2013年11月25日

香港・マカオ4日目 ヒルサイド・エスカレーターと雑貨巡り

2013年6月11日(火) ヒルサイドエスカレーターと雑貨巡り

陸羽茶室から移動しようとしたら、再びどしゃ降りの雨でした。


1.JPG

目の前は細い道ですが、向こう側に渡るのさえ躊躇われます。


2.JPG

アップにすると大雨の具合が分かるでしょうか。

困り果てながらも、しばらく陸羽茶室の前でじーっと雨宿り。
私達以外に他の欧米人客も立ち尽くしていました・・・。

5分くらい経ったでしょうか、ほんの少し雨が弱まったところで、意を決して歩き出しました。

こんな雨ではどうしようもないので、再び通路で繋がったファッションビル群へと移動。
たまたま、陸羽茶室に来る前にブラブラ見ていたアルマーニばかり集まったビルへ行きました。

このアルマーニばかり集まったビルというのはチャターハウス遮打大廈のことなのですが、
ガイドブックの表記は「チャター」なのにネット上ではほぼ「チャーター」になってますが、なぜ?

チャーターだとスペルは「CHARTER」でしょう。チャターハウスは「CHATER」です。
チャーターロードって書いてるのも「Chater Road」なのでチャターロードのはず。
ま、日本語なら別にいいのか。でも英語の時は気をつけないとね。

さて、ここのアルマーニではひっそりとセールが行われていて、前日のアウトレットで
あまり戦利品がなかったサラミ夫が革のバッグを購入。30%オフでした。
しかし、今は荷物になるので、後で取りに来ることにして店舗で預かってもらうことに。

その後、雨は普通の降りになってきたので、「ヒルサイド・エスカレーターに乗りたい」
というサラミ夫の希望でプラプラと外へ。


3.JPG

これがヒルサイド・エスカレーター。香港島って真ん中が丘で急な坂が多いのです。
それにしても、香港というのは雨に濡れずにどこまでも行くことが出来るんですね。便利です。


4.JPG

私達も左右の坂の景色を見ながらエスカレーターに乗ります。


5.JPG

途中で見た看板。足つばマッサージで客は来るのか?


6.JPG

途中ガイドブックに載っていたこのお店に立ち寄りました。
雨の中傘を差して写真を撮るのは大変です・・・。


7.JPG

こちらは士丹頓街(Staunton Street)にある「興祥富記」という陶器屋さん。

食器大好きのサラミはお手頃な値段もあって非常に食いつきました。
しかも、アンティークやデッドストックは特に香港では少なくなっているという話。

すごい品揃えだし、ぜひとも小物を何か、と息巻いていたのですが、カラフルな絵付け
アンティークの食器には、「DISPLAY ONLY. NOT FOR USE」とか何とか張り紙が。

これを見てテンション下がってしまいました。
上海住まいの私は、茶器などの中国製食器の絵付けに使われている顔料にが含まれているので
鮮やかな色の食器は注意した方が良いという話を聞いたことがあるのです。

お店のおじさんにこの張り紙について尋ねてみました。
おじさんには普通話はあまり通じませんでしたが、簡単な英会話はOKでした。

おじさん曰く、「電子レンジを使わなければ大丈夫。」とのこと。

この食器が作られた時代には電子レンジなんてなかったからね。」とも言っていました。
ということは、熱を加えなれば良いということなんでしょうか。(←そんな単純か?)

でも、どこまで危険なのかよく分からず、結局何も買うことが出来ずにお店を出ました。

しかしよく考えたら、「じゃあ日本の絵付けしている食器はどーなのよ?」という話になります。
中国製に「だけ」あんまり神経質になりすぎるのもどうかなあ、と思いますね。

というわけで、今となってはやっぱり買っておけば良かったなあ、と後悔しています。(涙)
上海でも、なかなかあのお値段であそこまでの品揃えの店は少ないかと。

こちらの住所は、中環士丹頓街17號地下(17 Staunton St, Central District)です。

次に雨の中向かったのは、G.O.Dという香港に数店舗あるレトロなチャイナ雑貨のお店。

何店舗かあるようですが、私達が行ったのはセントラルのハリウッド・ロードにあるお店です。

ガチャガチャしたオールド香港デザインの雑貨がわんさか!
ノートやクリアファイルなどの文房具から、スリッパや服、バッグなども。

元々はオリジナルの家具屋だったとかで、お店の2階の半分ほどは家具スペース。
残りの半分はキッチングッズや置物や香港デザインのクッションカバーなどなど、
ものすごくカワイイものがたくさん置いてありました。

こういうチャイナっぽいものは上海とカブるので興味なかったのですが、
このお店は「古き良き香港」みたいなものをデザインにしているようで、上海とはまた違います。

我が家もいっぱい購入しました。

香港の雑貨を並べた柄のクリアファイルやら箸置きやら、クッションカバーなどなど。
ここの香港チックな柄のエプロンやランチョンマットもカワイイです。


8.JPG

そしてお会計。と、レジの横にこのレトロな屋台が。これ、ミニチュアです。ピアスが見えるでしょう?
あまりにも可愛くて、レジのお姉さんに「写真撮らせて下さい!」と頼み込んで激写。

いやー楽しかったなあ。上海にも出店して欲しいくらい。

住所は、中環荷李活道48號(G/F. & 1/F., 48 Hollywood Road)です。




posted by サラミ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 13香港・マカオ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。