2014年04月08日

河南省の大気汚染

清明節の休みに河南省(&ちょこっと河北省)へ行ってきました。

色々マイナーな所を回りましたが、観光と関係なく印象に残ったのは大気汚染の深刻さ


henan.jpg

河南省の省都・鄭州の写真です。これは朝の7時半頃。

この時、PM2.5ではなくPM10394という恐ろしい数字になっていました。

PM10というのはPM2.5より大きい物質で、この数値が大きいというのは
明らかに砂埃とかとか目に見える汚染物質が多いということなのでしょうね。

実際、上海でもPM10の数値が高い時は空が白っぽくなることが多いですが、鄭州はひどい。
太陽がまるで日食のようになってしまっていました。

この後、列車に乗りましたが、私は気管支炎持ちなので痰がからんで最後は咳が出てきました。

しかしマスクしている人が少ない。無知と慣れは本当に恐ろしい。

暖房を使わなくなってきた春先でこの空気ということは、秋と冬は一体どんな世界になるのか。

中国の内陸は春先に旅行するに限ります。秋はキツイかも知れません。
そして、この先中国はどうなってしまうのだろう、と本当にそら恐ろしくなった今回の経験でした。



シュトゥットガルト州立劇場のチケット予約

今回、私達がシュトゥットガルトに行ったのは、ウィーンからの便が安かったのもありますが、
ちょうどその時にシュトゥットガルト州立劇場で観たいオペラが上演されているからでした。

シュトゥットガルトというと、私のイメージはオペラよりバレエだったのですが、
ここのオペラはヨーロッパでは有名だそうで、人様のブログを拝見する限り、演出が斬新な様子。

今回のチケットの予約は予想外にイレギュラーな方法だったのですが、
念のために忘備録として残しておこうと思います。

チケットは、公式サイトからオンラインで予約しました。

ドイツ語のオペラハウスの公式サイトには、大体どこも「Spielplan」という項目があり、
それをクリックすれば上演スケジュールが表示されるので、それで日程を確認しました。

後で分かったことですが、私はオペラやバレエなど、上演内容すべてを網羅するサイトを見て
チケットを予約したのですが、シュトゥットガルト・オペラのみの公式サイトもありました。

どちらのサイトでも、最後の購入の画面は同じところに辿り着くような気がします。

私がチケットを購入したのは、http://www.staatstheater-stuttgart.de/ から。

日程は1月29日と決まっていて、その日の上演は「ナクソス島のアリアドネ」でした。

公演スケジュールの「ナクソス島のアリアドネ」の詳細画面にいき、
そこのTicket(Karten)のボタンをクリックすると購入に進んでいけました。

しかし、座席表が表示される段階で、システムエラーだったのかどうしても表示されず、
ひたすら「Javaをアップデートしなさい」という表示ばかり。

そのJavaのアップデート後も同じ警告が出たままでした。(ネット環境は上海からVPN利用)
日本からだと表示されるかどうか確認してもらいましたがやはり表示されず。

サイト上には、

Select your seats in the seating chart
or order the best available seats automatically by category.

と書かれていたので、その下線部分をクリックして次に進みました。

この方法は、チケット・カテゴリー(値段)を指定して自動的に先方に座席を割り当ててもらう
方法です。昔のコンサートの電話予約みたいなもので、これは座席指定が出来ません

しかし、旅程は決めてしまったし、仕方ないので、昔ながらのこの方法で頼みました。
システムエラーのせいで面倒くさい・・・。

ここで、別画面で公演詳細を見てからまでの公演グループを確認。
グループはが一番値段が高く、私達の公演はでした。

そして、サイト内の、Tickets < Seating charts and prices を見て料金座席を確認。

チケット・カテゴリー(=プライスグループ)はからまであり(9が一番安い)、
座席表を見て、私達の場合はのチケットを取ることに決定。

そして、サイトの予約フォームに従って、チケット・カテゴリーなど選択肢が出るものは
その中から選択していきます。

選択した(チケット)カテゴリーが売り切れの時はどうするか?
という質問に対しても、一つ上のカテゴリーか一つ下のカテゴリーか選べました。

また、考えもしていませんでしたが、2座席の予約を希望していたので、
並びの席が取れない時はどうするか?という質問まであり、ちゃんと、

バラバラの席でも良い
バラバラの席だったら要らない

と選択肢がありました。(ちなみに中国だったら有無を言わさずバラバラです。)
だから、あまりにもひどい!と思うような座席指定はないと思われます。

また、私が予約した時は、チケットは劇場で引き換えとのことでした。
*2015年1月追記:現在はチケットを家で印刷できるようです。

そして、住所や名前などの個人情報を入力していきますが、
クレジットカード情報の入力欄で、KPN-No.の意味が調べても分からず、

KPN-No.の意味が分からなくて予約フォームを完了できないので、
代わりにこのEメールで予約できますか?」とメールで問い合わせてみたら、

kpn-nr means it is he proof number to see if the card is correct.
you will find it on the back of you card. (3 numbers)

とすぐに返事が返ってきました。
要は、KPN-No. というのは、カード裏にあるCVCコードのことでした。

これで、再度、order the best available seats automatically by category.
のリンクから無事に予約し、確認メールをもらいました。

以下、その確認メールです。当日はこれを印刷したものを見せてチケットと引き換えました。

Dear サラミ ,

we booked for you 2 tickets for the performance Ariadne auf Naxos on 29.01.2014

We booked as requested 41 Euros from your credit card.
The ticket is deposited at the box office under your name and booking number 〇〇〇.

The ticket you have is in the 3. Balcony Row 1 Seat 108+110 (next to each other)

You can fetch your ticket from now on from mondays through fridays 10 am to 7 pm
on saturdays 10 am to 2 pm.The Performance starts at 7 pm; the box office opens at 6 pm.

Best regards

しかし、システムエラーがなかったら、こんな苦労しなくて良かったのに。
KPN-No. 以外はあんまり他の方の役に立たない情報です。(^^;

posted by サラミ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 14ウィーン・ドイツ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。