2014年07月21日

南京1日目 アヤシイ乗り物に乗る

2014年5月31日(土) アヤシイ乗り物に乗る

食事を終えた後、地下鉄でホテルまで戻ろうと歩き出したら、妙な光景が。


1.jpg

楽しそうに猪八戒と記念写真を撮っている人がいるではないか。

なんだか楽しそうだったので、思わず私達もつられて猪八戒の元へ。

が、私が猪八戒の横に立った時、猪八戒の着ているマントの裏に、「一人10元」と
書いた布が貼っているのが見えてしまいました。(^^;

サラミ夫に声をかけましたが、もうすでにサラミ夫との2ショットは撮ってしまった後で、
夫ももうどうすることもできず、何となくゴキゲンなまま私の2ショット写真も撮影。

そのまま知らん顔して立ち去ってみましたが、やっぱり猪八戒は追いかけてきました。
いや~、そんなん知らんで~、と笑いつつ、10元で勘弁して~、と10元払って逃げてきました。

思えば、あんなヤツ、お金もらってるに決まっているのです。古典的な商法。

が、あまりに中国の人が嬉しそうに記念写真を撮っていて、
その後お金を払っている様子が見えなかったので、気を抜いてしまいました。

猪八戒は10元もらったので、その後は私達を追いかけてくることはありませんでした。

南京でアホな経験をしたサラミ夫婦でした。

その後、地下鉄の三山街駅に着くと、入口のシャッターが閉まっていて張り紙が。

不運なことに、その日だけ地下鉄工事の影響で19時で地下鉄が終了してしまったらしい・・・。
仕方なくタクシーを探すも、全然つかまりません。およよ・・・。

最終的につかまったのは3輪タクシーでした。上海の街中ではさすがにいないなぁ。


2.jpg

というわけで、太ったおじさんの後ろにサラミ夫と並んで2人座りました。
3輪タクシーは自転車・バイクのレーンをぐんぐん走っていきます。

ホテルまでは地下鉄2駅分をただ真っ直ぐ北上するだけでカーブもないし大丈夫だったのですが、
このおじさんの運転は荒くて、バイクレーンの他の人や自転車などをなぎ倒しそうな勢いでした。


3.jpg

おじさんもですが、私達の体もむき出しなのでヒヤヒヤでした。
横スレスレにバスは通るし、南京でまさかこんな乗り物に乗るとは思いもしませんでした。


4.jpg

そしてホテルに面した路上で降ろされました。車寄せまでは行けないとか何とか。
こんなアヤシイ乗り物がまだまだ活躍している南京は、ホンマに省都なんですか???

おじさん、さっそく別の客と交渉を始めました。人気の乗り物のようです。


5.jpg

まさかこんな立派なホテルに3輪タクシーで戻ってくるなんて。
いくら払ったか忘れてしまいましたが、許容範囲だったかと。


6.jpg

ホテルの部屋に戻るとフルーツのサービスが。
一応この部屋はエグゼクティブ・フロアーなのでありました。

南京の1日目を終えてみると、サントリーのウーロン茶の無糖もお店で売ってないし、
なんだか南京って予想より田舎なのかも、という印象になりました。

というより、上海だけが中国大陸の中で突き抜けて別世界なんだな。

それにしても、ひたすら歩いた1日目でした。




posted by サラミ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 14南京 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。