビザ申請(あるいは延長)を前に断られたことがありますか?
なので、インドに行ったことのない人には関係ありません。

Other Information(その他情報)は過去10年間に訪問した国々をカンマで区切って入力。
しかし、これも文字数に制限があって全然足りなかったので、最近行った国とビザを取った国を
優先して入力しました。

SAARC Country Visit Details(「SAARC」諸国への渡航についての詳細)の「SAARC」諸国とは
インド・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ・ネパール・ブータン・モルディブ・アフガニスタン
8ヶ国で、自分の国を除いて、これらの国に過去3年の間に渡航しましたか?という質問です。
おそらく、インドについては別項目があるので除外だと思います。

ちなみに、先ほどのPrevious Visa/Currently valid Visa Details
(以前のビザ/現在有効なビザの詳細)の項目ですが、YESを選択すると面倒です。


h.jpg

YESを選択すると、またまた細かい入力欄が現れます。
入力するのは昔のビザ番号やら今有効なビザ番号やら、最後に滞在した場所やら色々。
・・・こんなんホンマに追跡できるんかな?

では次です。

i.jpg

ついに画面の一番下に来ました。Reference(照会先)です。

Reference Name in India にはインドで最初に泊まるホテルの名前と住所を入力しました。
Reference Name in Home Country は自国(つまり日本)の緊急連絡先です。

その下に Upload Image  のボタンがあり、ここから画像をアップロードしますが、
私はこのまま画像のアップロードに進んだものの、回線が不安定だったのかエラーが出て、
保存してなかった部分が消えました時間をかけて入力したのに。(涙)

すぐ下に、 Save and Continue  と   Save and Temporarily Exit  
があるので、Save and Temporarily Exit をクリックして画像をアップロードする前に
一旦保存して再開した方がいいかも知れません。

 Save and Continue  は確か画像のアップロードを終えて最後に押すボタンでした。

でも、一旦休憩して再開すると、所々デフォルトに戻っちゃう部分があるので
最初から全部ざっとチェックする必要があります。これはこれで面倒です。

私は中国のインターネット環境を信用していなかったので画面コピーしながら入力を進めました。
(だからこんなに入力画面の画像をいっぱい載せられるのですわ。)

ではついに画像のアップロードです。

 Upload Image  をクリック。


j.jpg

すると、こんな画面が出ます。ここで初めて写真の規定の説明が出ます。(遅いっちゅーねん!)


j-1.jpg

最低350×350ピクセルという情報は、1月下旬の時点ではどれだけ探しても出てきませんでした!
だから、私はこれを見て慌てて写真画像を加工したという次第です・・・。


j-2.jpg

写真データは「ファイルを選択」をクリックしてパソコンに保存してあるファイルを選び、
 Upload Photo  をクリックするとアップロードされます。ドキドキ・・・。

しかし、私はここで1回エラー表示が出て失敗しました・・・。ま、そういうこともあるさ。
2回目はうまくいきました。

その後、アップロードした写真画像が表示され、それで良ければ Confirm  をクリック。
成功したら、申請画面最後の Save and Continue  をクリックして次へ。


kk.jpg

次はパスポートの写真ページのアップロードです。ドキュメント・タイプは Passport を選択。
 Upload  をクリックして次へ。


l.jpg

こんな画面が現れます。「ファイルを選択」をクリックしてパスポートのPDFファイルを選択し、
 Upload Document  をクリック。 

すると、Documents Uploaded for temporary application ID ×××××××××
というメッセージが出ます。

問題がなかったら、 Continue to Next Page  をクリック。

ここで最終確認画面が出るので、内容を確認して問題なければ次へ。
修正したかったら Modify/Edit をクリックすれば直せます。

私はサラミ夫の分も入力したので、この最終ページをで印刷し、(←だから画像ファイルがない)
次の入力時には、それを見ながら入力していました。(笑)

さて、ここまでで申請が終了しましたが、まだお金は払っていません。

次にクレジットカード(或いはペイパルなど)で支払いをするのですが、
あまりにも長くなったので、次に分けて載せたいと思います。

あともう1回続きます・・・。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。