2015年03月11日

初めてのエア・インディア ムンバイ→上海便

南インド旅行のフライト日程は以下の通り。

2月14日(土) AI 349 22:00 上海発 → 翌日02:45 デリー着
2月15日(日) AI 439 06:55 デリー発 → 09:45 チェンナイ着

2月23日(月) AI 672 14:00 マドゥライ発 → 17:35 ムンバイ着
2月24日(火) AI 348 08:15 ムンバイ発 → 20:20 上海着

今回は2月24日(火) AI 348 08:15 ムンバイ発 → 20:20 上海着 最後のフライトです。

実はこの便はデリー経由でした。実際は、

08:15 ムンバイ発 → 10:30 デリー着
11:55 デリー発 → 20:20 上海着

というフライトで乗り継ぎの待ち時間も長かったのですが、
飛行機から降りることは許されませんでした。フライト時間は合計9時間35分でした。

空港には2時間前に到着。


1.JPG

ムンバイの空港もデリーに劣らずキレイです。インドとは思えません。


2.JPG

早朝だったせいか、チェックインカウンターはガラガラでした。
ただし、係員の男性は丁寧なものの仕事がノロく、ああインドだな~という感じ。(^^;

私達はすでにウェブ・チェックインを終えているので、荷物を預けて搭乗券をもらうだけなのに、
男性はひたすら「コリアのビザは?」と言い続けています。

コリア?と思っていたら、男性は上海は韓国の都市だと勘違いしているのでした。
シャンハイは中国です。」と中国のビザを示して無事終了。

インドに入国する時のアライバル・ビザの審査官といい、
こんな一般常識的なこともインド人は知らないのかと少し驚きました。

インドは広いし文化も特色があって強烈だし、インド人は外の世界に対して関心が薄いのかな。
だけど、空港の人が世界の主要都市を知らないでは済まないのでは。しかも同じアジアで。

こんなことがありましたが、搭乗手続きはすんなり終わりました。
イミグレーションもガラガラで拍子抜け。ちなみに出国カードを書くのはインド人だけでした。


3.JPG

手荷物検査場に移動すると、意外なことにそんなに混んでいませんでした。

ここで、サラミ夫が飲みかけのペットボトルの水をバッグに入れたまま検査に進みました。
前に捨てるのを忘れていた水がすんなり通ったので、もしかしたら禁止でないのかも?
と思ったのでした。

まあ、ダメだったら没収されるだろうし。

すると今回も、ペットボトル2本共ちゃんと見ていたのに何も言われませんでした。
どうやらインドでは水は持ち込んでもOKみたいです。

ここで、係員が私のショルダーバッグのタグにスタンプを押すのを忘れました
すぐに私が気づいて「スタンプ押して~!」とおっさん係員に言って押してもらいました。

おお、インドは最後まで気が抜けへんわ~。(^^;


4.JPG

免税エリアには朝7時にやって来ました。ここもキレイですね~。


5.JPG

レストランカフェも煌びやかです。何度も繰り返しますが、ここがインドとは・・・。

お土産が買えるお店もいくつかあったので、ここで残りのルピーを使い切りました。

手持ちのルピーが合計金額より少なかったので、持っているルピーの分だけ現金払いにし、
残りの差額をクレジットカードで支払いました。これでルピーは全部なくなりました。

しかし、買い物に夢中になりすぎて、気が付いたらファイナルコールのアナウンスが。
やばいっ!!ドドド~っと急いでゲートへ。そのまま乗り込みました。


6.JPG

機材は上海から来た時と同じく、ボーイング787-8ドリームライナーです。


7.JPG

ムンバイには前日の夕方に来たので気づいていませんでしたが、
こうやって機内から外を見るとものすごい大気汚染でした。明らかに上海よりひどい。


8.JPG

座席は行きと同じく3-3-3の配列です。
デリーでいっぱい乗り込んで来るのか、ここムンバイではガラガラでした。


9.JPG

私達の座席は、これまた行きと同じく一番後ろの列で2席だけ
2席だけなので、前の1番左の席にテーブルがありません。


10.JPG

ここ、左に余裕があって、とても楽なのです。


11.JPG

脱いだ靴は前列の窓際(一番左)の座席の下に置けるので、自分の足元が広々~。


12.JPG

予定通り飛び立つと、窓の電子カーテンは自動的にこのブルーに。

このフライトでサービスしてもらった客室乗務員はベテランらしき恰幅の良いおばちゃんで、
英語もノーマルだし接客態度も丁寧で慣れているし、とても良い方でした。

しかし、座席が1番後ろというのはやはり機内食の希望が通らないようで、
今回もノンベジは売り切れとのことでした。

おばちゃんは「ベジの機内食も美味しいのよ~、カッテージチーズのカレーよ。
と必死で慰めてくれました。

ここでサラミ夫が、行きのフライトでもベジ食しか食べられなかったので、
次のデリーから上海までの時の機内食は絶対にノンベジにして欲しい!とお願いしました。

おばちゃんは快く了承してくれました。約束したから次の機内食は大丈夫かな。


13.JPG

というわけで出てきたベジ食。インドのカッテージチーズはパニールといいます。
しかし、食べてみたら、このベジ食がむちゃくちゃ美味しかったのです!

横を通ったおばちゃんに思わず「美味しいよ~!」と伝えたくらいです。
おばちゃんも笑顔で「良かったわ~!」とニッコリ。

ただし、クロワッサンはバサバサです。
エア・インディアの機内食は、インド料理以外は苦手みたいです。


14.JPG

カレーももちろんですが、右の赤いやつがモチモチの食感で美味しい~!
赤いけど辛くはなく、炭水化物の主食系です。これ一体何だったのでしょう。

おばちゃんに名前を聞けば良かった~!


15.JPG

そして飛行機はデリーに10分早く到着。やっぱり空気は汚れている気がします。


16.JPG

そして、またほとんどの人が降りてしまいました。

次の離陸まで1時間以上あるので、私達も一旦降りるのかと準備をしていたのですが、
残っている人の様子を見るとみんな降りません。

ガーン!ちょっと位デリーの空港でお土産見たかった~。(←まだ未練が。)

中国系航空会社のフライトで、昆明経由で南の端のシーサンパンナまで行った時は、
一旦降ろされてターミナルで待ってたけどな。

降ろすと色々面倒なんでしょうけど、機内に1時間以上缶詰めにされてもツライ。

この間、客室乗務員のおばちゃんは、乗客の座席に座って新聞を読んでいました。


17.JPG

と、目の前で機内清掃が始まりました。この人は掃除機をかける係。


18.JPG

こちらはゴミを集める係。

機内清掃の係は全員男性でした。しかし、テーブルの拭き方とか、見てたらすっごく雑~
エア・インディアの機内の薄汚れた感じは、この雑なメンテナンスにあると確信しました。

もっと洗剤を使って拭かないと、特にトイレとか、あちこちの黒ずみは取れないよ。
とツッコミたくなりました。だって雑巾で乾拭きするだけ!んなアホな~。

掃除も終わってしばらくすると、次の乗客が続々と乗り込んできました。
次は上海に向かうので乗客の大部分は中国人で、いきなり騒がしくなりました。

ああ、雰囲気がもう中国だわー。(よくあることですが。)


19.JPG

飛行機はほぼ定刻通りに飛び立ち、窓の電子カーテンはまたこのブルーに。

この電子カーテンが不思議で、色が変わる瞬間を見たいと思っていたのに、
目を離した隙に色が変わるので、とうとう最後までよく分からないまま終わりました。


20.JPG

ドリンクのサービスが来た時、前の人がビールを頼んでいたので私も頼んでみました。
インドキングフィッシャー・ビールかと思ったらカールスバーグでした。え?

カートを見ると、引き出しには白ワインの小瓶もありました。
インド料理とワインは合わない気がしたので頼みませんでしたが。

おばちゃんは、私達が機内食にノンベジを強く求めたのを意識したのか、
なぜか私達だけピーナッツの袋を2袋ずつくれました。

さらに、1袋はおばちゃんが私達の足元に落としてしまったので、追加で1袋。
落ちた袋はもちろん自分で拾ったので、合計5袋も。あらま。

そして、機内食を配る時は、おばちゃんは私達のところに真っ先に来てくれました。(^^)v

ノンベジチキンフィッシュが選べるというので、1つずつ頂きました。

21.JPG

こちらはチキン。左のヤツが美味しかったです。ビールともピッタリ。


22.JPG

こちらはフィッシュカレー。見た目はいけてませんが、とっても美味しかったです!

しかし、前方を見ると、こんなに美味しい機内食を断って、
お湯をもらって超巨大なカップ麺を食べる人がチラホラ。

中国人は本当に中華以外の料理が苦手なのでした。

食後、サラミ夫は本を読もうとしましたが照明が壊れていました。(涙)

私の方は、機内エンターテイメントにテニスのゲームがあったので挑戦しましたが、
コントローラーが上手く使えずボロ負けするので途中で止めました。(笑)

でも、全ての座席にUSBポートがあるので、私は自分のスマホで音楽を聴いていました。

しかし、B788で新しい機材なのに、あちこち故障したままというのは、
そのままエア・インディアの評判に繋がっているのだろうと思います。

また、この帰りの便は、乗っている中国人乗客のマナーが悪かったです。

乗る航空会社によって中国人客の層が違うということは、
何度も上海から国際便に乗って実感していることですが、エア・インディアはひどい方でした。

ま、価格の安い航空会社の便に乗ると乗客のマナーも下がるということです。
エミレーツに乗った時は中国人乗客はマナーの良い人ばかりでしたし。

これは、日本から乗っていたらあまり経験しないことでしょうね~。
地方の空港から田舎の団体客と同乗でもしない限り、日本人のマナーの良さは均一的です。

機内では、離陸時や着陸時に平気で立ち上がる人が後を立たず、
客室乗務員が注意して回るのに必死。

あと、使用禁止にしていた最後列の中央座席の3席に移動しては横になって寝る人
後を立たず、我らがおばちゃん乗務員は、後ろで他の男性客室乗務員に向かって

なんで座席を閉鎖しないのよーっ!空けてるからでしょっ!!

とキレて怒鳴りまくっていました。(笑)

おばちゃんの言う通りです。使用禁止だなんてどこにも書いてないし、みんな分からないはず。
中国人乗客のマナーも問題だけど、エア・インディアの対応もマズイのです。

着陸態勢で立ち上がってしまう人とか、みんなルールを知らないだけで
悪気があってやっているわけではないのです。(それも困るけど。)


23.JPG

が、こんな風にテーブルに足を乗せて寝ている中年のおばさんもいましたな。
この人は私の席からよく見えたので、本当に目障りでした。煩いしウロつくし。

ちなみにこれは、中央席の人が左座席のテーブルに足を乗せている図です。(呆)

こんな感じで最後の最後は他の中国人乗客の悪影響を受けた感じですが、
座席もゆったりしているし、エア・インディアのフライトはとても楽でした。

上海には予定より少し早く到着し、その点でも問題ありませんでした。

インド料理が嫌いでなくて、機内エンターテイメントより座席の広さを重視する人は、
エア・インディアもいいのではないでしょうか。(遅延の件は分かりませんが。)

インド料理というのは機内食向きなんだな~、と実感した今回のエア・インディアでした。



2015年03月10日

初めてのエア・インディア マドゥライ→ムンバイ便

今回は帰りのフライトです。

2月14日(土) AI 349 22:00 上海発 → 翌日02:45 デリー着
2月15日(日) AI 439 06:55 デリー発 → 09:45 チェンナイ着

2月23日(月) AI 672 14:00 マドゥライ発 → 17:35 ムンバイ着
2月24日(火) AI 348 08:15 ムンバイ発 → 20:20 上海着

以上のように、帰りはムンバイで1泊したので、まずは、
2月23日(月) AI 672 14:00 マドゥライ発 → 17:35 ムンバイ着 国内線のお話を。

まず、エア・インディアは48時間前からウェブチェックインができるので、
予め宿泊ホテルでパソコンプリンターを使わせてもらって手続きしていました。
(ビジネスセンター位あるのかと思ってたら、事務所のパソコンを使わせてくれたという。)

ちなみに、エア・インディアのインド国内線における預託手荷物は15キロまでですが、
国際線に乗り継ぐ時は、乗り継ぎが24時間以内であれば国際線のルールに準じる
というのをどこかのサイト(多分エアインディア)でチラっと見たのです。

でも、その文言が書かれているページを再度探し出すことができず、
もし国内線ルールが適用されたら5キロも重量オーバーになるので、
預けたかった手荷物を1個機内に持ち込みました・・・。


1.JPG

マドゥライ空港は、小さいものの、新しかったです。

インドの空港は、中に入る時にいちいち警備員にチェックされますが、
ここの空港では、私のパスポートを見て、2人の警備員がタミル語でごにょごにょ。

しかしなぜか、私の生年月日のところだけ英語で読み上げたので、
2人が私の生年月日を見ていることが分かりました。

ダラダラと私のパスポートを見続けている2人。
きっと「19××年生まれなら××歳か。ババアだな。」とか言われていたに違いない。(^^;


2.JPG

発着便が少ないみたいで、電光掲示板には国内線国際線も一緒に表示されています。
やたらスリランカのコロンボに行く便が多かったです。

実は、今回もまた当日の朝に14時出発予定が14:30に変更というメールが来ました。

でも、行きの便でも結局元の出発時刻に戻ったので、信用せずに14時出発のつもりで
予定通り空港に来ましたが、案の定14時出発と表示されていました。

一体あのエア・インディアからの
SCHEDULE CHANGE - REVISED ITINERARY INFORMATION
って送られてくるメールは一体何なのでしょう?もしかして気まぐれ?(笑)


3.JPG

中はキレイですが閑散としています。いかにも地方空港って感じ。

しかし、インドの空港ではまず最初に荷物のセキュリティチェックを受けるのですが、
このセキュリティチェックの場所が1ヶ所しかなくてすんごい列。

時間がかかると覚悟して早めに空港に来ていましたが、やっぱり噂通り!

ところが、係員らしき男性が私達を見つけて「どちらへ?」と聞いてきたので、
パスポートとEチケットを見せました。

すると、なぜだか「こちらへ。」と並んでいた人達をどんどん追い抜かして
思いっきり一番前に割り込んでセキュリティチェックを受けさせてくれました。

およよ。デリーに引き続き、またまた割り込ませてもらいました。
でもなぜ?エア・インディアの客だから?外国人だから?

今回は特に急いでいたわけではなかったので余計に分かりませんでした。

しかも、その係員は、デリーの時とは違ってチップを請求することもなく、
あっさりと引き下がっていきました。

きっとサービスでやってくれたのだろうと思いますが、有難いけど本当に謎です。


4.JPG

荷物をX線検査に通したところで、サラミ夫のバッグが引っかかりました。
インド土産の雑貨が引っかかったようでした。

爆弾テロも発生しているインドですから、セキュリティチェックは本当に念入りです。

セキュリティチェックを終えるとチェックインカウンターへ。
すんごい並んでるのかと思ったら、チェックインカウンターはガラガラでした。

私はウェブ・チェックインの時、なぜか
まだ確認する事項があるので搭乗券は印刷できません。」みたいな表示が出ました。

そこで、ムンバイから上海に帰る便がどうなっているのか聞いてみたら、
搭乗券が発券できなかっただけで、チェックイン自体はちゃんとできているとのことでした。

ムンバイから上海までのロングフライトで希望の席が取れなかったらツライので、
これを聞いて安心しました。

しかし、旅行中ということもあって、ウェブチェックインしたのが前日で、
今回の便は、行きのインド国内便と同様、窓際中央の席しかありませんでした。

カウンターで聞いてみましたが、もう満席で変更も不可とのことでした。
サラミ夫は通路側希望でしたが、仕方ない。


5.JPG

今回も忘れずにカウンターでタグを貰って手荷物に付けます。

帰りはお土産の分荷物がかさ張り、1つ小さなバッグが増えたのですが、
エア・インディアは「機内持ち込みのバッグは1つまで」ルールはユルいみたいで、
カウンターの人はそのバッグ分も何も言わずタグをくれました。

また、機内持ち込み手荷物の重さを量られたこともありませんでした。

実際、乗り込む時に周囲を見ていると、インド人はみんなむちゃくちゃ大きな荷物を
機内に持ち込んでいました。

エア・インディアのチェックインカウンターのインド人はみんなキチンとしていて、
対応もちゃんとしています。この時の男性もノーマルな英語だし好感が持てました。

こうしてあっという間に搭乗券を貰い、国内線の出発ロビーに向かいました。


6.JPG

が、エスカレーターで2階に上がると、セキュリティチェックお休み中
お昼休みでしょうか。みなさんボーっとしています。

たまに、上司みたいな人が来た時だけピリっとして通しています。

私達は、セキュリティが再開するまで、壁際に並んでいた椅子に座って待ちました。
結局ここで30分近く待ちました。早く来ても入れないとは。(笑)


7.JPG

傍にあった電光掲示板。丸っこいタミル文字もここでお別れです。

ここでボーッと待っている時、バックパッカーらしきボロボロの服装の欧米人2人組に、
出国カードみたいなやつの書き方を尋ねられました。

見ると「FOR INDIANS ONLY」とあるので、それを指摘したら、
キミたちはコロンボに行くんじゃないの?」と聞いてくるので、

ここは国内線出発ロビーですよ。

と教えてあげたら、「えーっ!」ってびっくりしているではないですか。

国際線はあっちですよー。と教えてあげたら、サンキュー!と笑顔で去っていきました。
大丈夫か。(笑)でも、のほほんとした旅でいいな~。

ちなみに、次の日私達も出国カードに出くわしましたが、
書かなければいけないのはインド人だけで、外国人は書かなくてよかったのでした。

やっとセキュリティがオープンしました~。


8.JPG

荷物のタグにスタンプを押してもらって完了。

中に入ると、小さな売店がちょこっとあるだけで、カフェなどは皆無。
マドゥライは、市内で食事をしてから空港に来た方がいいです。

ゲートがどこなのかよく分からず、しばらく並んでいた椅子にボーッと座っていました。
とはいえ、小さい空港なので、ゲートの数は限られています。

アナウンスが入って「ゲート6が何たかかんたら~」と言った(ような気がした)ので
下に下りてみたら、そこがゲート6でした。


9.JPG

トイレの男女表示がトランプでした。女性の方はもちろんクイーン


10.jpg

ここからバスに乗って移動です。

しかしバスは、キュウキュウに詰め込む前にガラガラ状態で出発。おお、太っ腹~。


11.JPG

エア・インディアの機体デザインはちょっとレトロで私はすごくお気に入りです。


12.JPG

特に、窓枠の赤いデザインがインドらしくて好き。


13.JPG

機内に乗り込むと、先ほど乗って来たバスが見えました。すんごーいレトロ
大体、今時こんなに階段の多いバスってあまり見ませんね。


14.JPG

と、人力でタラップを移動させている・・・。普通は牽引車で引っ張らないか?
てか、もっと普通はタラップ車(トラックの上にタラップが付いている車)のような気が。

いやー、インドの底力を感じます。


16.JPG

ムンバイ行きの機材はエアバス319。ちょっと小さ目です。


15.JPG

座席は3-3で、今回は窓側中央の席です。


17.JPG

写真がブレましたが、酸素吸入器の説明はキレイなインド人のお姉さんが。

実は、この便はチェンナイ経由です。インドは広いから、その方が効率がいいのかな。

14:00に出発して15:00にチェンナイ到着。1時間しかありません。
というわけで、チェンナイまでは食事は「スナック」。


18.JPG

サンドウィッチマンゴージュース。まあ、1時間ですから仕方ないです。
水が小さいペットボトルで頂けるのは助かります。


19.JPG

トレーの上の物をどけると、トレーには機内販売の冊子がくっついていました。
しかも、貼り付けてあって剥がすことができません。何だこれは。

機内販売は欲しい物が全然ありませんでした。マハラジャ君グッズとかないのか。ガッカリ。

こんな感じで、飛んだと思ったらあっという間にチェンナイに着きました。


20.JPG

ここで、大部分の人が降りてしまいました。

ここチェンナイからは次は14:45出発で、17:35ムンバイに到着です。

私達もここで一旦降りるのかな~と思っていたら、時間も短いので私達はそのままでした。
駐機中でしたが、トイレも自由に使うことが出来ました。

ここで女性の係員が現れ、頭上の収納スペースの荷物を確認していきました。
あなたの荷物はいくつありますか?」と聞かれたので「これとこれとこれの3つ。」と返事。

途中から乗客が乗ってくるので、荷物の紛失などのトラブルを避けるためでしょうね。

しばらくすると、乗客がまたどどっと乗ってきて、ほどなく出発。
先ほどは1時間のフライトでしたが、今度は1時間50分です。


21.JPG

そして2回目の機内食。今度も「スナック」でしたがベジノンベジを選べたのでノンベジを選択。
南インドベジタリアン・フードが続いたので、そろそろ肉食を希望。(笑)


22.JPG

中身は、チキンパイ。パイの中身はもちろんカレー味。美味しかったです。
久しぶりのお肉だったのでワシワシ食べてしまいました。(笑)

上のサンドウィッチは中に挟んであるペーストにスパイスが効いていました。
でも不味いわけではないのです。不思議な味でした。

左上のカレーみたいな色の汁っぽいやつは、すくって食べたら超甘いデザートでビックリ。
ひき割り豆をどうにかした感じの汁っぽいスイーツでした。ま、あの位置は普通スイーツだわな。

こうしてお肉も頂き、予定通りムンバイに到着しました。

ムンバイの空港で荷物が出てくるのが死ぬほど遅かったとか、余計なところで不満はありましたが、
私達の乗ったエア・インディア国内線は大きなトラブルもなく、最後まで満足いくフライトでした。

2015年03月09日

初めてのエア・インディア デリー→チェンナイ便

毎度紹介していますが、今回のフライトです。

2月14日(土) AI 349 22:00 上海発 → 翌日02:45 デリー着
2月15日(日) AI 439 06:55 デリー発 → 09:45 チェンナイ着

2月23日(月) AI 672 14:00 マドゥライ発 → 17:35 ムンバイ着
2月24日(火) AI 348 08:15 ムンバイ発 → 20:20 上海着

今回は、2月15日(日) AI 439 06:55 デリー発 → 09:45 チェンナイ着 の便です。


2.JPG

間に合わないかと思いましたが、ゲートに着いたのは6時25分。奇跡です。
ちょうどボーディングが始まったところでしたが、大急ぎでトイレに駆け込みました。

トイレには、がいました。洗面台に立ったら恭しく水を出し、手を洗ったらこれまた恭しく
ペーパータオルを差し出す・・・という具合でこれまたチップを要求してきそうでしたが、
本当に急いでいたので、走って逃げました。 走り去りました。

チェンナイ行きは、結局15分くらい遅れて出発。


3.JPG

機材はエアバス321で、シートは3-3
フライト時間は2時間50分と結構長いです。さすがインドは広い。


4.JPG

私達の座席は通路側中央で、窓際にはインド人男性が座っていました。
インド国内線ともなると、圧倒的にインド人多し。


5.JPG

私のパーソナル・モニターはどうしてこの表示?


6.JPG

色々いじってたら映りました。何となくインド映画をボーッと見てしまいました。
出てくる若い男性がいちいち平井堅に見える。(笑)

さて、この便の食事は「Breakfast」ということでしたが、やはりベジノンベジが選べました。


7.JPG

ノンベジ食。真ん中のは玉子でした。ある意味これもベジタリアンに近いような。


8.JPG

ベジ食の朝食は、旅行を終えてみると分かるザ・南インドの朝食。
左から、イドリー(蒸しパン)とサンバル(豆と野菜の煮込み)とワダ(豆ドーナツ)かと。

南インド料理は食べたことがなかったので、これは何や?と大騒ぎしながら食べました。

1つびっくりしたのは、隣のインド人が付け合わせのパパイヤパイナップル
胡椒をかけて食べていたことです。

インド人はスパイスがなくては生きていけないんだなーと衝撃を受けました。

そうこうしているうちに、飛行機は10分早くチェンナイに到着。


9.JPG

お馬さんがお出迎え。こじんまりとしていますが新しくてキレイな空港でした。


10.JPG

壁際には、踊るシヴァ神ナタラージャの像が。南インドに来た~!って感じ。
チェンナイのあるタミル・ナードゥ州ナタラージャ信仰が盛んな土地なのです。

エア・インディアの国内線は3回に1回は遅れるという悪評判でしたが、
今回は遅れることもなく、客室乗務員のサービスも特に問題はありませんでした。

というわけで、至ってフツーという感じのエア・インディア国内線でした。

2015年03月08日

エア・インディアの国際線→国内線の乗り継ぎ

繰り返しますが、今回の南インド旅行のフライトは以下の通り。

2月14日(土) AI 349 22:00 上海発 → 翌日02:45 デリー着
2月15日(日) AI 439 06:55 デリー発 → 09:45 チェンナイ着

2月23日(月) AI 672 14:00 マドゥライ発 → 17:35 ムンバイ着
2月24日(火) AI 348 08:15 ムンバイ発 → 20:20 上海着

今回は、2月15日(日 AI 439 06:55 デリー発 → 09:45 チェンナイ着 の便に乗るまで。
エア・インディアデリーまで来て、同じくエア・インディア国内線に乗り継ぎです。

しかし、2時間20分も上海からのフライトが遅れたのに加え、アライバル・ビザを取るのに
時間がかかり、手荷物を一旦引き取ったりして時間がギリギリでした。

デリーのインディラ・ガンディー国際空港乗り継ぎがややこしいという口コミをいっぱい見たので、
事前に空港の公式サイトの地図を見て、ターミナルについて予習していました。

幸い、私達はエア・インディアからエア・インディアに乗り継ぎということで、
どちらもターミナル3で、ターミナル間の移動はありませんでした。

ターミナル3の国際線エリアの隣がすぐ国内線エリアだということは地図で把握していたので、
まず、税関の外に出たところでに行きました。出て右が国内線ターミナルです。

しばらく行くと、トランスファー(Transfer)と書いたゲートがありました。えらい小さなゲート!

入口には係員がいて、エア・インディアから連絡が来ていたのか、東洋人の私達の顔を見て
いきなり「チェンナイ?」と聞いてきました。多分この時、時刻は朝6時前くらいでした。

私達の次のフライトは06:55発です。(汗)

YES!と言うと、係員は素早く私達の預託手荷物をチェックし、その2つのバッグに「Transfer
というタグを付け、目の前にあった荷物預け所にちゃちゃっと預けてくれました。

ガラガラ引っ張っていたバッグは、ここでベルトコンベアーに乗っていきました。

このトランスファーエリアは付け焼刃で作った場所なのか、とても狭い上に、
移動手段がエレベーター1基しかありませんでした。

げげ、時間がないのに混み合って乗れない・・・

と思ったら、先ほどの係員が誘導してくれて、前に割り込んでエレベーターに乗せてくれました。
そしてそのまま(確か)2階へ。

係員は、なんとそのままずーっと私達を誘導してくれました。

係員に誘導されてセキュリティチェックの手前まで来た時、あまりの列の長さに青ざめました。
コンサート会場の入口かと思うくらいの人数で、この瞬間、次の便は間に合わないと思いました。

しかし、ここで係員が目の前にいた警備員に話をして頼み込み、長蛇の列を全部抜かして
私達を最前列に割り込ませてくれたのです。オーマイガーッ!!

ただし、セキュリティチェックは1人1人念入りに行われているので最後は少し並びました。
とはいえ、前に3人くらいでしたが。しかし普通に並んでたら30分では済まなかったでしょう。

無事セキュリティも終え、これまた先ほどの係員がずんずんと誘導してくれます。


1.JPG

急いで歩きながら一瞬でパシャッと撮ったデリー空港の国内線エリアの様子です。

それにしても、デリーの空港というのは、何と敷地が広いのでしょう。
セキュリティを抜けてからゲートまで、それはもう遠いったらありゃしない。
急いでいるので余計ゲートが遠く感じました。

サラミ夫は「キレイな空港やな~。」と急ぎつつ感動してキョロキョロ。

しかし、速足で歩くサラミ夫係員の後ろ姿を追いかけながら、一抹の不安が。

今ひょっとしてチップちょうだいって言われているのではないだろうか・・・?

そりゃ、これだけの距離を誘導してもらい、エレベーターもセキュリティも割り込ませてもらって
案内してもらったのです。彼の案内なしでは絶対に間に合っていません。

本来、言われなくてもお礼するべきなのは重々承知しているのですが、
私らまだインドルピーを持ってない!時間がなくて両替をしていません。

後でサラミ夫に聞いたところ、係員はやっぱりボソッと「チップくれないか?」と聞いて来た
らしいのですが、中国元をあげても嬉しくないだろうし、申し訳ないけど笑ってごまかした、とか。

サラミ夫共々、今思い出しても、ルピー持ってたらお礼したのになー、申し訳ないなー、
と思うばかりです。例え中国元でもあげた方が良かったのかな・・・。

しかし、インドなのにそれ以上は言ってこなかったとか。随分とアッサリしたもんです。

係員の案内のお蔭で無事にゲートまで到着。ここで深くお礼を言って別れました。

しかし、あの係員の誘導は、チップが欲しくてやっているのか、誰にでも当然の事として
やっているのか、私達が外国人だからやっているのか、その辺は分かりませんでした。

ただ、評判の悪いデリーでありながら、あんな小さく「チップ・・・・・」と弱々しく聞いてくる程度
ということは、空港内は少なくとも見張りの目があって規律は守られているのでは。

しかも、ものすごく仕事してくれたし。

こんなわけで、エア・インディア国際線からエア・インディア国内線への乗り継ぎは
係員が助けてくれたお陰でギリギリ間に合いました!

ただ、国内線のセキュリティは30~40分かかると思っていた方がいいです。
また、他の航空会社への乗り継ぎだったら確実にアウトでしたね。

2015年03月07日

デリーで新アライバル・ビザを取る

デリーの空港ターミナルに到着した後からのお話です。

日時は、2015年2月15日(日)の朝方です。

ここで入国するのですが、アライバル・ビザを取る私達は入国審査の列ではなく、
アライバル・ビザの専用カウンターに並びます。

 *私達は新しく導入されたアライバル・ビザの事前申請手続きを済ませていました。
   詳しくはこちら→ 新方式のインド・アライバル・ビザ

その時の写真は1枚も撮っていないので、覚えていることだけ。

まず、ターミナル内に入ってすぐのアライバル・ビザ専用カウンターは閉鎖されていました。

場所が移動したようで、入国審査を通り過ぎた遥か向こうに専用カウンターがありました。
アライバル・ビザは正確には「VISA ON ARRIVAL」と言い、表示もそう書かれています。

デリーのアライバル・ビザ専用カウンターは、ブースの数は多いですが手続きは遅いです。

中国人はアライバル・ビザが取れないため、上海から来た私達はカウンターでそんなに
並ばなくていいかと期待していましたが、同じく上海から来た欧米人が多かった様子。(笑)

インド人は効率的に仕事をする能力に欠けるのか何なのか(このノロさは中東以来の経験)、
黙って見ていると、一人あたりに最低でも20分位はかけているような雰囲気でした。

ずっと尋問したりして仕事をしているなら厳しいんだなーと思うのですが、
ただ黙って下を向いているだけで、何をしているか分からない時間がものすごく多い気が。

やっと私の番が来ましたが、係員はだるそうに「リターン・チケット」と言ってくるので
Eチケット(A4の紙)を見せましたが、なんとそのEチケットの読み方が分からないという・・・。

これがチケットだと言っても「リターンチケット」と言い続けるのでサラミ夫が見かねて割り込んできて、
この部分が帰りの便だ」と具体的に指差して教えてやっと納得してもらいました。(笑)

こんなんでよく審査官が務まるな~。インドってすごいな~。

ちなみに、この時は写真を提出する必要はありませんでした。
すでに事前申請で写真データを提出しているからなのでしょうね。

この時提出した書類は、
パスポート、ETA(事前審査)のEメールを印刷した紙、Eチケットの紙

本当にのろ~い手続きの進みようで、パスポートも隅から隅までジロジロ見ています。
他の空港でもそうでしたが、仕事プラスアルファで、珍しくてただ見ている人もいるみたいです。

実際、帰りの空港で、私の生年月日を2人でぐにゃぐにゃタミル語で言われた時にゃ、
もう笑うしかありませんでした。「お、見た目より歳いってるな。」とか言われていたに違いない。

アライバル・ビザの各ブースはわりと近くて、途中で隣のブースで手続きしていたドイツ人女性
ちょろっとお喋りしました。(喋りたくなる位シーンとしたままずっと待たされてました。)

女性は中国の瀋陽に住んでいて、瀋陽から上海経由でデリーまで来たと言っていました。
しかし、これがマズかった!審査官が私達の会話を聞いていたのです。

この時は英語で会話していたのですが、瀋陽シェンヤン(Shenyang)と発音します。

私達はついコーフンして、「私達も日本人ですがシャンハイに住んでいます。」と返したので、
聴き耳を立てていた審査官がシェンヤンシャンハイでむちゃくちゃ混乱してしまいました。

向こうの審査官はドイツ人女性に、「で、あなたは上海に住んでいるのか?」と尋ね、
女性が「いやいや、さっきも言いましたけどシェンヤンです。」と中国のビザを示していました。

こっちの審査官もEチケットが読めないくらいなので当然混乱してしまい、
あなたの国籍は?と日本のパスポートを手にしながら何度も聞いてくる始末。アホか。

今手に持ってるパスポートにJAPANと大きく書いてあるでしょうが。(笑)
こんな所で審査してたら、第3国から飛行機に乗ってきた人なんてゴマンといるでしょうに。

インド人の頭の中の仕組みと世界観がよく分からん。

思わず、ドイツ人女性と顔を見合わせて「えらいこっちゃ」とクスッと笑ってしまいました。

並んでいる時は、余計なことは喋らないのが一番です。

最後に顔写真の撮影をし、指紋を10本全部取られましたが、
私の指はなぜか反応せず、何度もやり直しました。

指が油っぽいのか、逆にカサカサでスマホが反応しないような状態だったのか。
なんだかおばーさんみたいで恥ずかしかったです。(サラミ夫は問題なし。)

こんな感じで、大体30分くらいで終わりました。
事前申請の時に費用も支払い済みなので、その分早くなっているのかも知れません。

ちなみに、ビザはシールではなくスタンプでした。

このスタンプのビザは分かりにくいのか、この後インドのビザを見つけ出せない空港職員が続出。
その度に「ここです」と教えてあげなくてはなりませんでした。

やっとパスポートにビザのスタンプが押されて、「ここから今度は入国審査に並ぶのか~」
と思っていたら、何と、アライバル・ビザのカウンターは入国審査も兼ねていました。

機内で書いた入国カードを渡すと、係員はブースの後ろを指して「こっちから通れ」と指示。
通常の入国審査の列には並ばずに、バゲージクレームまです~っと行きました。

ビザを取るのに時間がかかったおかげで、荷物はすでに出てきていました。

ちなみに、せっかく税関申告書も書いたのに税関を通る時には誰もおらず、
申告書の回収もしていませんでした。

しかし、何とかこうして晴れてインドに入国することができました。(^^)v

ただ、国内線への乗り継ぎが時間ギリギリ。どうなることやら。(汗)

2015年03月06日

初めてのエアインディア 上海→デリー便

今回の南インド旅行は初めてエア・インディアに乗りました。

世間の評判は悪いようですが、乗ってみたら快適で、とても気に入りました。
何より、機内食がめちゃくちゃ美味しかった!

エア・インディアはスター・アライアンスのメンバーに加盟したので、
ある程度のレベルは保たれるようになったのかも知れません。

また将来乗ることもあるかも知れないので、詳しく記録を残そうと思います。

まず、今回のフライトです。

2月14日(土) AI 349 22:00 上海発 → 翌日02:45 デリー着
2月15日(日) AI 439 06:55 デリー発 → 09:45 チェンナイ着

2月23日(月) AI 672 14:00 マドゥライ発 → 17:35 ムンバイ着
2月24日(火) AI 348 08:15 ムンバイ発 → 20:20 上海着

まず、最初のデリーまでのフライトについて。

チケットはエア・インディアのサイトからオンラインで購入しました。

エア・インディアでは48時間前からウェブ・チェックインが出来るので、
自宅で手続きして搭乗券をA4の紙に印刷してから出発しました。

チェンナイまで通しで買っているので、まとめて手続きできました。(当たり前か。)

エア・インディアのウェブ・チェックインは少し面倒です。
ビザ申請の時と同様、(確か)父親の名前とかビザ番号とか入力することが多い!

でも、私の場合はアライバル・ビザだったので、ビザ情報の欄は「情報がない
みたいなところにチェックを入れました。

チェンナイ行き国内線は、購入時に指定した座席はすでに別の人に取られていました。
その場合、気づかずにいると自動的に再指定されます。
気に入らない席だったので、もちろん変更。

帰りの国内線も同様に別の人に取られてしまって希望の場所に座れなかったので、
インド国内線はウェブチェックイン必須だと思います。しかも48時間くらい前に。

実は、当日の午後2時くらいに(フライトは夜10時)、出発時刻変更のメールが来ました。
22時から22時半へ変更します、というもの。

しかし、夕方5時くらいに再び変更メールが来て22時に出発します、と元通り
悪名高きエア・インディア、なんじゃコレと思いつつ予定通り家を出ることに。

当日は、すでに座席も決まっていることだし荷物を預けるだけなので、
余裕で空港まで行き、フライトの1時間40分ほど前に到着しました。

ちなみに、中国便は日本便とは荷物の規定が違い、預託手荷物は20キロまでです。
国内線は15キロまでですが、国際線からの乗継の時は当然ならが20キロまでOK。

それにしても、上海のエア・インディアのチェックインカウンターはいけてなかった。(怒)

まず、入口で案内する係員がおらず、ビジネスクラスエコノミークラスのレーンが
どう分かれているのか分かりづらいのです。人員を置けないならせめて看板を立てろ~!

しかも、ものすごい長蛇の列。最後尾についた私達は、カウンターが遠いので、
上の表示の文字が見えない。(私達は2人ともド近眼です。)


1.JPG

目を凝らして見て、何となくここはビジネスクラスだと思った所を避け、列の長ーい
エコノミーらしき場所に並びました。しかし、ビックリする位手続きが進まない!ノロい!

案内する人がいないせいで列も曖昧になっていて、ぐちゃぐちゃでした。

分からなくて最初ビジネスクラスの列に並んでしまって並び直す人や、
分かっていて人の少ないビジネスクラスの列に並ぶ人などなど。(圧倒的にこっちの方が多い)

それはそれはヒドい有様で、本当のビジネスクラスのインド人知らん顔で並んでいる
エコノミークラスらしきインド人にキレて怒鳴り倒したりと、惨憺たる有様でした。

そんな修羅場になっているのに、カウンターの人はボーッとして何もしないのです。

上海の空港で、仕事しているのはみんな中国人なのに、航空会社によってホントに対応が違います。
しかし、最近はサービスも向上しているので、久しぶりにヒドいのに当たりました。

サラミ夫は出発前日に風邪をひき、この時も体調が悪かったので、
私が1人で並ぶことにし、サラミ夫は少し離れた場所で座って待ちました。

結局、20時20分に列に並んで、21時15分にカウンターで手続きが完了しました。
荷物を預けるだけなのに約1時間。ノロすぎる・・・。

荷物は一旦デリーで受け取って、国内線に乗り継ぐ時に再度預ける必要があると説明を受けました。
まあ、デリーで入国するわけだから、そうなんでしょうな。ふむふむ。

あと、エア・インディアセキュリティがものすごく厳しいです。

機内持ち込み手荷物には必ずエア・インディアの紙の荷物タグを付けて、
セキュリティを通った後に、そのタグに証明印を押してもらわなければなりません。

手荷物にこの証明印付きのタグが付いていないと飛行機に乗せてもらえません。
というわけで、まずチェックインカウンターで必ずこの荷物タグをもらわなければなりません。

しかし、大体は「機内持ち込み手荷物はいくつありますか?」と聞かれます。

最後に、何でこんなに時間がかかるんだ?と文句を言ったところ、係の中国人女性が言うには、
英語も中国語も分からないインド人客が荷物の超過料金を払おうとせず、
モメまくっていたのだそうな。

あれだけ待たされたということは、払おうとしなかったインド人客は少なくなかったようです。
ひょっとして、インド人って中国人より強烈な人達なのか?(インド未経験なもので。)

インドはすでに始まっていたのでした。

どうでもいい余談ですが、出国審査の時、たまたま見習いの兄ちゃんに当たってしまい、
師匠のおっさんに色々言われながら、私のパスポートを片っ端から全部ゆーっくり見るので
アホみたいに時間がかかってイライラしました。私のパスポートは新しいからほぼ白紙なのに!

なんで浦東空港は、あんな春節休みで出国人数がピークの時に見習いを置くのか。パンチ


2.JPG

さてゲートに来ました。電光掲示板にはムンバイ行きと大きく表示が出ています。

実は、上海→デリー便は、デリー経由のムンバイ行なのです。
私達はデリーで降りましたが、ムンバイまで行く人はそのまま機内に留まっていたような。

さて、22時発のデリー行きでしたが、乗ってから死ぬほど待たされました。

これはエア・インディアが悪いのでなく、上海(や中国各地)の空港でよくあることで、
空港が混み合い過ぎて、離陸の順番を待っているらしいのです。

中国の空港からは定時で飛んだらラッキーと思っていた方がいいです。(^^;


3.JPG

乗った機材はB787-8でした。エア・インディアってば、最新機材ではないか。
誇らしくドリームライナーと書いてありますが、もうすでにボロボロ。


4.JPG

機内のシートは3-3-3でゆったりめ。


5.JPG

私達はあえて一番後ろの窓際とその隣の座席を取りました。ここは2席しかないのです。


6.JPG

このように、窓際の席は少し窓から離れていてスペースたっぷり。
サラミ夫は左側に足を伸ばしてゆったりしていました。

窓はご存じの電子カーテンですが、深夜便ということもあり、
結局自分で操作することなく終わりました。

私達の座席の後ろはトイレなので、その点でも楽でした。


7.JPG

個人モニターにはエア・インディアのキャラクターが。


8.JPG

一目見て、この「マハラジャ」君というキャラクターがすっかりお気に入りです。
ぬいぐるみとか機内販売していたら多分勢いで買っていたと思います。

と、最初はまあ余裕で機内を見物していたのですが、
乗ってからなんと2時間待たされるハメになりました。

最初は、ちょこっと遅れているのかなー、くらいの感じでいたのですが、
そのうちに、客室乗務員による救命胴衣の実演(!)が始まりました。

こんな最新機材で、ビデオじゃなくて実演を見せられるとは思いませんでした。(笑)

その後、近くにいたおじさん乗務員にブランケットを頼んだものの、
生返事をするだけで他の女性客や乗務員とお喋りに興じるばかり。

私とサラミ夫で3回お願いしましたが、多分ブランケットがなかったのでしょう、
「ヤー。」とえらくフランクな英語で返されてその後も無視され続けました。

多分、万が一見つけたら持って来てやる、位のつもりだったのでしょう。
だったら、そう言ってくれたらいいのに。

相手はインド人なので仕方ないと諦めました。(笑)
*インド人の名誉のために言うと、やる気のない乗務員はこのおじさん一人だけでした。

その後は、機内は暗くなったので、寝たり起きたり・・・。

たまに機長のアナウンスが入って、もうすぐ飛べる予定なんて言うものの、
結局また照明が点いて機内がいきなり明るくなったり。

この頃になると時計ばっかり見ていたのですが、23:55にやっと飛行機が動き出したと思ったら、
その後も離陸せずにグルグルと空港内を回っているではありませんか。(怒)

結局ビューンと飛んだのは夜中の12時半でした。これで2時間半の遅れ。
かなり余裕はあるものの、デリーからの乗継は大丈夫か?(汗)

飛んでからしばらくは乱気流に突っ込んだのか、むちゃくちゃ揺れました。

食事が始まったらしばらくトイレに立てないと思って早めにトイレに行ったところ、
最新機材のはずが、トイレ内部は痛みが激しく、壁は外れかけですでにボロめ。

中華系キャリアのトイレも乗客の使い方が荒いのでボロボロですが、
インドの乗客も結構なものだな~と実感。そしてエア・インディア側のメンテナンスもどうなのか。

世間の評判の悪さはこの辺かな。

しばらくして、やっと食事の時間が。


9.JPG

ピーナツが先に出ました。
エア・インディアでアルコールが飲めるとあまり思っていなかったのでコーラを注文。


10.JPG

楽しみにしていた機内食は、インドらしくノンベジタリアン食ベジタリアン食から選びますが、
座席が一番後ろだったせいで、ベジタリアン食しか残っていませんでした。

お肉が食べたかったので「えー!」とショックを受けていたら、「チキンもつけるから」と
例のやる気のないおじさん乗務員が、ミニ・チキンカレーをベジ食に付けてくれました。

私達の前の列もみんなミニ・チキンカレーをもらっていました。

サラミ夫が想像するに、ベジタリアンの人は絶対ノンベジ食を食べられないけれど、
ノンベジの人はベジ食を食べられるので、絶対ベジ食を多く積んでいるはず。

で、今回のように、ノンベジが足りない時のためにミニ・チキンカレーを積んでいるのでしょう。


11.JPG

アルミの蓋を取ったノンベジタリアン食です。右の小さいのはミニ・チキン・カレー

地味な見た目ですが、このベジ食がめちゃめちゃ美味しかった!ぴかぴか(新しい)

ベジタリアンの食事なので内容が貧弱で物足りないかと思ってたらとんでもない!
インド料理のベジ食はガッツリいけます。しかも美味しい!


12.JPG

インドなので紅茶の味はどうかと思って頼んでみましたが、紅茶はフツーでした。

やる気のない例のおじさん乗務員が私に紅茶を注いだところでポットが空になり、
サラミ夫のカップを持って後ろへ行き、紅茶を入れて戻って来たおじさん乗務員。


13.JPG

・・・ティーバッグかい。しかもTetleyってかい。

フライト時間は7時間15分だったのですが、機内で2時間以上遅れたので、
9時間以上座っていたことになります。でも、概ね快適なフライトでした。

マイナス点を挙げるとすれば、すでに機材がボロくてメンテナンスがイマイチなことと、
機内エンターテイメントの音楽がインド音楽しかないことでしょうか。

最終的に飛行機は2時間20分遅れ5時05分デリーに到着。

次のチェンナイ行き6時55分発なので、
本来4時間10分あった乗り継ぎ時間は1時間50分になりました。

しかも、デリーに着いたらターミナルまでバスで移動。遠いよーっ!(涙)

いくら乗り継ぎにまだ2時間近くあるといっても、
私達はアライバル・ビザをもらってから入国せねばなりません。

セキュリティが厳しくて、恐ろしいほど時間がかかるという噂のインドの空港です。
果たして私達は無事に乗り継げるのでしょうか。

次回に続く・・・

2015年03月05日

新方式のインド・アライバル・ビザ:支払い

新方式のインド・アライバル・ビザ支払いのお話です。

オンラインでの申請が成功すると、
Regarding your Tourist VOA Application」というメールがすぐに届きました。

ここに全文を載せます。

INDIAN TOURIST VISA ON ARRIVAL(TVoA) 
 Enabled by Electronic Travel Authorisation(ETA)

Dear サラミ,

    Application ID :- ××××××××××××
    Passport No :- ○○○○○○○○○
    
    Your Application has been partially submitted successfully.

    If fee not paid already, please pay Tourist Visa on Arrival fee online at https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html

    Your Applications will be processed only after online payment of fee.

    You can check Payment Status and Visa Status by clicking 'Visa Status' on https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html


要は、申請は途中まで終わったけど、
オンラインでの支払いが済まないと手続き進まないよ。ということです。

ということで、https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html に行きます。
何のことはない、アライバル・ビザ申請画面です。

画面上部の  Pay Visa Fees  をクリックして決済画面に進みます。

対応しているのはクレジットカード、デビッドカード、ペイパルでしたが、
私はクレジットカードで支払いました。

私はサラミ夫の分も私の名義のクレジットカードで決済しようとしましたが、
見事にハネられました。私自身の決済は成功しました。

そこで、サラミ夫が自分名義のクレジットカードで決済したところすんなり成功。
どうも、申請者の名前とカード名義が一致していないとダメなようです。

ちなみに、最後の決済ボタンを押す直前に、Disclaimer(免責事項)が表示されます。(英文)
重要なことが書かれていますので、ちゃんと読んでおきましょう。

内容は、メールで送られたETAを(印刷して)持ってこい、とか、
入国の際には強制的に顔写真と指紋を取られるよ、とかそういう事です。

決済が完了すると、また何だかんだと書かれていますが、しっかり、
支払われたビザ費用は返却できません。とあります。
つまり、ビザが拒絶されても戻ってこないのです。インドって何てヒドい国だ・・・。

決済完了後、またすぐにメールが来ました。件名は、
Status regarding Tourist Visa On Arrival(TVoA) application id :×××××

以下本文です。

INDIAN TOURIST VISA ON ARRIVAL(TVoA) 
 Enabled by Electronic Travel Authorisation(ETA)

Dear サラミ,

Thank you for applying for Tourist Visa on Arrival. We appreciate your interest in visiting India.

Your Application has been successfully received with the following details.
Application ID :- 
××××××××××××

Passport No  :- 
○○○○○○○○○

Note: Application will take 72 hours for processing 
 and a response would be sent to the email provided in the visa application.

For any assistance contact TVoA support center at indiatvoa@gov.in
and for Tele Enquiries (IVRS enquiry) call at +91-11-24300666. Please use 0041416015 as key.

TVoA fee once submitted is non refundable.
You can check Visa Status or Print ETA by clicking 'Visa Status' on https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html

ということで、申請を受理したよ。手続きに72時間かかるよ。という内容です。

で、実際にはどれだけかかったかというと、約19時間です。次の日には結果が届きました。

その結果のメールは件名が一つ前のメールと同じでした。
Status regarding Tourist Visa on Arrival(TVoA) application no. ××××××××

以下本文です。

INDIAN TOURIST VISA ON ARRIVAL (TVoA) 
Enabled by Electronic Travel Authorisation(ETA)

Dear サラミ,

Your application for Tourist Visa on Arrival has been processed with following result.

Application ID :- 
××××××××××××

Passport No  :- 
○○○○○○○○○

Application Status :- 
Granted (←Grantedとあれば認可されたということ)

Visa No  :- 
ここにビザ番号が明記されます。

You can arrive in India between 29/01/2015 to 04/03/2015. (Date format is dd/mm/yyyy).

 Visa is valid for 30 days from the date of entry 

 For any assistance contact TVoA support center at indiatvoa@gov.in.

 For Tele enquiries(IVRS enquiry) call at +91-11-24300666.Please use 0041416015 as key 

Note:
- Please carry a copy of this ETA at the time of Travel.
- TVoA once issued on arrival is  Only Single Entry, non-extendable , non-convertible & not valid for visiting Protected/Restricted and Cantonment Areas.
- Biometric details of the applicant will be mandatorily captured at Immigration on arrival in India.


インド入国の際は、このメールを印刷した紙とパスポートを見せます。
すでにデータで提出しているので、入国時には写真は要りませんでした。

また、出発の際は、フライトの搭乗手続き時にビザの確認をされますので、
その時にもこのメールを見せなければなりません。(ないと乗せてもらえないかも。)

で、肝心のビザ代金ですが、申請料は60USドルですが、
何らかの手数料がかかり、合計で62ドルでした。

以上、今思い返しても面倒だったインドのアライバル・ビザ申請でした。

2015年03月04日

新方式のインド・アライバル・ビザ:私の記入例

新方式のインド・アライバル・ビザの続きです。

まず、アライバル・ビザ申請画面です。  https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html

申請は、申請画面の   Visa On Arrival Application  をクリックします。


a.jpg

するとこのような画面が現れます。Email ID はメールアドレスです。
 Continue  をクリックして次のページへ。

次の画面に移ると、一番上に「Temporary Application ID」というのが表示されました。
すいません。このページだけ画像がありません。

これを控えておくと、途中まで入力して一旦やめても、またその続きから入力できます。
インドのビザは入力欄が多くて質問が細かいので、私は疲れて何度か中断しました。


さて、その画面の内容申請者の個人情報です。

Town/City of Birth(出生した町や市)の欄は、私はなぜか都道府県名(~県は入れず)
にしましたが、それで通りました。なぜそうしたのか自分でも思い出せません。(^^;

困ったのはパスポートの詳細の欄です。

Place of Issue(パスポート発行地)という欄があるのですが、
パスポートを見ればTOKYOとか書いてあるので普通は問題ありません。

ところが、私もサラミ夫も、パスポート発行地は上海の日本総領事館です。
パスポートには、CONSULATE GENERAL OF JAPAN AT SHANGHAI とあります。

しかし、入力欄は文字数に制限があって、こんな長々と入力できないのです。
悩んだ挙句、SHANGHAI とだけ入れました。

ものすごく悩みましたが、アッサリそれで通りました。
あんまりその辺は審査する側にとってはどうでもいいような気がしました。(笑)

ページの最後まで入力したら、

 Save and Continue  か   Save and Temporarily Exit  をクリック。

Save and Continue でそのまま継続できますが、
私はSave and Temporarily Exit を選んで一旦休みました。すでに疲れてました・・・。

再開するには、ビザ申請画面の  Complete Partially Filled Form 
というのをクリックするとTemporary Application ID の入力画面が出ます。
ここで、控えておいたIDを入力するわけです。

それでは次です。

b.jpg

次の画面です。右クリックで、「新しいタブ」か「新しいウィンドウ」で開くと大きな画像が出ます。

Present Address(現住所)とPermanent Address(定住所、本籍地)ですが、
現住所には「」の選択がありますが、定住所の方にはありません。

サラミ家のように、現住所と定住所の国が違う人は困ります。
我が家では、定住所の「State/Province/District」の欄に、県の後ろに「JAPAN」と追記。


c.jpg

先ほどの画面の下です。(入力欄は縦長です。)
同じく、右クリックで、「新しいタブ」か「新しいウィンドウ」で開くと大きな画像が出ます。

上から順に、Father's details(父親の詳細)、Mother's Details(母親の詳細)、
Applicant's Marital Status(申請者の婚姻の状態)

その下の質問は、
「(父方或いは母方の)祖父母がパキスタン国籍あるいはパキスタン占領地域にいましたか?」
ですが、インドとパキスタンってやっぱり仲が悪いですね。

父と母の誕生地(Place of Birth)は都道府県名を入れました。(~県の「県」は入れず)

Applicant's Marital Status婚姻の状態)は、

d.jpg

Married」(既婚)を選択すると自動的に「Spouse's Details」(配偶者の詳細)の欄が現れます。
「Single」を選択するとこの欄は消えます。

さらにその下にいきます。

e.jpg

Profession/Occupation Details of Applicant」(申請者の職業の詳細)。
現在の職業と(もしあれば)過去の職業。

職業欄はズラズラズラ~っと色んなのが出ますが、多分通常のインドビザ申請の際と同じものかと。
私は他の方のインドビザ記入例などをネットで探しました。

職業欄のBUSINESS PERSON会社経営者で、いわゆる「会社員」はWORKER
だという説明だったのですが、サラミ夫が「WORKER」なんて嫌や~!と言うので、
本人の希望でBUSINESS PERSONを選択してビザ申請しましたが、問題なく下りました。(笑)

Employer Name/Business には会社名Designation には役職を入れました。

その下の質問は、「軍隊/警察/警備の機関に所属していますか / いましたか?
No を選択すると下の詳細欄は消えます。

実は・・・

f_1.jpg

サラミは専業主婦なのでHOUSE WIFEを選択したところ、
自分の職業ではなく、配偶者(あるいは親)の職業についての項目欄が現れました。


職業欄の右の備考欄に、以下のような説明が出ました。

f_2.jpg

専業主婦/生徒/Minorの場合は、配偶者/親の職業の詳細を記入して下さい。
ということですが、マイナーとはおそらく未成年者のことだと思います。

最後まで来たので、
 Save and Continue  か   Save and Temporarily Exit  をクリック。


それでは、次のページです。

g.jpg

上からまず、Details of Visa Sought(求めるビザの詳細)。
訪問する可能性のある都市は、文字数に制限があるので私は大体で入力しました。

次のPrevious Visa/Currently valid Visa Details(以前のビザ/現在有効なビザの詳細)。
インドのビザを取得したことがない人はNOを選択するだけでOK。

その次の質問も、インドのビザ申請(あるいは延長)を前に断られたことがありますか?
なので、インドに行ったことのない人には関係ありません。

Other Information(その他情報)は過去10年間に訪問した国々をカンマで区切って入力。
しかし、これも文字数に制限があって全然足りなかったので、最近行った国とビザを取った国を
優先して入力しました。

SAARC Country Visit Details(「SAARC」諸国への渡航についての詳細)の「SAARC」諸国とは
インド・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ・ネパール・ブータン・モルディブ・アフガニスタン
8ヶ国で、自分の国を除いて、これらの国に過去3年の間に渡航しましたか?という質問です。
おそらく、インドについては別項目があるので除外だと思います。

ちなみに、先ほどのPrevious Visa/Currently valid Visa Details
(以前のビザ/現在有効なビザの詳細)の項目ですが、YESを選択すると面倒です。


h.jpg

YESを選択すると、またまた細かい入力欄が現れます。
入力するのは昔のビザ番号やら今有効なビザ番号やら、最後に滞在した場所やら色々。
・・・こんなんホンマに追跡できるんかな?

では次です。

i.jpg

ついに画面の一番下に来ました。Reference(照会先)です。

Reference Name in India にはインドで最初に泊まるホテルの名前と住所を入力しました。
Reference Name in Home Country は自国(つまり日本)の緊急連絡先です。

その下に Upload Image  のボタンがあり、ここから画像をアップロードしますが、
私はこのまま画像のアップロードに進んだものの、回線が不安定だったのかエラーが出て、
保存してなかった部分が消えました時間をかけて入力したのに。(涙)

すぐ下に、 Save and Continue  と   Save and Temporarily Exit  
があるので、Save and Temporarily Exit をクリックして画像をアップロードする前に
一旦保存して再開した方がいいかも知れません。

 Save and Continue  は確か画像のアップロードを終えて最後に押すボタンでした。

でも、一旦休憩して再開すると、所々デフォルトに戻っちゃう部分があるので
最初から全部ざっとチェックする必要があります。これはこれで面倒です。

私は中国のインターネット環境を信用していなかったので画面コピーしながら入力を進めました。
(だからこんなに入力画面の画像をいっぱい載せられるのですわ。)

ではついに画像のアップロードです。

 Upload Image  をクリック。


j.jpg

すると、こんな画面が出ます。ここで初めて写真の規定の説明が出ます。(遅いっちゅーねん!)


j-1.jpg

最低350×350ピクセルという情報は、1月下旬の時点ではどれだけ探しても出てきませんでした!
だから、私はこれを見て慌てて写真画像を加工したという次第です・・・。


j-2.jpg

写真データは「ファイルを選択」をクリックしてパソコンに保存してあるファイルを選び、
 Upload Photo  をクリックするとアップロードされます。ドキドキ・・・。

しかし、私はここで1回エラー表示が出て失敗しました・・・。ま、そういうこともあるさ。
2回目はうまくいきました。

その後、アップロードした写真画像が表示され、それで良ければ Confirm  をクリック。
成功したら、申請画面最後の Save and Continue  をクリックして次へ。


kk.jpg

次はパスポートの写真ページのアップロードです。ドキュメント・タイプは Passport を選択。
 Upload  をクリックして次へ。


l.jpg

こんな画面が現れます。「ファイルを選択」をクリックしてパスポートのPDFファイルを選択し、
 Upload Document  をクリック。 

すると、Documents Uploaded for temporary application ID ×××××××××
というメッセージが出ます。

問題がなかったら、 Continue to Next Page  をクリック。

ここで最終確認画面が出るので、内容を確認して問題なければ次へ。
修正したかったら Modify/Edit をクリックすれば直せます。

私はサラミ夫の分も入力したので、この最終ページをで印刷し、(←だから画像ファイルがない)
次の入力時には、それを見ながら入力していました。(笑)

さて、ここまでで申請が終了しましたが、まだお金は払っていません。

次にクレジットカード(或いはペイパルなど)で支払いをするのですが、
あまりにも長くなったので、次に分けて載せたいと思います。

あともう1回続きます・・・。

2015年03月03日

新方式のインド・アライバル・ビザ

インドは観光にビザの要る国です。

中国住まいで日本の旅行会社に丸投げできないサラミ家では、
ロシアとかイランとかミャンマーとか、あれこれと苦労してビザを取得して来ました。

今回のインドに関しては、現地でアライバル・ビザを取ればいいと思っていました。

私達の出発日は2月14日でしたが、1月下旬にふと、ビザ代いくらだったっけな~?と思い、
ググッてみて青ざめました。

インドのアライバルビザが、2014年12月27日から大幅に変わります。

なななんですと!?

観光ビザの到着時取得 ETA事前発行

って何ですか???

航空券もホテルの予約もほとんど済んでいたので、慌ててワーッ!と情報収集。

そして、新しいアライバル・ビザの取得方法について分かったことは、

これからは事前にオンライン申請で事前にビザ番号をゲットしないと入国できない

ということでした。

幸い、入国の4日前まで申請受付可能とのこと。間に合いました。

というわけで、我が家の取得した時のお話を。

まず、申請に必要なものがあります。

 1.費用支払い用のクレジットカード(ペイパルも可だとか)
 2.パスポートの写真ページの電子データ(PDFファイル) 10KB~300KB
 3.申請用写真の電子データ(JPEGファイル) 10KB~1MB 350×350ピクセル以上ぴかぴか(新しい)

ファイルサイズピクセルサイズが指定されていたので、
家のパソコンと複合機を使って自分で加工しました。(これが結構メンドクサイ。)

PDFファイルは、ファイルサイズを落とすと画質もガクッと落ちます。
私はギリギリ300KB以内に収まるように加工しましたが、かなり荒い画像で心配でした。
でも、パスポート番号などがギリギリ読めるくらいの荒さでも問題なくいけました。

写真ファイルは、規定を満たしていないと申請が拒否されるみたいな文言が画面に出ました。
ピクセルサイズは要は見た目サイズで、あんまり小さい写真はダメなのですね。

うちで保存していたデータは正方形でなかったので、自分で正方形に加工し、さらに、
サラミ夫の写真は条件よりピクセルサイズが小さかったので、350ピクセルまで引き伸ばしました。

引き伸ばしたので少しだけ画像が荒くなりましたが、ハネられることはありませんでした。
それよりも、背景が白か薄い色とか、規定に沿っていることが重要だと思います。
我が家の写真データは、証明写真をスキャンして取り込んだものでした。

アライバル・ビザ申請画面  https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html

申請画面には色々と条件などが書かれているので、隅々までキッチリ読むことが必要です。

ちなみに、私は以下の「いい旅インド」という旅行会社のサイトも参考にさせて頂きました。
何しろ、私は日本語のパンフレットを取り寄せたりできない環境なので、助かりました。

  【重要!】インドのアライバルビザが、2015年1月27日から本格的になくなります!

  インドのアライバルビザについて、日本語パンフレットを見ながらご案内します!


次は、申請にあたって、海外在住ゆえに入力内容で困ったことなど、具体例を述べたいと思います。

2015年03月02日

南インドお土産&ムンバイお土産

お土産はまだあります。しつこく紹介。


1.JPG

サラミ夫が会社の中国人スタッフのために大量にビンディを買ったため、私も。
ちなみに、中国人には大変ウケたそうで、女性は額に付けて仕事していたとか。(笑)

私はビンディを夏のペディキュアのストーン代わりに使うため、小さくてシンプルなのを。
下の豪華なビンディはサラミ夫のおこぼれが回ってきました。爪には少し大きいな。。。


2.jpg

チャイカップ(或いはコーヒーカップかも)とミールスの器チャトニー入れとでも言うのかな。


12.jpg

南インドの定食ミールスは、ちょっと豪華なレストランだとこんな感じで供されます。
これを家でもちょこっとマネしたかったので、4つ買ってみました。

しかし、値段シールがベッタリ貼りついて洗っても取れないので、今はまだ放置してます・・・。


3.JPG

帰りはムンバイ経由で帰りました。ムンバイの空港で買ったマグネット
南インドというより、インド&ムンバイ土産です。


4.JPG

こちらもムンバイの空港で買ったガネーシャ柄の名刺入れ
サラミ夫はどんだけガネーシャ好きなんでしょう。(笑)


5.JPG

こちらは、ムンバイの有名なレオポルド・カフェに行った時に記念に買ったマグカップ
おまけなのかポストカードも付いてきました。


6.JPG

すっかり観光名所になっているレオポルド・カフェ。ロゴ入りの袋も可愛かった。


7.JPG

反対側の色はブラックでした。


8.JPG

こちらはお土産というわけではないのですが、ティルバンナマライにある
ラマナ・アシュラムのライブラリー(ラマナ・マハルシ氏関連の売店)で買ったもの。

ラマナ・マハルシ氏はサイババを始めとする数ある聖人の一人で、
左の本は写真集です。右は実はオンラインで読めるのですが、記念に買ってきました。

ググッてみたら、日本でも買えました。




私は難しいことは理解できないのですが、左に写真、右にマハルシ氏の言葉が載っていて
特に物質的欲求がグルグルと渦巻く中国に住む者にとっては、癒される本です。

あれも欲しい、これも欲しい、と思う自分がバカバカしくなります。
(こんなにお土産を買っておきながら・・・。)


9.JPG

こちらは、またまたディープなお土産ですが、南インドのカルナータカ音楽のCDです。

南インドカルチャー見聞録という本の中に「カルナータカ音楽ディスクガイド」という項目があり、
本にCDジャケットの画像も載っていたので、チェンナイのお店で店員さんに見せて探しました。


10.JPG

ヒンドゥーの神様達。ポストカードサイズです。これもCDと同じお店で買いました。


11.JPG

買ったお店は「GIRI」というお店であちこちに支店があるチェーン店らしいです。
何となく、この袋もインドっぽいので保存しています。クシャクシャですが。

ヨガやヒンドゥー関係の書籍とかヒンドゥー教関係グッズとかCDやDVDなど、
インド好きな方はハマるお店かも知れません。

ここに支店の場所が載っています。 http://giri.in/contact.asp

私達は本に載っていた、チェンナイカーパーレーシュワラ寺院近くのお店に行きました。

ちなみに、旅行前に買ったこの本ですが、



旅行前はカラフルな写真を見ながら漠然と「ほぇ~、そうかぁ~」と思っていましたが、
帰って来てから読むと、そうそう!と南インド旅行が2度おいしい感じです。

2015年03月01日

南インドお土産:カルパ・ドゥルマで購入

非食品系のお土産はバラバラに撮影してしまったので、紹介もバラバラに。

今回はチェンナイにあるお店「カルパ・ドゥルマ(Kalpa Druma」)で購入した物です。


1.jpg

手頃なサイズで、インド土産っぽくはないけど気に入った(しかも安かった!)木製トレー
ただし、作りは少し雑です。ま、日本円だと500円台なので。


2.JPG

全然インドとは関係ないですが、クリスマス・オーナメントが投げ売りされていたので
来年のクリスマスに向けて購入。でも少しオリエンタルな感じもするような気が。


3.JPG

ガネーシャ好きのサラミ夫が気に入った真鍮製の踊るガネーシャ像
まるで昔から我が家にあったかのように、チベットのタンカ(後ろの絵)と溶け合いました。


4.JPG

もう一つ小さ目のガネーシャ。ポップな色がお気に入り。

このガネーシャはガイドブックに載っていて、まずこれを目当てにこのお店に行ったのですが、
勝手に布製だと思い込んでいて、まさか陶器だとは・・・とビックリ。(アホ)


5.jpg

こちらはサラミ夫が購入した巾着袋。(これでもアイロンかけました。)
ハンドメイドでほのぼのする柄。


6.jpg

そのうちの1枚をアップ。ほのぼのするんだけど目元がシャープ。そして顔が青いのもインド的か。

本当は、もっともっと欲しいものがいっぱいあってコーフンしたのですが、
今回は小さ目のキャスター付きソフトバッグを持っての旅行で、カバンに余裕がありませんでした。

ちなみに、カルパ・ドゥルマはガイドブックには「チョーラ・シェラトン・ホテルの近く」とありましたが、
チョーラ・シェラトンはマイ・フォーチュンというホテルに変わっていました。情報が古い。(怒)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。