2013年10月12日

イスタンブール2日目 サバサンド

2012年10月7日(日) ガラタ橋の下でサバサンド (バルカン旅行9日目)

地下宮殿を出ると、そこは入口とは別の場所でした。

道端でざくろジュースを売っていたのを見たサラミ夫は2杯目を購入。
私はそれほど好きではないので、夫がひとりでグイグイ飲みました。

が、先にヒッポドロームで飲んだ濃厚なざくろジュースと比べると
美味しくない」(byサラミ夫)のだそうな。

そして目と鼻の先に銀行ATMを見つけて50リラを下ろしました。

余談ですが、地下宮殿を出た通りのところで、1人の若い男性に
「Do you remenber me?」
と声を掛けられました。もちろん私達はこんな人知りません。

おそらく、知り合いのフリか勘違いか何かを装って近づく詐欺だと思います。
が、私達は本当に時間がなくて、こんな人どーでもいい、という感じでした。

ワザとらしい彼を相手にすることもなく、「はいはい、私たち時間がないの。
と一言だけ言って地図をにらめっこしていると、彼はスーッと消えていきました。

私達は彼をわざと無視したのではなく、ただ忙しかっただけでしたが、
やはりこういう人は相手にしないのが一番なのでしょうね。

さて、もう時刻は午後3時を回ってしまいました。

色々行きたい場所はいっぱいありましたが、今回の観光は半日という短い時間。
ゆったりとレストランでシーフードのランチを頂くのも諦め、サバサンドを食べに行くことに。

前からサラミ夫から聞かされていたサバサンド、ぜひとも私も食べてみたかったのでした。
(サラミ夫はトルコ旅行2回目。)

サバサンドを食べるためには、旧市街と新市街の間にあるガラタ橋のところまで
行かなくてはなりません。(それだけは事前にチェックしていました。)

ガイドブックを事前に持っていなかったため予備知識が全くなかった私と、
大昔に訪れた時には「地下鉄や路面電車は走っていなかった。」というサラミ夫。

地図を見ながら、地下宮殿の出口にあった通りをまっすぐ北上して歩いていこうか
と思っていたのですが(←何分かかるかも分からず)、よく見ると、
トラムヴァイ(路面電車)が走っているではないか!

しかも、サバサンドの聖地ガラタ橋エジプシャン・バザールも近い!
(こんな基本的なことさえ全然知りませんでした。)

どうせ今日の夕方には、このトラムヴァイと地下鉄を乗り継いで空港に行こうと思っていたので、
下見も兼ねてトラムヴァイの駅に向かうことにしました。


1.JPG

イスタンブールの路面電車は結構新しいのが走っていました。

スルタンアフメット地区にあるのは「スルタンアフメット駅」です。

ここでまたサラミ夫がざくろジュースのスタンドを発見。
懲りずに3杯目を買ってきて飲んで「まあまあ美味しかった」とのこと。(笑)

結局、ざくろジュースは「ヒッポドロームで売っていた兄ちゃんのヤツが一番だそうな。
何より、濃さが違います。不味いところのは水で薄めすぎ!

トラムヴァイの乗り方は、まずジェトン(=トークン)というコインを買います。
これはおもちゃのプラスチックのコインみたいな感じでした。
それを自動改札に入れ、自分でバーを回してホームに入ります。

ガラタ橋まではエミノニュ駅で降りてすぐ。スルタンアフメット駅からは3つめの駅です。


2.JPG

そしてあっという間にやって来ました。向こうは新市街です。今いるのは旧市街。


3.JPG

日曜日のせいか、釣りをしている人数が半端ではありません。釣れるのはサバなのか?


4.JPG

釣りをしている人々の向こうにそびえるのはイェニ・ジャーミィというモスク。
今回は時間がなくて諦めました。


5.JPG

ガラタ橋の向こうにそびえ立つガラタ搭。ガラタ橋は2重構造で、下部がお店になっています。


6.JPG

私達は適当に歩いて、ここでサバサンドを頂くことにしました。


7.JPG

席に着くとトルコ語のメニューが。分からん・・・。


8english.JPG

と思ったら、裏側は英語のメニューでした。
サバサンドは「Fish Bread Salad」らしい。5リラという良心的お値段。


9.JPG

ちょこっと作っているところを覗きに行きましたが、ものすごいパンの数!
パンにはすでに野菜が挟まっていました。


10.JPG

そしてジュージューと焼き上げられるサバ達。美味しそう~。


11.JPG

実は、歩いている時にこんなカートを見ました。
イスタンブールのサバは、取りあえず一度調理してからお店に搬入しているようです。

でないと、サバなんて鮮度が大事だからすぐ生臭くなっちゃいますね。


12.JPG

やって参りました!待望のサバサンド

果たしてサバがパンと合うのか?と思っていましたが、いける!

サバはシンプルな塩味です。
葉物野菜の他、ドレッシングかソースで味付けした千切りキャベツニンジンなども挟んであり、
サバのくせにちょっと洋物な感じに仕上がっています。

日本人はサバというと和食を想像するので、この味は意外でした。
でもまあ、あんまり・・・という人もいるようなので、好みは人それぞれでしょうね。

私個人的には大ヒットのサバサンドでした。(^^)v



posted by サラミ at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 12トルコ)イスタンブール | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。